Galileo Galilei(ガリレオガリレイ) クライマー

「クライマー」JP歌詞

アニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』新ED
Galileo Galilei ガリレオガリレ 新曲「クライマー」
発売日:2015年12月09日
歌手:Galileo Galilei
作詞:尾崎雄貴
作曲:尾崎雄貴
歌詞:
僕らの山を登っていたんだ
すりへってくのは 時間だけじゃない
自由を知ると 飛びたくなって
あふれる気持ちに 気付いてしまうよ

今にも届きそうだよ 近づくたびにきらめき
目の前に広がる 僕らのための景色

これからだって 僕の肺は
上って降りるまで呼吸できるよ
辿り着いても“もっかい!”って感じ
目指すその頂点

疑惑を忘れては踏み込んで
まっすぐ翔んでいく僕ら
あえぐように宙を泳いだ手が
掴んだその刹那

駆け足の百歩に 重ねる想いが
尽きないように 崩れないように
自分を知ると 飛べなくなって
あふれる気持ちも腹にくくるんだ

細めた目で睨んだ 眩しすぎる日差しと
厳しさ増してく 僕らのための景色

これからだって僕の肺は
空までついたって呼吸できるよ
朝焼けにむけ“もっかい!”って感じ
目指すその頂点

立ち止まっても足踏みして
まっすぐ飛ぶチャンスをまつよ
求めた指の先突き立てて
引っ掻いたその刹那

クライマー 今すぐこの僕らに

刹那をくれ
刹那をくれ
刹那をくれ
目が覚めて
しまう前に
目が覚める
ような
刹那を
くれよ

Galileo Galilei ガリレオガリレ 新曲 「クライマー」の感想/コメント/意味
ハイキュー!!セカンドシーズンED「クライマー」フラゲしてきたので早速リピート再生してるけど、TV版とフルverがだいぶ違うというGalileo Galileiがアニメの主題歌やるといつも起こる事態が今回も起こってて安定感を感じた

Galileo Galileiがハイキューの新EDで『クライマー』使われるの嬉しいような嬉しくないような。なんか、アニソン歌手には絶対なって欲しくないな。

知ってるかもだけど Galileo Galileiっていうアーティストの『ボニーとクラウド』っていう曲。 音楽部が好きそうな歌だから聞いてみて。 ほかには『クライマー』ってハイキュー!!の歌も歌ってるよ

曲の中に「ここが好き」って感じられる部分があるのが大事だということで。ただそれって人それぞれじゃないですか。実は自分はAメロに入るときの「ツー、ツー、ダダダンッ!」っていうドラムはシンプル過ぎると思ったんですけど(笑)、今「フックになっている」と言ってもらえたり。だからフックってミュージシャンにとっての挑戦だと思うんです。メンバー全員でフックを作るのは最近一番エキサイトする瞬間だったりもしますね。

もともと「ハイキュー!!」は原作を読んでいたので、オファーを頂いた時、すぐに楽曲のイメージがわきました。
「ハイキュー!!」の制作チームは、歌詞と作品のマッチングに対してとても真剣で、使ってほしい言葉などを、明確に伝えてくれたため、僕としてもスムーズに書き下ろすことができました!
「ハイキュー!!」の魅力あるキャラクター達と一緒に『クライマー』を聴いていただける瞬間を楽しみにしています。

入試の日にガリレオガリレイの「クライマー」のMV公開された!! すげぇー嬉しい(T ^ T) 嬉し泣きしてますwww 最初ガリレオの公式LINEからメッセージ来てると思ったらクライマーのMVのプレゼントでした!! はぁ…頑張ろ!!

そういう感じで。それがなんでストレートな曲になったかというと、1つは「クライマー」の雰囲気と合せるためで、もう1つ、最近「信じてる」や「壊れそうになる」のように仁司が書いた曲も増えているんですけど、俺の勝手な印象ではどれもがインディーっぽかったんです。それをちょっと壊してやろうと思って(笑)。それで仁司がいないときに初期のケイティ・ペリーみたいな、シンプルなアコギを生かした感じにして。そんなアレンジに変えて仁司に聴かせました。

Perfumeのstartrain Hakuの衝動 ガリレオガリレイのクライマー ハニワの世界は愛に満ちている パスピエの婆婆ラバ シナリオアートのナナヒツジ ふくろうずのごめんね バックナンバーのクリスマスソング 滝川ありさのさよならのゆくえ いい曲ばかりだなぁ

クライマーまじで名曲だなあ でもガリレオガリレイはアルバム借りる度なんか思ってたのと違うってなるのがもどかしい。好きな曲はすげえ好きになるんだけど。

Galileo Galileiのクライマー 初めてフルで聴いたら 最後のとこでプレーヤー壊れたのかと思ったけど違った(*´∇`*)っ!Σ ただのカッケー終わりかただった!

発売する予定で欲しいCDは圧倒的に Galileo Galilei「クライマー」 既に発売していて欲しいのは Alpaca sports の全CD 欲しくて堪らなくて手に入れて聴いてる途中なのが 水曜日のカンパネラ の全アルバム 音楽充だな 死にそうだよ このままいきたい

「クライマー」は尾崎雄貴(Vo, G)がアニメのために書き下ろした楽曲で、彼は「もともと『ハイキュー!!』は原作を読んでいたので、すぐに楽曲のイメージがわきました。魅力あるキャラクター達と一緒に『クライマー』を聴いていただける瞬間を楽しみにしています」とコメントしている。「クライマー」のCDリリースは現時点では未定なので、まずはアニメのオンエアで新曲を楽しもう。なお「ハイキュー!! セカンドシーズン」のオープニングテーマには、SPYAIRの新曲「アイム・ア・ビリーバー」が採用された。

Galileo Galilei(ガリレオガリレイ)
尾崎雄貴(Vo, G)、佐孝仁司(B)、尾崎和樹(Dr)を中心に2007年に北海道・稚内にて結成。2010年2月にミニアルバム「ハマナスの花」でメジャーデビューを果たす。その後「青い栞」「サークルゲーム」などでヒットを記録し、2013年10月にはPOP ETCのクリストファー・チュウをプロデューサーに迎えて制作された最新アルバム「ALARMS」を発表。邦楽ファンのみならず洋楽ファンからも支持を集める。2014年2月には東京・渋谷公会堂での初ホールワンマンを行い成功を収めた。同年10月にはクリストファー・チュウプロデュースのミニアルバム「See More Glass」を発表。2015年には3月に「恋の寿命」、6月に「嵐のあとで」という2枚のシングルを立て続けに発売し、10~11月にはPOP ETCも参加したツアー「”broken tower tour” 2015」を実施した。そして12月、表題曲がアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」のエンディングテーマに採用されているシングル「クライマー」をリリースする。また2016年春にはキャリア最大級の全国ツアーの開催も決定している。

Galileo Galilei(ガリレオガリレイ) クライマー 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -