RAM WIRE まひるのほし

「まひるのほし」JP歌詞

発売日:2015年12月16日
歌手:RAM WIRE
作詞:ユーズ
作曲:ユーズ・Monch・RYLL

そんなのもうやめようよ
痛いの誤魔化したまんま
器用に振る舞うのが
強さというなら
僕は弱いままでいいよ

『傷つきそうなもの』を避けて
『あきらめ』の中に埋もれ
君はまた行き場を失う度に
冗談みたいに笑った

夢中で築き上げた
頑丈なシェルターを
僕が壊すよ、
もう泣いていいよ、
その涙が
僕をも救ってくれる

見えないけれどちゃんとあるよ
真昼の空の星のように
何処へいったって
満天の願いで 君を守ってる

殺伐と過ぎる日々に
むなしさを覚えながら
いつしか距離をとった心と言葉
つなげられる居場所
僕がつくるよ

首振る気持ちをよそに
うなずいてきた想いが
強さだったとしても
その痛みごと
君を明け渡すのは
もうやめよう

迷うほどに誰かがこの耳に囁くよ
叶わないほど、
上を向くんだよ、
目を凝らすんだよ
馬鹿な僕は信じてみるんだ

君の出口はちゃんとあるよ
見失いようもない君の中に
誰も触れない本当の願いを
いつも 見つめて

全部が見えなくたって
全部を言わなくたって
視界や鼓膜を抜けただひとつ
その胸だけ震わす確かなものが
まだあるってこと
君に証してくよ

見えないけれどちゃんとあるよ
真昼の空の星のように
何処へいったって
満天の願いで 君を守ってる

RAM WIRE(ラムワイヤー) 新曲「まひるのほし」の感想/コメント/意味
この曲はメンバーが大切なファンのために書き下ろし、数年にわたって温めてきた曲。活動開始15周年を記念したベストアルバムリリースのタイミングで、満を持して発表されることとなった。
今回公開されたMVは現在のRAM WIREの姿を追ったドキュメンタリー仕立ての映像。このドキュメンタリーの完全版は、ベストアルバムと同日にリリースされるMV集「RAM WIRE MUSIC VIDEO BEST」に特典映像として収められる。なお、本日12月9日からは「まひるのほし」の楽曲先行配信もスタートしている。

RAM WIRE
ラムワイヤー
ユーズ(Vo)、MONCH(Vo)、RYLL(Trackmaker)の3人からなるユニット。2001年、千葉のクラブを拠点にユーズとMONCHの2人で活動を開始し、2005年よりRYLLが加入する。その後はライブや自主制作盤のリリースなどを中心として活動を展開。2008年にはRAM WIREと並行してトラック制作を続けていたRYLLの楽曲が、Spontania feat. JUJUのシングル「君のすべてに」としてリリースされる。これがきっかけとなりRAM WIREも大きな注目を集め、2010年にミニアルバム「Beautiful World」でメジャーデビューを果たす。2011年9月リリースのシングル「歩み」は映画「僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.」の主題歌に採用されてスマッシュヒットを記録した。2012年6月、ミニアルバム「名もない毎日」を発表。タイトル曲のビデオクリップはお笑い芸人・鉄拳によるパラパラマンガで構成され、話題を呼んだ。2013年に入ってからは、2月に3rdシングル「何度も」、5月に1stフルアルバム「ほどく」、8月に4thシングル「あいだじゅう」をリリースした

RAM WIRE まひるのほし 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -