ももいろクローバーZ 今宵、ライブの下で

「今宵、ライブの下で」JP歌詞

ももクロ 新曲「今宵、ライブの下で」
発売日:2015年12月23日
歌手:ももいろクローバー Z
作詞:只野菜摘
作曲:michitomo
編曲:michitomo
歌詞:
きみとの約束の時

待ちきれない
時間の橇が 滑るように近づいていく
今宵 ライブの下で待ちあわせた

たくさんひとがいても 遠くからでも
すぐみつけられる
距離感は飛び去って 手をふる 笑顔は跳ねる

おなじフレーズが好きだと聞いて 
知って 嬉しかった 階段を駆けあがる、
そんな気持ち
耳もと暖かい

今日のための 服を選ぶ
くちびるに歌をのせる
遅れそうになって走りぬけた木枯らし
すごくどきどきしてる 鏡を覗いてみる
可愛いと思われたいよ
それがいちばんたいせつ じゃないとしても

積もる雪のように 何度も愛を語りあうよりも
こころを結ぶのは 一度の、一緒の涙

音と音の隙間の暗転 
闇に 投げだされても きみの呼吸が聴こえたら
そっと手をつなぐように

「ここにいるよ ずっとここにいる」

旅にでよう さぁ 音楽という名の旅
耳をすませば どこへでもゆける

待ちきれない
時間の橇が 滑るように近づいていく
距離感は飛び去る 夢見てたとおりに

きみのため 自分のため 消えない記憶のため
可愛いと思われたいよ
それがいちばんたいせつ じゃないとしても

旅にでよう
少年と少女の淡雪の恋やチケット
勇敢な挑戦や冒険 宇宙へもゆける
ぜんぶこころのなかに
自由にはばたいたら 笑顔や涙あふれる
戻ればいつでも隣にいるの

今宵 ライブの下で待ちあわせた

ももいろクローバーZ 今宵、ライブの下で

ももいろクローバーZ 今宵、ライブの下で

ももクロ 新曲「今宵、ライブの下で」の感想/コメント/意味/情報
ももいろクローバーZが、12月23~25日に群馬・軽井沢スノーパークでクリスマスライブ「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」を開催することを記念して、7inchアナログ「HIP HOP SELECTION 7inch VINYL -LIMITED EDITION-」および配信限定クリスマスソング「今宵、ライブの下で」をリリースする。
「HIP HOP SELECTION 7inch VINYL -LIMITED EDITION-」には、MUROとSUIがトラックを手がけ、いとうせいこうがリリックを書いた2ndアルバム「5TH DIMENSION」の収録曲「5 The POWER」と、2月17日に発売される4thアルバム「白金の夜明け」の収録曲「もっ黒ニナル果て」を収録。なお「もっ黒ニナル果て」はトラックをMUROとSUI、リリックをMUROとBOOが担当している。アナログは「ももいろクリスマス2015」の会場で先行販売されるほか、KING e-SHOPでも予約販売を実施。1次予約は12月11日12:00から17日11:59に申し込みが受け付けられる。
そして「今宵、ライブの下で」は只野菜摘が作詞、michitomoが作曲・編曲を担当したナンバー。iTunes Storeやレコチョクなどで12月23日から配信される。

MURO コメント
前作に続き、今作でも楽しみながら作業をさせてもらいました。
ももクロメンバー、モノノフの皆さんに感謝感謝。

「今宵、ライブの下で」に描かれるのは、大切な人との待合せだけど、「キミユキ」や「MDF」と同じく、モノノフとももクロちゃんという解釈もできる。只野菜摘さんが思い切って散りばめた「距離感」「遠くからでも」「とこへでも」「勇敢な挑戦」「冒険」「宇宙」などの言葉がその連想をスムーズに。

今宵、ライブの下でを聞きながら出社。 昨日で元気をもらえたので年末のラストスパート頑張るか!! あんまり話題になってなかったけど今年のクリスマス曲もよかったです(*´ω`*)

から、今宵、ライブの下でをエンリピ。昨日の幸せな気持ちと記憶が蘇って幸せでドキドキ。今日のわくわくと楽しみでドキドキ。💓

今宵、ライブの下で ウォークマンにDL完了。 初めての配信利用でちょっとドキドキした(^_^;)。こういうときデジタルに弱いと不利だなぁ。 やっぱりCDで出して欲しいのよ、手にしたワクワク感とかさ。 でも楽曲は素敵でした。 なんかスペシャルな感じがするね(^-^)。

シャッフル回し続けて、きみゆきから今宵、ライブの下でが出るようにしたw だったらそういうプレイリスト作れよと自分で自分につっこみを入れたくなった、イブ。

ももクリ限定シングル曲のみ集めたプレイリストをシャッフルで聴いてたら今宵、ライブの下での次にUFI再生されて謎の笑いを禁じ得ない朝。おはようございます。バイト行ってきます。

今宵、ライブの下で。 ももクロちゃんの歌と、歌詞と、ゲレンデでの雰囲気と、、、そしてダンスをしっかと堪能してきてください。 ももクロちゃんとゆみ先生の振り付け、最高なのが判ります。

まだ都合がつくなら、ももクリ2015軽井沢スノーパーク大会は参戦推奨。 沢山の障害を乗り越えても、ももクリ参戦する価値はある、激しく。 「今宵、ライブの下で」は必聴してからの参戦で! このももクリは最高のシチュエーションだぞ!

今宵、ライブの下でサビがすごくいい じわじわとこみ上げてくる感じ どこか惜しい曲だな、と思うところはあるけど、2013年以降のももクリ曲4曲と比べると1番良い気がするなあ、いまのところ

今宵、ライブの下で。歌詞を見ながら何度か聴いたけど今回も良さそう。振り付けを見ながら、生で聞くとまた印象が変わりそうな感じ。ライブを待つ心を表していると思うけど、恋の歌にも。距離感は飛び去る、ということばの使い方が私的にはおしゃれに聞こえた。早く生で聞きたい!

ももいろクローバーZ
モモイロクローバーゼット
百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、高城れにの5人からなるアイドルグループ。2008年に「ももいろクローバー」として結成。「週末ヒロイン」「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズのもと全国津々浦々でライブ活動を行い、2009年7月には1stシングル「ももいろパンチ」をリリース。2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。 2011年4月に行われた中野サンプラザ公演を最後に、メンバーの早見あかりがグループを脱退。このライブ終了直後に「ももいろクローバーZ」へ改名し、5人編成での活動をスタートさせた。
2011年7月にはももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D’の純情」を発表。同年7月に発売された1stアルバム「バトル アンド ロマンス」は、全日本CDショップ店員組合が選出する「第4回CDショップ大賞」で大賞を受賞し、2012年にはグループ結成当初から目標としていた「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たした。2013年4月には2ndアルバム「5TH DIMENSION」をリリース。2014年3月に女性グループとして初となる東京・国立競技場での単独ライブを成功させた。​2014年5月8日には中島みゆき作詞作曲による11thシングル「泣いてもいいんだよ」をリリースし、オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。2014年7月には自身最大規模となる、日産スタジアム2DAYSの単独ライブを成功させた。2015年1月、「ももいろクローバーZ vs KISS」名義でKissとのコラボシングル「夢の浮世に咲いてみな」を発表。2月には主演映画「幕が上がる」が全国で公開される。

ももいろクローバーZ 今宵、ライブの下で 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -