WEAVER Hope ~果てしない旅路へ~ 歌詞

作詞:河邉徹
作曲:杉本雄治

幾つの夜を越えて来ただろう
闇に浮かんだ小さな舟は
心に火を灯し この海を旅する

自分の居場所さえも知らずに
未来の日々に思いを馳せた
愛されたいだけさ
後悔と希望を連れ
また明日を探す

闇の向こうを照らす
優しい光が
今もまだ僕を動かす

100年先の朝は
誰かにとっての光になれる
そんな夢を篝火に
進もう

時の流れに身を預けたら
傷ついた胸もいつか癒えるだろう
それを人と呼べば
心を守れるさ

どんな風に言ったら伝わるんだろう
どんな風に言っても嘘になるんだ
誠実さの果てに
何を見つけられたの
柔らかい瞳で

生きていく孤独に 襲われる度
逃げ出したい 気持ちになるけど

一秒先を信じよう
嵐を越えて出会える空の
その青さは
何よりも美しい

Faraway
Even when I lose the things I can’t replace
See a faint light leading me
I just call it a “Hope”

All the way
Even when you lose the things you can’t replace
See a warm light I’d lead you
Could I just be your “Hope”?

夢から覚めた朝
冷たい体は
新しい熱を欲しがる

この旅を続けよう
いいことばかりじゃない
それでもいいのさ
信じてほら 未来へと行くんだ

闇の向こうに潜む
まだ見ぬ 光が
今もまだ僕を動かす

100年先の朝は
あなたにとっての光になれる
そんな夢を篝火に
進もう

果てしない旅路へ

WEAVER Hope ~果てしない旅路へ~ 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -