吉井和哉 青春時代

「青春時代」JP歌詞

吉井和哉 新曲「青春時代」
発売日:2015年12月9日
作詞︰阿久悠
作曲:森田公一
歌詞
卒業までの半年で
答えを出すと言うけれど
二人が暮らした年月を
何で計ればいいのだろう
青春時代が夢なんて
あとからほのぼの想うもの
青春時代の真ん中は
道に迷っているばかり

二人はもはや美しい
季節を生きてしまったか
あなたは少女の時を過ぎ
愛に悲しむ女になる

青春時代が夢なんて
あとからほのぼの想うもの
青春時代の真ん中は
胸に刺さすことばかり

青春時代が夢なんて
あとからほのぼの想うもの
青春時代の真ん中は
胸に刺さすことばかり

吉井和哉 新曲「青春時代」の感想/コメント/意味
吉井和哉が12月9日にカバーアルバム「ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~」をリリース。
本作のリード曲「青春時代」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された
このアルバムで吉井は、森田公一とトップギャラン「青春時代」をメタル調にアレンジしてカバー。MVでも楽曲の世界観が表現され、吉井は黒のライダースジャケットにブーツという1980年代の正統派メタルコスチュームに身を包んだ姿を披露した。映像の中で吉井はバンドのボーカルとベースを担当し、ギター担当でROLLY、ドラム担当で小畑ポンプが出演。彼らはメロイックサインなどを織り交ぜながら鬼気迫る表情でパフォーマンスを披露している。

吉井和哉
プロフィール
ソロデビュー11年目を迎えた昨年、各方面で好評を得たキャリア初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』のリリース、その後の 日本武道館公演では6年ぶりとなる全方位開放で1万3千人のオーディエンスを熱狂させた後、バンド時代の古巣となる日本コロムビア内の TRIADレーベルに正式移籍。
18年の時を経て、移籍第1弾となるシングル作品「クリア」をリリースし、新しく生まれ変わった姿を明確に打ち出した ばかりの吉井和哉。
今回、3月18日に発売されるニューアルバムは、2011年4月に発表した『The Apples』以降、実に4年ぶりとなるオリジナル アルバム。
最新シングル「クリア」で新しく開かれた世界は、アルバムでさらに深く鮮やかに、力強く軽やかに翼を広げた。『STARLIGHT』と題された タイトル、カラフルなジャケットが象徴するバラエティ豊かな10曲は、これまで積み重ねてきたソロキャリアで自由自在な表現力を身に付けた現在の 吉井和哉が到達した、新たな最高傑作に仕上がった。活動のギアを一気に入れ替えてきた吉井和哉の2015年は、まさに期待しかない。

吉井和哉 青春時代 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -