平浩二 ぬくもり

「ぬくもり」JP歌詞

還暦もとうに超えた66才の歌手の平浩二さんが
今年の5月にリリースした「ぬくもり」という新曲が
パクリ問題になっています。なぜこんなことに。
作詞家の沢久美さんの書いた歌詞が
ミスチルのヒット曲にして名曲「抱きしめたい」と
そっくりで、盗作だとかパクリだとか
ネット上で話題になり、ついには回収することに
なってしまったのでした。
昔ならわからなかったかもしれませんが
現代ならネットやコンピュータがこれだけ進化してるので
簡単にパクリチェックできる仕組みが
音楽業界にありそうな気もしますが。

歌手:平浩二
作詞:沢久美
作曲:西つよし
歌詞:
出会った日と 同じように
霧雨の降る かがやく夜
目を閉じれば 浮かんでくる
あの日のままの二人

人波であふれた
街のショーウインドウ
みとれた君が ふいに
つまずいたその時 受け止めた
両手のぬくもり…
今も抱きしめたい

二人だけの 夢を胸に
つらい事でも 越えてゆける
指きりした 約束たち
今でも覚えている

誰よりも愛しい 君の横顔が
涙で濡れた 時は
手をつなぎ語ろう 想い出を
心のぬくもり…
いつもそばに居るよ

人波であふれた
街のショーウインドウ
みとれた君が ふいに
つまずいたその時 受け止めた
両手のぬくもり…
今も抱きしめたい

平浩二 新曲「ぬくもり」の感想/コメント/意味
1972年に「バス・ストップ」がヒットした歌手・平浩二(66)が今年5月に発売した楽曲「ぬくもり」の歌詞が、ロックバンドMr.Childrenが「抱きしめたい」と酷似しているとして盗作疑惑が浮上し、発売する徳間ジャパンコミュニケーションズが同CDの回収と出荷停止を決めたことが11日、分かった。
「ぬくもり」では「出会った日と同じように」から始まる一番の歌詞は、「抱きしめたい」とほぼ同じ。“原曲”の「霧雨けむる静かな夜」が「霧雨の降るかがやく夜」になっている以外は“完全コピー”といえるほどに似てしまっている。
「ぬくもり」はシングル「愛・佐世保」のカップリングとして収録されており、作詞家で歌手の沢久美が作詞を担当している。「抱きしめたい」は1992年にミスチルがシングル発売。桜井和寿が作詞し、ファンからの人気が高い代表曲の1つだ。

平浩二の「ぬくもり」という曲の歌詞がMr.Childrenの名曲「抱きしめたい」に酷似だという話題に、気になって「ぬくもり」の歌詞を見たら想像以上だった。似てるというレベルを越えてほぼコピペ(笑)これは、アウトー!やと思う(笑)

なんとなく曲調も元ネタっぽい。作詞家が70歳ぐらいらしく本当に知らない可能性もあるが、子供か孫それか弟子経由で知ってた可能性もあるし、何なら佐野の五輪エンブレムみたいに弟子丸投げでこうなったとも思える。

想像以上に丸パクりだ 豪快だ
清々しいほどに嘘つきだ
完全一致してるのに「知らなかった」とは、前世は桜井和寿か
作詞者の「知らなかった」は、すっとぼけ
1番の歌詞が完全パクリなのに、知らなかった訳はないだろう

沢久美さんは、偶然一致してしまった・・・のかもしれません。
だとしても、レコード会社のほうでは
リリースする前にチェックしなかったのでしょうか。

まぁ、まったく別のジャンルだから歌手は気づかなくてもしょうがないとしても作詞家完全にパクってんな
しかもカップリング曲なのによく気づいたな・・・見つけた奴凄いわ
自主回収決定で作詞の沢久美は知らぬ存ぜぬの一辺倒だったらしいがこれは確信犯だろってくらい歌詞似てる
槇原敬之とVS松本零士どころの話じゃないくらい類似してる。

戦で誰かが傷つくことを恐れる優しいところや、私と一緒に戦うと言ってくださった時の意志の強さ、温かい手のぬくもりや、少しはにかんだような笑顔……もともと可愛らしいことは知っていましたが、知れば知るほど貴女は魅力的な方なのですね

昨日、平浩二さんの歌う「ぬくもり」がミスチルの「抱きしめたい」の歌詞と激似でCD回収のニュースがありましたが、平さんが気の毒だしミスチルもかわいそうだと思う。作詞した沢久美さんは「知らなかった」と言ってるけど、あれだけ売れた曲を知らないはずないでしょう?沢さんは責任を負うべき。

平浩二の「ぬくもり」。 早朝からワロタw 平さんお気の毒に、、、俺なら「こんなの歌えません!」ってガチ切れだなw 俺もミスチルから影響受けまくりだけど、いくらなんでもこれはww

気分のいい朝ですね♪おはようございます。気分がいいので平浩二さんのぬくもりを歌いたいと思います。だきーしめーたいーあふれるほーどーのおもーいがこぼれてしまうまえにー♪

悪いのは、作詞家。気付かなかった周りの関係者もどうかと思うけど
ヤフーニュースとかで、この歌手の人の名前が
1番に出てきて、印象が悪くなりそう。
仕方がないことだけども。

弟子に書かせて、その弟子にしてやられたのでは? 「約束たち」って、60代の人が今どきの、物に”たち”を付けるようなおかしい表現するかなぁ。【歌詞丸パクリ?】平浩二の『ぬくもり』Mr.Childrenの『抱きしめたい』作詞家は沢久美!

ミスチルの抱きしめたいパクった平浩二のぬくもりって曲だけど、曲調も抱きしめたいを演歌調にしたって感じだな。 これ、作詞家も歌った本人も、そして関わった人間全員知らなかったなんて考えられないだろう。逆にミスチルの抱きしめたいを全員知らないなんてどんな音楽チームだよ。全員問題だよ。

産みの苦しみ。その世界で永らえていたい。って思いからつい楽な方に逃げちゃったのかもですね。原曲の認知度の高さを見誤ったのか、それともこの騒動自体が生き残るための、最後の一儲けのための布石だったのかな?必死な気持ちはなんとなく分からなくもないけどいずれにしてもちょっとダメですよね。

平浩二(たいら こうじ、1949年1月23日 – )は長崎県佐世保市出身の歌手である。本名:平頼敏(たいら よりとし)。所属事務所はワーキングカンパニー。既婚、子あり。柔道初段。前川清とは小・中学校の同級生。
弟は『おかあさんといっしょ』の3代目うたのおにいさんを務めたアニメソング歌手のたいらいさお。
1972年、『バス・ストップ』(作詞:千家和也 作曲:葵まさひこ)がヒットし、オリコン最高11位。
平さんの代表曲です。
私の両親は60代ですが、平浩二さんの事は勿論知っていますし、『バスストップの人でしょ?』と曲名とセットで記憶している程です。

平浩二 ぬくもり 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -