ももいろクローバーZ 白金の夜明け

「白金の夜明け」JP歌詞

ももクロ 新曲「白金の夜明け」
発売日:2016年2月17日
歌手:ももいろクローバー Z
作詞:前田たかひろ
作曲:横山克
歌詞:
僕の心が今
どんなに地獄でも
僕のまわりの世界は今日も
普通の一日…

知らん顔で笑う 見知らぬ友達
孤独と言う夢の中

僕はここだよ
手を振ってるのに…

なんかちょっとずつうまくいかない
ちっちゃい絶望ばかりで
ぜんぶヤメちゃえばいいって思った

でもヤメる勇気なんかない
なんとなくそれはダメな気がする
だけどしあわせそうな景色を見て
泣かない 泣けない僕が
少し拗ねてるんだ

誰もひとりなんかじゃない
ひとりになろうとするだけなんだ
冷たいベッドにもぐりこむように
夢に逃げ込むように
だけどひとりじゃない

「キミはどうだ?
ヤメてないか?
甘い言い訳を探してないか?」

目をつぶって
見た夢は
ひとりぼっちだった

あきらめすぎるとバカになるから
もう僕はなにひとつあきらめない
孤独が絶望にキスをして
MOONLIGHT…月をぬりつぶし
DAYBREAK…闇が夜明けを邪魔しても

ずっと笑顔ばかりを選んで
泣き顔見せるのを迷ってた
強い人になろうとして
弱い僕を封じ込めて
ひとりぼっちになった

夜明けに生まれかわろう
正直な自分こそがプラチナ
ワルい夢から目覚めたら
サエナイ寝ぼけ顔を
ジャブジャブジャブ洗い流そう

僕の心が今
どんなに地獄だって…

僕のまわりの世界は今
僕を試している
だから

笑顔ばかりを選んで
泣き顔見せるのを迷ってた
強い人になろうとして
弱い僕を封じ込めて
ひとりぼっちになった

夜明けに生まれかわろう
正直な自分こそがプラチナ
ワルい夢から目覚めたら
サエナイ寝ぼけ顔を
ジャブジャブジャブ洗い流そう

今日が…
来る…
DAYBREAK…

ももいろクローバーZ 白金の夜明け

ももいろクローバーZ 白金の夜明け

歌詞出典:

ももクロ 新曲「白金の夜明け」の感想/コメント/意味/情報
「白金の夜明け」は3rdアルバム「AMARANTHUS」と同時発売される彼女たちの新作アルバム。3rdアルバムと同じく多様な作家陣が参加しており、NARASAKI、横山克、Kiss、グレッグ・カースティン、NAOTO(ORANGE RANGE)、清竜人、Revo、前山田健一、Tom-H@ck、MURO、堂本剛(KinKi Kids)らがラインナップされている。初回限定盤のジャケットには顔面がくり抜かれた顔写真の内側で百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにが横たわるという奇抜なアートワークを採用。色鮮やかな「AMARANTHUS」のジャケットとは異なり、パステルカラーをベースにしたデザインとなっている。今作のジャケット写真でのヘアメイクは3rdアルバムに続き、資生堂のヘア&メイクアップアーティスト・原田忠が担当した。

ももいろクローバーZの新曲「白金の夜明け」の試聴音源がグループのYouTube公式チャンネルで公開された。
「白金の夜明け」は2月17日にリリースされる、ももクロのニューアルバムの表題曲。昨日12月31日に東京・豊洲PITで行われた彼女たちのカウントライブ「第一回 ゆく桃くる桃『笑顔ある未来』」の会場で開演前にその音源が初解禁されており、それに伴い配信がスタートした。
なおももクロは2月17日に「白金の夜明け」と「AMARANTHUS」の2枚のアルバムを同時発売。

白金の夜明け見た(遅 今までの大会のオープニング集めてるのね。 なんかさー、私たちもう大人になったんだよ、っての伝えられてる感じで、嬉しいけどとても寂しいよおとうちゃんは 子離れ出来ない親の気持ちなんかなぁ

昨日のカウコンも白金の夜明けもそうだけど、飽きずに好きでいれる理由はももクロはカッコいいからだと思う。嵌った頃からこのグループはカッコいい事をすると思っていた。そんな俺の目は間違ってないなと、手前味噌みたいの事を言ってみる。

ももクロの曲は応援歌が多い。「さあ、行くぞ!」と手を引っ張りガンガン進んでいくもの、「グズグズするな」と背中を押すもの、「こっちに来いよ」と手招きするもの。でも、どれも心身とも疲れ果てた人には重い。肩を抱いて「一緒に一歩進んでみよう」という曲も欲しい。それが「白金の夜明け」かな。

もクロ[ゆく桃くる桃] ネクスマで配信された冒頭15分と終盤30分が、ネクストのディレイ放送ではカットされて残念だったが 冒頭部分で初公開された「白金の夜明け」が公式HPで見れるとは太っ腹! あとは、終盤の夏菜子ちゃんの流石のやらかしを早くまた見たいww

真夜中にネガティブな考えにどっぷり浸って、どん底に堕ちた気分になっているとき、ふと外に出てみたら朝日が昇ってきて、ああ、自分はまだ生きてていいんだなと救われた経験がある人は、「白金の夜明け」のメロディと歌詞が沁みると思う

ももいろクローバーZ
モモイロクローバーゼット
百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、高城れにの5人からなるアイドルグループ。2008年に「ももいろクローバー」として結成。「週末ヒロイン」「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズのもと全国津々浦々でライブ活動を行い、2009年7月には1stシングル「ももいろパンチ」をリリース。2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。 2011年4月に行われた中野サンプラザ公演を最後に、メンバーの早見あかりがグループを脱退。このライブ終了直後に「ももいろクローバーZ」へ改名し、5人編成での活動をスタートさせた。
2011年7月にはももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D’の純情」を発表。同年7月に発売された1stアルバム「バトル アンド ロマンス」は、全日本CDショップ店員組合が選出する「第4回CDショップ大賞」で大賞を受賞し、2012年にはグループ結成当初から目標としていた「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たした。2013年4月には2ndアルバム「5TH DIMENSION」をリリース。2014年3月に女性グループとして初となる東京・国立競技場での単独ライブを成功させた。​2014年5月8日には中島みゆき作詞作曲による11thシングル「泣いてもいいんだよ」をリリースし、オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。2014年7月には自身最大規模となる、日産スタジアム2DAYSの単独ライブを成功させた。2015年1月、「ももいろクローバーZ vs KISS」名義でKissとのコラボシングル「夢の浮世に咲いてみな」を発表。2月には主演映画「幕が上がる」が全国で公開される。

ももいろクローバーZ 白金の夜明け 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -