大塚愛 私 歌詞 PV – 嫌われる勇気の主題歌

大塚愛 私

大塚愛 私

大塚愛 私

大塚 愛、来年1月からのドラマ「嫌われる勇気」の主題歌を提供!2月15日にシングル「私」発売決定!
大塚がドラマ主題歌を手がけるのは約9年ぶりとなる。

「嫌われる勇気」は香里奈が主演を務める刑事ドラマで、加藤シゲアキ(NEWS)、椎名桔平といった面々が出演者として名を連ねる。大塚は「ドラマの最後に似合う楽曲を」というオーダーや、他人から嫌われることをいとわず、自由に自分の人生を生きる主人公・庵堂蘭子のキャラクターをイメージして、アップテンポな新曲「私」を制作した。

大塚は提供した楽曲について「香里奈さん演じる蘭子さんの凜とした姿に、背中を押されるような女性がたくさんいたらいいなと思います。ドラマの最後に似合うものというオーダーをいただいていましたので、ウォーキングのテンポに合いそうな、一歩前に踏み出したくなるような、そして背中を押されるような力強い曲調をイメージしました」と説明。香里奈は「私」の感想を聞かれ、「メロディーがきれいで、すごく耳に残りました。アップテンポな曲調と、刑事ドラマのミックスが面白いなと思いました。歌詞も、蘭子の性格や気持ちを良く表していただいていて、勇気を与えてくださるようなメッセージを感じました。このドラマとすごくマッチしているので、聞けば聞くほど、もっと聞きたくなるような楽曲です」と述べている。

また大塚は、ドラマのポスターを撮影中の香里奈を訪問。2人は初対面だったがすぐに意気投合し、現場で大塚にドラマの出演オファーが飛び出すなど大盛り上がりとなった。大塚はオファーを受け「皆さんの邪魔はしたくないので(笑)。もし出演させていただくにしても、香里奈さんの後ろで信号待ちをするエキストラで十分です(笑)」とコメントした。

<大塚愛 コメント>
聞き終わった後に、“明日も頑張ろう”と強い心を持てるような楽曲を目指しました。香里奈さん演じる蘭子さんの凜(りん)とした姿に、背中を押されるような女性がたくさんいたらいいなと思います。ドラマの最後に似合うものというオーダーをいただいていましたので、ウォーキングのテンポに合いそうな、一歩前に踏み出したくなるような、そして背中を押されるような力強い曲調をイメージしました。

大塚愛
オオツカアイ
1982年生まれ大阪出身の女性シンガーソングライター。2003年にシングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。2ndシングル「さくらんぼ」がロングヒットを記録し、2004年夏には着うた史上初の100万ダウンロードを達成する。その後も「Happy Days」「金魚花火」「大好きだよ。」などヒット曲を連発し、2004年の日本レコード大賞など音楽賞レースの新人賞を総ナメにした。明るくハッピーな楽曲と恋する若者に共感される切ないバラードが高く支持され、トップアーティストの仲間入りを果たす。また女優としての映画主演や自作の絵本を出版するなど、幅広い活動を展開し続けている。2015年4月にはSTUDIO APARTMENTの阿部登をサウンドクリエイターに迎えてアルバム「LOVE TRiCKY」をリリースした

大塚愛 私 歌詞 PV – 嫌われる勇気の主題歌 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -