UVERworld 新曲 ALL ALONE

ALL ALONE

JP歌詞

オールアローン/ウーバーワールド
発売日:2015年7月27日
歌手:UVERworld
作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
歌詞:
Black Point 浮き上がる Arise
STRAIGHT OUTTA TOKYO noisy town
がんじがらめの 規制と法
俺達が信じたのは
戦争を知らぬ大人の群れでは無く
宗教や金でもねぇ
自分の存在を 認める瞬間を

哀しい時に 僕は歌う
あいつは言った 俺は踊る
私 絵を描いてる時だけ
全て忘れられる

真っ黒な壁に 黒のスプレーで
助けてと書かれたメッセージ
いかがわしい都会の影に 飲み込まれて行く

生まれの貧しさが 僕らの未来を決められなかったように
生まれの貧しさなんて 誰かと比べるものじゃないけど
自由や平等なんて言葉で これ以上導くのなら
答えてみろよ

LONELY
この世界の Dislike 一番最低で
本当に許せない所は
その 本当にこの世界で起きてる最低な出来事は
表現させない 歌わせない

LONELY
いつかこのままじゃ 掴めずとも 伸ばしてた手も
下ろしてしまうんだろう?
そしていつか この許せないと言って泣いた
意味も夢も 忘れて行くの?

そう Ride or Die 出せよ チップ
あぶく銭を得ては それを恐ろしい物に変え
満たしたい感覚は 自分で掴んだと言う感覚を

何者に媚びぬ力が欲しい
無理なら媚びる勇気が欲しい
頷き 従う 勇気を

雑居ビルの隙間を抜け スクランブル
助けてと掲げたメッセージ
ボカシのかかったこの街じゃ
もう 目さえ合わない

死ぬ間際に お金や物を欲しがる人なんて居ないでしょう?
僕達はそんなものを 探す旅をしているんだろう
きっと世界が無くした物だろう 正しい愛と夢
お前らに 言ってんだよ

LONELY
この世界の Dislike 一番本当に
悔しくて許せない事は
この 本気で追いかけて来た夢も
値札が付いてなくちゃ 見向きもされない
認めちゃくれない

LONELY
いつかこのままじゃ 掴めずとも 伸ばしてた手も
下ろしてしまうんだろう?
そしていつか この許せないと言って泣いた
意味も夢も 忘れて行くの?

暗闇での多数決 押し付けられるルール
虚無感と 違和感と
舌打ちが 街に響いてても

哀しくても 歌ってるだけで
哀しくても 踊ってるだけで
ほんの少し こんな街で
僕らは輝けてる気がしてた

哀しくても 絵を描いてる時だけ
この街に 存在してる気がした
ほんの少し 笑ってる気がした

LONELY
自分自身の Dislike 一番本当に
悔しくて許せないことは
この 特別な才能を持って
産まれて来れなかった事なんかじゃない

この世界の
どうでもいい 心無い言葉や
ただのフレーズに押しつぶされそうになって
全てを 一瞬で捨ててしまいそうになる事
未来も この命も

哀しくても 歌ってるだけで
あいつは 踊ってる時だけ
彼女は 絵を描いている時だけ
あの子は 文字を綴っている時だけ
あいつらは 何かを演じてる時だけ
あの人は 誰かを笑わせてる時だけ
彼らは 物を作っている時だけ
お前は お前がやりたい事を やれ

最後の日に欲しい物は
最後の日に欲しいと思えるような
この街で生きて来た証

UVERworld 新曲 ALL ALONE

UVERworld 新曲 ALL ALONE

歌詞出典:
ROMAJI
Black Point ukiagaru Arise
STRAIGHT OUTTA TOKYO noisy town
ganjigarame no kisei to hō
ore tachi ga shinji ta no wa
sensō o shira nu otona no mure de wa naku
shūkyō ya kin demo nē
jibun no sonzai o mitomeru shunkan o

kanashii toki ni boku wa utau
aitsu wa itta ore wa odoru
watashi e o egaiteru toki dake
subete wasure rareru

makkuro na kabe ni kuro no supurē de
tasuke te to kakare ta messēji
ikagawashii tokai no kage ni nomikomare te iku

umare no mazushi sa ga bokura no mirai o kimerare nakatta yō ni
umare no mazushi sa nante dare ka to kuraberu mono ja nai kedo
jiyū ya byōdō nante kotoba de kore ijō michibiku no nara
kotae te miro yo

LONELY
kono sekai no Dislike ichiban saitei de
hontōni yuruse nai tokoro wa
sono hontōni kono sekai de okiteru saitei na dekigoto wa
hyōgen sase nai utawase nai

LONELY
itsuka kono mama ja tsukame zu tomo nobashite ta te mo
oroshi te shimau n daro u?
soshite itsuka kono yuruse nai to itte nai ta
imi mo yume mo wasure te iku no?

sō Ride or Die daseyo chippu
abuku zeni o e te wa sore o osoroshii mono ni kae
mitashi tai kankaku wa jibun de tsukan da to iu kankaku o

nanimono ni kobi nu chikara ga hoshii
muri nara kobiru yūki ga hoshii
unazuki shitagau yūki o

zakkyo biru no sukima o nuke sukuranburu
tasuke te to kakage ta messēji
bokashi no kakatta kono machi ja
mō me sae awa nai

shinu magiwa ni okane ya mono o hoshi garu hito nante i nai desho u?
bokutachi wa sonna mono o sagasu tabi o shi te iru n daro u
kitto sekai ga nakushi ta mono daro u tadashii ai to yume
omae ra ni itte n da yo

LONELY
kono sekai no Dislike ichiban hontōni
kuyashiku te yuruse nai koto wa
kono honki de oikake te ki ta yume mo
nefuda ga tsui te naku cha mimukimosare nai
mitome cha kure nai

LONELY
itsuka kono mama ja tsukame zu tomo nobashite ta te mo
oroshi te shimau n daro u?
soshite itsuka kono yuruse nai to itte nai ta
imi mo yume mo wasure te iku no?

kurayami de no tasūketsu oshitsukerareru rūru
kyomu kan to iwakan to
shitauchi ga machi ni hibiite te mo

kanashiku te mo utatteru dake de
kanashiku te mo odotteru dake de
honno sukoshi konna machi de
bokura wa kagayaketeru ki ga shite ta

kanashiku te mo e o egaiteru toki dake
kono machi ni sonzai shiteru ki ga shi ta
honno sukoshi waratteru ki ga shi ta

LONELY
jibun jishin no Dislike ichiban hontōni
kuyashiku te yuruse nai koto wa
kono tokubetsu na sainō o motte
umare te kore nakatta koto nanka ja nai

kono sekai no
dō demo ii kokoronai kotoba ya
tada no furēzu ni oshitsubusare sō ni natte
subete o isshun de sute te shimai sō ni naru koto
mirai mo kono inochi mo

kanashiku te mo utatteru dake de
aitsu wa odotteru toki dake
kanojo wa e o egai te iru toki dake
ano ko wa moji o tsuzutte iru toki dake
aitsu ra wa nani ka o enjiteru toki dake
ano hito wa dare ka o warawaseteru toki dake
karera wa mono o tsukutte iru toki dake
omae wa omae ga yari tai koto o yare

saigo no hi ni hoshii mono wa
saigo no hi ni hoshii to omoeru yō na
kono machi de iki te ki ta akashi

UVERworld 新曲「WE ARE GO/ALL ALONE」の情報/感想/コメント/意味/

UVERworldが7月27日に両A面シングル「WE ARE GO / ALL ALONE」をリリースする。
タイトル曲のうち「WE ARE GO」は7月4日よりテレビ東京系で放送されるアニメ「パズドラクロス」のオープニングテーマに決定している。
また、もう1曲のタイトル曲「ALL ALONE」はオリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者」の第1弾テーマソング。この企画ではTAKUYA∞(Vo)が原案を、UVERworldの数々のミュージックビデオを手がけた中村哲平が監督と脚本を務めており、現在YouTubeで「ALL ALONE」を使用した第1弾映像の一部が公開されている。

いつかこのままじゃ掴めずとも 伸ばしてた手をおろしてしまうんだろう そしていつかこの許せないと言って泣いた 意味も夢も忘れていくの UVERworld/ALL ALONE 早くfull聴きた。

ALL ALONE 流れてきたショート動画見た! しっとり系(?)だからLIVEでわーわー盛り上がる曲ではない気がするけど、でもやっぱ歌詞はものすごくUVERっぽい。 楽しみだな〜♪

UVERworld
ウーバーワールド
滋賀出身で幼なじみのTAKUYA∞(Vo)と信人(B)らを中心に結成されたロックバンド。関西を中心に活動を続け、2004年末に上京。2005年7月にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たす。2008年11月には12thシングル「儚くも永久のカナシ」で初のオリコン週間ランキング1位を獲得し、同年12月には東京・日本武道館、大阪・大阪城ホール公演を成功させる。そして2010年11月に初の東京・東京ドーム公演を実施。一方で地元滋賀にある200人規模の会場での公演やZeppを中心としたライブハウスツアーも行っている。2014年にはサポートメンバーだった誠果(Manipulator, Sax)が正式メンバーとして加入し6人編成に。結成15周年とメジャーデビュー10周年を迎える2015年には7~9月、9~12月にそれぞれ全国ツアーを実施する。

UVERworld 新曲 ALL ALONE 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -