Vamps Vampire’s Love

JP歌詞 「Vampire’s Love」 フル

「Vampire’s Love」VAMPS(ヴァンプス) Youtube PV MV 動画視聴曲
映画「ドラキュラ ZERO」の日本版イメージソング
発売日:2014年10月8日
作詞:HYDE
作曲:HYDE
歌詞:
The dazzling smile was just beyond my reach
How sweet and innocent you were
If I could cross my night into the sun
All my words to you, I still wonder what I’d say
Stray dream of you lit the chain of stars to find the way
In the darkest night of my lost and frozen heart
Long ago…
Even if things don’t change…uh…
So the shadow’s dark won’t cloud your clear skies
I watched over you, hidden in the dark from you
Stray dream of you lights the chain of stars to find the way
In the darkest night of my lost and frozen heart
Even now… Even now…
More than the world and more than life to me you’re so dear
You won’t be hurt
My words to you, gently whispered through the windowpane
They just fade away from my cold lips ‘I love you’
Stray dream of you lights the chain of stars to find the way
In the darkest night of my lost and frozen heart
Even now…

「Vampire’s Love」:
映画『ドラキュラ ZERO』日本版イメージソングでもある10月8日CDリリースとなるVAMPSのニュー・シングル「VAMPIRE’S LOVE」の世界各国での配信が決定した。
9月24日、日本のiTunesストアでのプレオーダー開始を皮切りに、9月29日にイギリス、フランス、9月30日にスペインと香港、シンガポール、台湾をはじめとするアジア各国、10月1日に日本(着うた®、着うたフル®、PC)、10月3日にはアイルランド、ドイツとリリースがされていく。アメリカなども今後順次決まっていく予定だ。
またこのタイミングで、「VAMPIRE’S LOVE」の30秒スポットも公開がされている。このスポットには8月24日VAMPS主宰で行われた夏フェス「BEAST PARTY」の会場で終演直後に公開され、ファンの間でOAが切望されている「VAMPIRE’S LOVE」のミュージック・ビデオが使用されており、そのミュージック・ビデオの一部がこのスポットで明らかになり、その全編への公開の期待が高まる。

映画「ドラキュラ ZERO」:
『ワイルド・スピード EURO MISSION』などのルーク・エヴァンスが主演を務め、オスマン帝国の侵略から自国を死守するため悪に変じた君主の戦いを描くアクション。ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」のモデルとなった15世紀の実在の君主をモチーフに、愛ゆえに強大な悪と化す男の数奇な運命に迫る。主人公の妻を、『アンチヴァイラル』などのサラ・ガドンが好演。悲しくも美しいヒーロー伝説に圧倒される。
トランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)が統治する国は栄え、人々は平和に暮らしていた。だがある日、ヨーロッパ攻略を狙うオスマン帝国が、彼の息子を含む1,000人の少年の徴兵を要求してくる。愛する妻(サラ・ガドン)や息子と国を守るため、ヴラドは大国相手に反旗を翻し、古代より伝わる絶対的な闇の力と契約を交わす。

Vamps:
HYDE(L’Arc-en-Ciel)とK.A.Z(OBLIVION DUST)が2008年に結成。2008年の結成以来、国内外で約300本以上のライブを敢行。VAMPSの代名詞となった全国の Zeppにて連続公演を行う“籠城型ツアー”をはじめ、アリーナ公演、ラグーナビーチなどでの野外公演、恒例のハロウィンライブイベントなど、多彩なスタイルのライブを行っている。
海外での活動も積極的に行い、ワールドツアーとして北米、南米、ヨーロッパ、アジアなどでのライブを敢行。南米では2ndアルバム「BEAST」が日本人アーティスト初のセールスチャート4位を記録した。同公演の模様を収録したDVD「VAMPS LIVE 2010 WORLD TOUR CHILE」は各方面から注目を浴び、日本の音楽DVD部門のセールスチャートで1位となった。
2013年にユニバーサルミュージックへの移籍を発表。移籍第1弾作品として4月にリリースされた映像作品「VAMPS LIVE 2012」は、オリコン週間ブルーレイランキングで1位を獲得した(音楽DVD週間ランキングは3位、総合7位)。7月に2年半ぶりのシングル「AHEAD / REPLAY」をリリースし、9月には全曲英語詞によるベストアルバム「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」を世界各国で発表。同月末よりヨーロッパツアーを開催した。2014年3月には2度目のロンドン公演が実現したほか、同年6月にイギリスの野外フェス「Download Festival 2014」に出演。8月には約1年ぶりとなるニューシングル「GET AWAY / THE JOLLY ROGER」をリリースした。

Vamps Vampire’s Love 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -