ゆず 夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~

-Iy1-nMEiI58–

動画PV視聴曲 「夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~」 JP歌詞

「夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~」ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)
Youtube MV試聴CM音源音楽配信
発売日:2014年7月18日
作詞:北川悠仁
作曲:北川悠仁
歌詞:
夜霧の月明かり 照らすお前の横顔
港見える丘の上で お前を抱きしめたい
あなたずるい人ね 帰る場所ならあるはずよ
知っているのに流されて 気づけば相生町
馬車道あたりの居酒屋で あの日あなたと出会ったの
伊勢佐木通りに 夜明けが来る頃
別れのブルースが 鳴り響く
帰したくない 帰りたくない 夜霧の伊勢佐木町
こういちさん こういちさん いかないで
しょうがないよ もう帰らなきゃいけないんだ
こういちさん こういちさん いかないで
しょうがないよ もう帰らなきゃ
外した指輪の 跡が残るよ 薬指
気づいていたけど ごまかして 歩いた16号
横浜行きのシーバスで あの日あなたと口づけた
山下埠頭の 汽笛がなる頃
かなしいフレーズが むせび泣く
離したくない 離れたくない まどろむ曙町

ゆず:
北川悠仁と岩沢厚治によるユニット。当初は横浜・伊勢佐木町で路上ライブを定期的に行っていた。1997年に寺岡呼人をプロデューサーに迎え「ゆずの素」でインディーズデビュー。1998年にリリースしたメジャー 1stシングル「夏色」が大ヒットを記録し、以降次々とヒットナンバーを生み出している。2007年には結成10周年を迎え、シングル「春風」を発表。2011年2月には通算10枚目のオリジナルアルバム「2-NI-」をリリースし、好評を博した

人気デュオ・ゆずが18日、「ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)」名義で配信限定シングル「夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~」の配信をスタートし、ミュージックビデオ(MV)のフルバージョンも公開された。
 北川悠仁(37)扮する“歌唄い”の北見川潤子、岩沢厚治(37)扮する“ギター弾き”ムーチョ小岩沢は、2002年に発売されたシングル「恋の歌謡日」のMVで登場した伝説の仮装キャラクター。現在、全国ツアー中のゆずは、アルバム『新世界』(2月発売)の“懐か新しい”コンセプトを表現する「昭和歌謡コーナー」で、12年ぶりに潤子&ムーチョを復活させた。
 同コーナーで披露していた曲の一つが、アルバムの特典CDにもデモ音源が収録された「夜霧の伊勢佐木町」。ムード歌謡の雰囲気たっぷりのデュエットがファン間で反響を呼び、配信限定曲として発売されることが決まった。リリースにあたっては、“ヒャダイン”こと前山田健一氏の前衛的なアレンジが加わり、“ネオ昭和歌謡”デュエットに生まれ変わった。
 潤子になりきった北川は「貴方の心、潤したい。北見川潤子よ。12年ぶりに貴方たちと再会することができて、とってもうれしいわ。アラフォーになってメイクのノリはちょっぴり悪くなったけど、案外まだまだイケるなって思ったわ(笑)」とノリノリ。岩沢も「みんな、待たせたね。この12年間で前髪の分け目が変わった、ムーチョ小岩沢だ」とあいさつし「俺たちにとって初のデュエットソング。カラオケで男女仲良く、雰囲気を真似しながら歌って、楽しんでくれたまえ」とファンに呼びかけた。

ゆず 夜霧の伊勢佐木町~愛の真世界編~ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -