vistlip COLDCASE

発売日:2015年11月11日
歌手:vistlip
作詞:智
作曲:Tohya

深々と被ったフードで泳いだ目線を隠す
回数の決まったノックは、秘密を共有するためだろう?
幼い頃の僕にも植え付けられた恐怖心
居場所を“異質”と指差し、後ろめたさを注入した

魔法の鏡は真実のみ映し出す
メイクで馴染まない傷跡も例外無く

くり抜いた芯にはめ込んで 誰かの云う“悪影響”を

大好きなヒトの名前も云い出し辛い世界じゃ、
君に何時か悲しい思いをさせるかもね
「それでも良い。」と云うなら、気味悪がられて、
嫌われても、僕は信じて行くから

淡々と泥水を飲み干せ 着々と痛みごと飲み干せ

魔法の鏡は真実のみ映し出す
メイクで馴染まない泣き跡も例外無く

凍り付く空気で涼んで、誰かの云う“悪影響”を与え続けて行こうか

別次元の空へこの手を伸ばして
「誰よりも君を想っています。」と、誰にも負けない笑顔で居るよ
だって此処には何処より愛が在るから

大好きなヒトの名前も云い出し辛い世界じゃ、
君に何時か悲しい思いをさせるかもね
「それでも良い。」と云うなら、気味悪がられて、
嫌われても、僕は信じて行くから

君が誇れる世界まで

深々と被ったフードで冷たい目線を隠す
冒涜するつもりなら、さぁ、どうしてやろうか

==

- スポンサーリンク -