ヒトリエ ワンミーツハー

ワンミーツハー

JP歌詞

ディバインゲート OP /ヒトリエ 新曲「ワンミーツハー」MV
発売日:2016年1月27日
歌手:ヒトリエ
作詞:wowaka
作曲:wowaka
歌詞:
「ねえ!
その心を貸してよ、
扉を開けてしまうから。」

忘れてた理想に沿って
ニヤリ笑う
ソレを見たいんだよ

最近やたらと視界がぼやけるし、
お決まりの暮らしを繰り返す
柄にもない台詞を覚えたけど
声にゃならないな

『最近どうだい?』

尋ねられてさ
不思議な気分になるけど
もうだいぶ強がってみたから
それもありだろう

私の裏側の私が
くしゃくしゃの顔で言うんだ

『染まらない私をもっと昂ぶらせてみてほしいの』

「ねえ!
その心を貸してよ、
扉を開けてしまうから。」

忘れてた理想ってやつも、
つまりそれは私そのもの。

『ねえ!
その瞳を貸してよ、
あなたを見てあげるから。』

ひとりきりのつもりだって、
揺れる
揺れる
私の心の臓。

正解なんてない問題の羅列
世界はくるり回る
こちらにとっちゃ正しい言葉が
あちらじゃ間違ってら

境界なんてない、裏と表の
どちらでもあれる私の
臨界点の今日をまた描いて
夢に、化けて出るんだ

「私の裏側の私も知りやしない私探すの」

イメージも虚ろなその像!
まどろみだす風景!

『あなたの声を貸してよ、
心で歌ったげるわ。』

余計なお世話と
笑い飛ばすことができない私がいること
ねえ、その心を貸しても
決して変わることないでしょう?

ひとりきりにはなれないって
叫ぶ
叫ぶ
私の心の臓。

境界なんて無いくらい
そこにいない私に意味は無い

臨界なんて無い世界
そこにいたい私に意味は無い

ああ、
そうやって捻り込むんだね?
でもそれにゃおそらく意味は無い。

そうやって笑い飛ばすのかい?
でもそれにもおそらく意味は無い。

私の裏側の私

当たり前のような面をしてそこにいたんだよ

「ねえ!
その心を貸してよ!
扉を開けてしまうから。
忘れてた理想に沿ってニヤリ笑う私を見たいから。」

『ねえ!
その眼を動かしてよ!
扉を開けてしまえばさ、見たこともないアレをさ、
誰か、が笑うよ。』

「『絵に描いたみたいな夢も
その先で涙流す私も
歌にしたいの!』」

ヒトリエ ワンミーツハー

ヒトリエ ワンミーツハー

歌詞出典:

ヒトリエ 新曲「ワンミーツハー」」の感想/コメント/意味

「ワンミーツハー」は1月27日にリリースされるニューシングルの表題曲で、1月8日(金)からオンエアの新作アニメ「ディバインゲート」のオープニングテーマとして使用される。このたび公開されたMVは、「カラノワレモノ[ReREC]」のMVに続き田辺秀伸が監督を担当。ジャケット写真にも描かれている心臓や、赤と青の2色をフィーチャーした、めまぐるしいカットが特徴の映像作品を作り上げた。

またアニメのオンエアに先駆けて「ワンミーツハー」の“TV edit”の配信が、本日1月6日よりスタート。さらに本日、「ワンミーツハー」の特設サイトもオープンした。

出遅れましたが~…!;; ヒトリエ!メジャーデビュー2周年!!おめでとうございます~~!!!///** ~の、『センスレス・ワンダー』×『ワンミーツハー』! いつでも全速力のヒトリエ、お身体には気を付けて!3年目も愛してますよ~っ♥

「ディバインゲート」のOP『ワンミーツハー』を聴いていると、「BLOOD+」や「ガンダム00」、「鋼の錬金術師」シリーズを思い出す。 アニメに積極的にJ-POPやロックを取り入れようとする試みは、オタクから批判もあるだろうが、素晴らしい相乗効果を生む場合もあると思う。

今季OP曲では「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」の『STRIDER’S HIGH』のノリの良さと爽快さ、  「ディバインゲート」の『ワンミーツハー』の強い個性と心に響く美しいメロディがお気に入り。「ディバイン~」はOPアニメーションも素晴らしい出来で何度も見返した。

初のアニメタイアップ書き下ろしシングル、
ワンミーツハーの発売決定&タイアップ決定発表、おめでとうございます…!!
英訳を見て、鳥肌が立ちました。 ヒトリエさんの新境地、たくさん楽しんでいきます!
たくさん堪能します! 発売日まで待ちきれません…!楽しみ!!

ちなOPのワンミーツハーは私は彼女に出会った、
一人の私に二つの心という直訳で解釈するなら主人公勢とスタンド化した精霊たちの事だと思うよ

アニメ「ディバインゲート」音楽で関われて幸せです。
かっこいい曲ができたよ。 ワンミーツハー楽しみにしててください。

ワンミーツハー/ヒトリエ 初の大型タイアップながら、初聴していらい毎日再生してしまう中毒性を持った曲 メンバー自ら難易度が高いと告白するくらい高度な技術が用いられながらも、キャッチーに仕上がってしまうから恐ろしい

アトレがディバゲ仕様だったから入ったらワンミーツハー流れててテンションあがった。友達がシノダじゃん!って言い始めたから私の周囲シノダの認知度だけ死ぬほど高い。みんな聴けよ

ヒトリエの3rd Single「ワンミーツハー」特設ページ、粋な演出だなぁ。今だとスマホ向けに、フリックや上下反転なんかをうまく使ったサイトの見せ方も面白そうだと思った。

あゝヲワカさん….すきだ……..ワンミーツハーは2枚とも予約したけどお金やばいね……..てかtanabataさんのライブは安かったからまだしも林檎嬢のライブまたあったら怖いな….理論はまぁ期待してないけどパスピエ行きたいし…

ヒトリエ
wowaka(Vo, G)、シノダ(G, Cho)、イガラシ(B)、ゆーまお(Dr)の4人からなるバンド。ボーカロイド楽曲でサウンドクリエイターとして高い評価を集めていたwowakaが中心となり、ネットシーンで交流のあったシノダ、イガラシ、ゆーまおに声をかけ、2012年より活動をスタートさせた。同年12月には「ルームシック・ガールズエスケープ」、2013年4月には「non-fiction four e.p.」と立て続けに自主制作盤を発表し、同年4、5月に初のワンマンライブを行った。同年11月に開催されたワンマンライブ「hitori-escape:11.4 -非日常渋谷篇-」にて、ソニー・ミュージックグループ傘下に自主レーベル「非日常レコーズ」を立ち上げることを宣言。2014年1月にメジャーデビューシングル「センスレス・ワンダー」を発表し、2月にレーベル第2弾作品となるミニアルバム「イマジナリー・モノフィクション」をリリースした。4月には東名阪3都市を回るワンマンツアー「マネキン・イン・ザ・パーク」を行う。11月に1stフルアルバム「WONDER and WONDER」を発表し、12月から2015年1月にかけて初の全国ワンマンツアーを開催中。

ヒトリエ ワンミーツハー 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -