藤田奈那(AKB48)右足エビデンス

「右足エビデンス」JP歌詞

発売日:2015年12月23日
歌手:藤田奈那
作詞:秋元康
作曲:菅井達司
編曲: 佐々木裕
歌詞:
Give me the evidence

星空が鬱陶しい
砂漠の雑踏
すれ違う人の波は
砂嵐になる

孤独なんて
慣れてしまった
あなたなしで
生きて行くわ

愛が欲しいなら
跪(ひざまず)きなさい
右足に縋(すが)って
私を引き止めて
夢が見たいなら
涙 見せなさい
後悔してるよと
右足エビデンス

悲しみが騒々しい
ネオンのオアシス
サヨナラのその熱風
心まで枯れた

歩き出すと
決めてしまえば
1人だって
強くなれる

愛が欲しいから
背中向けましょう
左足 踏み出す
未来はそこにある
キスをしたいから
すぐに駆けつけて
世界は待っている
左足フューチャー

立ち止まる数秒
答えを聞かせて
強がりの隙間が
やり直すチャンス

愛が欲しいなら
跪(ひざまず)きなさい
右足に縋(すが)って
私を引き止めて
夢が見たいなら
涙 見せなさい
後悔してるよと
右足エビデンス

藤田奈那(AKB48)右足エビデンス

藤田奈那(AKB48)右足エビデンス

藤田奈那 新曲「右足エビデンス」の感想/コメント/意味/情報
「じゃんけんに勝ったエビデンス。」
重厚感のあるリズムトラックに大人びた歌詞をのせたダンスチューン!
AKB48とは一味変わった形の楽曲です!
今作は、2015年9月に行われた「第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会」において、見事優勝を飾った、AKB48の10期生­“なぁな”こと『藤田奈那』のソロデビューシングルです!

AKB紅白で「右足エビデンス」を初披露させていただきました!これからたくさんの方に聴いて、そして観て楽しんでいただける曲になりますように。精一杯パフォーマンスします!右足エビデンス、よろしくお願いします!!

【右足エビデンス】すーごく恰好良くって、なぁなの素敵な面が他ファンにストレートに伝わったと思う。ソロ曲はどうしてもコンサートだと一人でやることになりがちだけど、なぁなのセンターでおかぱーずユニット的な披露も有り、なんて思いましたまる

・右足エビデンスは聴き込むとハマりそうなダンスナンバーだな! ・君は今までどこにいた?は作曲の田靡達也さんがキミが思ってるより以来の作曲。サビメロは一発でハマった!アレンジの若田部誠さんはホントに安定してる。若田部さんがアレンジじゃなかったら評価はこんなに高くはなかった。

そういえばじゃんけんシングルジャケ解禁されたようで…素晴らしい出来じゃないですか…その手で掴んだチャンスは離さず存分に活かす力がなぁなにはある…MVも期待しませう

なぁなの右足エビデンス 智代梨はセンターの 君は今までどこにいた? 発売日まで、聴けるかな? 良い曲だったなぁ! これは買いたいなぁ! でも3月のは・・・ AKB所属の非選抜のメンバーは どう思うんだろう? 本当にチャンスの順番はあるの?

AKB48
エイケイビーフォーティエイト

秋元康プロデュースのもと、2005年に始動した次世代型アイドルグループ。劇場に足を運べば毎日会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で、チームA、チームK、チームB、チーム4が毎日ステージを行っている。楽曲はすべて秋元康が作詞を担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、いきなりオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2008年にはレーベルを移籍し、同年10月にシングル「大声ダイヤモンド」をリリース。チャート初登場3位を記録し、着実に人気を高めていく。2009年4月には、アイドリング!!!とのコラボユニット「AKBアイドリング!!!」として、シングル「チューしようぜ!」も発売。オリコンウィークリーチャート初登場2位にランクインし、話題を集めた。同年7月にはシングル曲の選抜メンバーを決定する選抜総選挙を、ファン投票により実施。8月には初の日本武道館公演も実現し、10月リリースの14thシングル「RIVER」は、初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。

2010年には各チームのメンバー編成をシャッフル。同年2月の15thシングル「桜の栞」、4月のアルバム「神曲たち」も1位を記録し、それぞれ30万枚を超えるヒットとなった。さらに、5月発売の16thシングル「ポニーテールとシュシュ」、8月発売の17thシングル「ヘビーローテーション」はそれぞれ発売1週目に売り上げ50万枚を突破。横浜アリーナや代々木体育館での単独ライブのほか、9月には日本武道館で19thシングルに参加する選抜メンバーを決めるじゃんけん大会も行われ、大きな注目を集めた。10月リリースの18thシングル「Beginner」は発売初週に80万枚を超えるセールスを記録。2011年1月末までに売上100万枚を突破した。

2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。2月発売の20thシングル「桜の木になろう」、5月発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」はともにミリオンセールスを達成した。同年7月には西武ドームで初のスタジアム公演を行い、3日間で合計9万人の動員を記録。8月には第3回AKB48選抜総選挙での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げ話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」、12月には第2回じゃんけん大会によって選出された選抜メンバーによるシングル「上からマリコ」を発表。ともにミリオンセールスを記録し、その結果2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となった。

藤田奈那(AKB48)右足エビデンス 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -