西野七瀬(乃木坂46) 釣り堀

釣り堀

JP歌詞

西野七瀬 新曲「釣り堀」歌詞 MV

発売日:2016年3月23日
歌手:西野七瀬(乃木坂46)
歌手:西野七瀬(乃木坂46)
作詞:秋元康
作曲:Bush-I
歌詞:
電車がゴトゴト走る
線路近くの鄙(ひな)びた釣り堀
いつもの椅子に座って
青空映る水面(みなも) 糸を垂らした

風もない昼下がり
時間(とき)は止まったようで
あなたからの電話なんか
待ってなくても
穏やかでいられる
もう寂しくない
一人きりの過ごし方を
やっと見つけたんだ

サボってみよう
心をちょっぴり
愛しているばかりじゃ
疲れちゃうよね
あくびひとつ
今だけこのまま
何も考えずに
愛を忘れさせて…

2時間 漂う糸は
ピクリとも 動く気配はないけど
私の独り言とか
波を立てぬように聞いてくれてる

「まだ何も釣れないか?」
隣にいるおじさんが
心配して覗くけれど
微笑み返す
魚たちにだって
事情があるのかも…
気が向いたら私のこと
構ってくれるでしょう

待ちぼうけ
慣れてしまった
会いたいと思ったら
電話するはず
魚のように
自由に生きてる
それでも待つしかない
愛は気まぐれなもの

サボってみよう
心をちょっぴり
愛しているばかりじゃ
疲れちゃうよね
あくびひとつ
今だけこのまま
何も考えずに
愛を忘れさせて…

西野七瀬(乃木坂46) 釣り堀

西野七瀬(乃木坂46) 釣り堀

歌詞出典:

西野七瀬 新曲「釣り堀」の情報/感想/コメント/意味
14th Single「ハルジオンが咲く頃」収録曲「釣り堀」のミュージックビデオを公開!

素晴らしい!カメラ~ワークの芸術頼。エフェクトも絶妙だし、曲も名曲だし、小道具やロケ場所もおしゃれでかっこいい。ここまですごいMVは見たことがないよ!。
乃木坂をやめてソロデビューしたほうがいい。
この曲などは500万枚は絶対に越える出来。
西野は天才!

歌も声も良いんだけどさ。
てか本人もここまでソロ曲あると他メンに申し訳ないとか思っちゃうだろ。
それにユニットもやりたいだろうし。
次からは別の人か、ソロなしで。

西野のソロ全部同じに聞こえる( ̄▽ ̄)
もっと上手い人で聴きたい曲🙋
いくちゃんネタ曲とか多いけど、いくちゃんにこそもっとこーいう曲歌わせて欲しいなぁ。

なあちゃん推しけど、またなあちゃんソロか…
と思ったけど
ごめんねずっと…がpv嫌いだから、すごく釣り堀いい!って思ってしまいました。
この感じ好きだわーやっぱり

西野七瀬ソロ曲「釣り堀」。
2月下旬に都内の釣り堀を中心に撮影されたこのMusic Videoは、釣り堀に通う女の子:西野七瀬が、悲しい事や辛い事があった時、そこからの逃げ場所を見つけた女の子の心情を描いた作品となっています。
ちなみに西野にとって、釣り堀に来たのは生まれて初めて。釣り竿の扱い方を習いつつ、どうやれば魚が釣れるのか?を熱心に聞いたというエピソードも。
「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」「変身」などのドラマも手掛ける映画監督、永田 琴さんに指揮を取って頂きました。

西野七瀬のソロ曲「釣り堀」は、2月下旬に都内の釣り堀を中心に撮影。釣り堀に通う女の子・西野七瀬を主人公に、悲しい事や辛い事があった時、そこからの逃げ場所を見つけた女の子の心情を描いた作品となっている。

やばいやばい😍 釣り堀と急斜面のMVめっちゃいいやん!😍👍🏻 なぁちゃんの曲は泣ける…😭 共感してくれる人RT なぁちゃん好きもRT 御三家好きな人もRT

いちじき、ななせまるのこと推してたけど、やっぱ、歌声だいすき😘 早速、釣り堀ハマってる!☺︎︎ 今まで、ごめんね、ずっと がいちばん好きやったけど超えたなぁ。。 ななせまるはバラード似合うとか勝手に思ってる!

『釣り堀』のMV、歌詞が切ないのになあちゃんがあまりにも可愛くってニヤニヤしてしまう…特に最後の雨のシーンとかなんなん?なんなん、あの可愛さは!

2つのMVどっちも素敵。 恋に失敗し釣り堀に行くのにとても爽やかで清々しく可憐、何よりその世界観に惹き込まれる歌声の「釣り堀」に対し、乃木坂らしい作りのMVにそれぞれの美しさが際立ち、異様な存在感を見せる御三家に釘付けになる「急斜面」 結果言えるのは乃木坂素晴らしいってこと。

乃木坂46 『釣り堀』 西野七瀬のソロ曲です。乃木坂ファンでなくても片想いをしている人なら誰もが共感できる素敵な歌です。歌詞にメロディーに七瀬に、心が落ち着きます。

釣り堀の歌詞の中で 2サビの「魚のように自由に生きてる」 ってところなぁちゃんは 「じゆふに」って歌ってるところ めちゃめちゃ好き。

乃木坂46
ノギザカフォーティシックス
2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33名が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。オリコン週間ランキングで初登場2位を記録し、20万枚を超えるセールスを記録した。以降、2ndシングル「おいでシャンプー」から10thシングル「何度目の青空か?」まですべてのシングルがオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得している。2014年8月には東京・明治神宮球場公演を含む「真夏の全国ツアー2014」を全国5都市で開催し、約10万人を動員。2015年1月に1stアルバム「透明な色」を発表。3月に通算11枚目のシングル「命は美しい」を、7月に12枚目のシングル「太陽ノック」をリリース。現在の在籍メンバー数は計37名。

西野七瀬(乃木坂46) 釣り堀 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -