渡辺美優紀 やさしくするよりキスをして

「やさしくするよりキスをして」 Youtube PV MV 動画視聴曲音源
発売日:2014年12月24日
歌手:渡辺美優紀
作詞:秋元康
作曲:福田貴訓
歌詞:
季節外れの真冬の海
誘ってくれたのに
あなたは何(なん)にも言わずに
砂浜を歩くだけ

波打ち際を少し後から
私は拗ねながら
背中にあっかんべーってしたら
かもめたちが笑った

夕暮れが近づいて
肌寒くなった頃に
自分のジャケット脱いで
私にそっと掛けてくれたけれど…

やさしくするよりキスをして
大好きなのに肩すかしね
いい人でいるよりキスをして
期待してるのよ
がっかりさせないで

今日はママに遅くなるって
耳打ちしていたのに
私の門限を気にして
防波堤へと向かう

麦の穂が揺れるように
きらきら輝く海
ロマンティック最高潮で
助手席のドアさっと開けちゃうなんて…

やさしいだけでは始まらない
女の子に恥をかかすの?
時には突然 どっきりさせて
夢を見たいだけ
このままじゃ帰らない

そう恋はいつだって
シナリオがあるでしょう?
大事にしてくれるだけじゃ
こんな遠くに来た意味がないんじゃない?

やさしくするよりキスをして
大好きなのに肩すかしね
いい人でいるよりキスをして
あなたがじれったい
私を釣らないで

渡辺美優紀「やさしくするよりキスをして」:
9月に行われた『第5回じゃんけん大会』で優勝したNMB48兼SKE48の渡辺美優紀が28日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)でソロデビュー曲「やさしくするよりキスをして」(12月24日発売)を初披露。番組終了後、同曲のジャケット写真も初公開された。
 同曲は、80年代のアイドル歌謡曲がモチーフ。好きな男の子がなかなかキスをしてくれない甘酸っぱい恋をテーマに、AKBグループきっての「釣り師」(握手会での神対応で自分のファンにしてしまうこと)の異名をとる渡辺が、「私を釣らないで」と歌う。
 楽曲性にちなみ、初回限定盤のジャケット写真は、80年代前半に流行した“聖子ちゃんカット”の特注ウィッグをつけて撮影。当時のアイドルの物憂げな表情も完全コピーし、スタッフをうならせた。ジャケットは紙ジャケ仕様で、オビなども当時のレコード風に再現し、「ザ・昭和アイドル」の仕上がりとなった。
 なお、同曲のカップリングには、じゃんけん大会2位~16位までのメンバーが歌う「春風ピアニッシモ」を収録。同曲のセンターは、準優勝の小嶋陽菜が務める。同曲を歌唱するメンバーは以下のとおり。

NMB48 :
AKB48の全国進出第2弾として、大阪・難波に誕生したアイドルグループ。名称の由来は、活動拠点の難波(NaMBa)の頭文字。秋元康の総合プロデュースにより、2010年10月より活動をスタートさせる。AKB48、SKE48同様「会いにいけるアイドル」をコンセプトに、難波にあるNMB48劇場にて歌とダンスとトークから構成される約2時間の公演をほぼ毎日行っている。
2010年10月9日に行われたAKB48のコンサートで第1期生を初お披露目。同月に神戸で行われたSKE48の単独コンサートにゲスト出演したほか、デビュー前にもかかわらず同年末の「第61回NHK紅白歌合戦」にAKB48の姉妹ユニットとして参加した。翌2011年1月1日より初の劇場公演「誰かのために」をスタート。3月には1期生から構成されたチームNが結成される。5月上旬に名古屋・栄、東京・秋葉原、福岡で初の出張公演を実施。同月中旬から2nd公演「青春ガールズ」も開始となる。そして7月20日、シングル「絶滅黒髪少女」で待望のCDデビューを果たし、オリコンウィークリーチャート初登場1位を記録。その後も「オーマイガー!」「純情U-19」が立て続けに1位を獲得した。2012年1月にはチームMが発足され、5月から1st公演「アイドルの夜明け」がスタート予定。

渡辺美優紀 やさしくするよりキスをして 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -