美しい日 SUPER BEAVER

美しい日

美しい日

美しい日 SUPER BEAVER

発売日:2017年1月25日
歌手:SUPER BEAVER
作詞:柳沢亮太・渋谷龍太
作曲:柳沢亮太
歌詞:
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びを
嬉しいと感じた瞬間に 思い浮かんだのは誰?
終わりでも 始まりでもない ただ明日と昨日の間
特別は 多分 普遍的な形をしていると思う

あなたがいて 僕がいて 共に望んでる未来があって
ため息も 吐くけれど その倍 笑っていると思う
僕は 人に生かされて 人と生きている
ああ 幾つもの愛と生きている

もしかして幸せは 訪れるものでも 待っているものでもなくて
今ここにあることに 気がつくものなんじゃないかな
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと
美しい 美しい日なんだよなあ
特別は そうだ 普遍的な形をした 幸せだ

今日までの 道のりがさ 正しく最短だったのかって
わからないけど なんとなく これで良かったと思っている
僕は 人に生かされて 人と生きている
ああ 幾つもの愛と生きている

もしかして幸せは 唯一つ 掴み取るようなものじゃなくて
幾つでも 何度でも 気がつくものなんじゃないかな
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
愛しいと思えたら 大切にすればいいんだよなあ

今にある幸せは 今生きる自分で 気がつくものだったんだ
優しさも 楽しさも 愛しさも 笑い声も
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと
美しい 美しい日なんだよなあ
特別は そうだ 普遍的な形をした 幸せだ

「美しい日 / 全部」 最高のシングルが出来たよ。 これ本当に凄い作品だと思う。
2017年 頭から期待だけしていてね。 美しい日をこれからも 全部あなたと共に

SUPER BEAVER
スーパービーバー
2005年に東京で結成されたロックバンド。メンバーは渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(G)、上杉研太(B)、藤原“27才”広明(Dr)の4人。ギターロックを基調としたエモーショナルなサウンドと、メッセージ性あふれるまっすぐな歌詞を特徴とする。2009年6月にEPICレコードジャパンよりシングル「深呼吸」でメジャーデビュー。2010年10月にリリースされたミニアルバム「SUPER BEAVER」の収録曲「ささやかな」が、映画「ソラニン」のラストシーンで使用され話題を呼んだ。2011年に活動の場をメジャーからインディーズへと移し、年間100本以上のライブを敢行。2012年に自主レーベル「I×L×P× RECORDS」を立ち上げ、シングル「歓びの明日に」を発表した。2013年、東京・Shibuya eggmanのスタッフ・YUMAが「mini muff records」内に発足させたロックレーベル[NOiD]とタッグを組み、翌2014年2月にフルアルバム「361°」をリリースした。その後精力的にツアーや自主企画を開催し、9月にはテレビアニメ「ばらかもん」の主題歌「らしさ」を含むシングル「らしさ / わたくしごと」を発表した。同月に柳沢が緊急入院するという事態に見舞われたが、バンドはサポートメンバーを迎えライブ出演をキャンセルすることなく敢行。柳沢の退院後にアルバムの制作に入り、バンド結成10周年の節目に当たる2015年4月1日、ニューアルバム「愛する」をリリースした。同月より全国ツアー「『愛する』Release Tour 2015 ~愛とラクダ、10周年ふりかけ~」を実施。さらに10月から全国8カ所を巡るツアー「『都会のラクダ』Tour 2015 ~秋味、サシ飲み~」を行い、ツアーファイナルを東京・赤坂BLITZにて迎えた。2016年1月より3カ月連続でシングルをリリースし、4月にはバンド史上最大規模のワンマンライブを東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催する。

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER

==

- スポンサーリンク -