AKB48 新曲 しあわせを分けなさい

しあわせを分けなさい

JP歌詞

幸せを分けなさい
ゼクシィCM曲が「AKB48選抜総選挙」の課題曲に
発売日:2016年8月31日
歌手:AKB48
作詞:秋元康
作曲:箭内道彦
編曲:亀田誠治
歌詞:
今日の君は
今までで一番美しいね
その純白の
ウェディングドレス
笑顔に似合ってる

長い道で
めぐり逢い 愛し合った人と
結ばれる日は
ゴールじゃなくて
スタートなんだ
二人から始まる

しあわせ 分けなさい
これからの人生
涙も分けなさい
誓いを永遠に…

君のことを
大切に育ててくれた日々は
愛してくれる
未来の人に
このバトンを渡すため

しあわせ 分けなさい
家族や友達に
そして甘えなさい
みんなが見守ってる

君が笑う
彼が笑う
パパもママも
君が笑えば
みんなが笑う

しあわせ 分けなさい
これからの人生
涙も分けなさい
誓いを永遠に…

しあわせ 分けなさい
まわりの人たちに
君がしあわせなら
みんな しあわせになる
みんな しあわせになる

AKB48 新曲「しあわせを分けなさい」の感想/コメント/意味
ゼクシィの新CM&CMソング発表会、AKB48の新曲「しあわせを分けなさい」がCMソングになって、
歌唱メンバーは選抜総選挙の結果を受けて決定とのこと。
曲を聴いた感じでは、ゆきりんに一番合っているし、
新潟開催もあって1位はほぼ決まった予感。

渋谷のさしこ再放送終わりに箭内さんが指原さんに頼んで良かったって仰ってたよ(^_^)「率直だけど構えてない」って♪ 新潟のホテルとれたから総選挙見に行かれるって!『しあわせを分けなさい』作曲者の前で良い結果出したいね(^o^) 幸せソングっぽいが(笑)

AKBの新曲『翼はいらない』発売前に次のシングル曲(総選挙1~16位選抜)決まるw『しあわせを分けなさい 』とりあえず作曲家と編曲者のコンビで仮歌OA。これもC/Wにおまけで入れるのはどうでしょうか?そう言えばNGTまだデビューしていないけどJR東日本とタイアップしているし

『しあわせを分けなさい』のセンター 、莉乃ちゃんにするって言ってる人たくさんいるけどこれって表題曲確定なの?💭 なんかどのニュースもあやふやでUGの可能性とかもあるって思ってたんだけど😂😂😂

AKB48の楽曲『しあわせを分けなさい』が結婚情報誌『ゼクシィ』の新CMソングに起用された。20日都内で行われた会見で発表され、同曲は6月18日に行われる「AKB48 45thシングル選抜総選挙」の結果で歌唱メンバーが決定する。” あ、そういう感じなのね

箭内は今回のCMソング「しあわせを分けなさい」が「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の選抜メンバーが歌う楽曲になることを説明した。この曲では作曲を箭内、作詞を秋元康、編曲を亀田誠治が担当。選抜メンバーが決定するまでのデモ版を箭内と亀田が歌唱していることがアナウンスされた。

莉乃ちゃんセンターになったら しあわせを分けなさい♡ って感じの曲じゃなくて 他人の幸せは喜べない~♪ってゆう曲にすれば結婚曲HKTとかぶらないよ

AKB48 新曲「しあわせを分けなさい」の情報
本日5月20日に東京都内で実施された「『ゼクシィ』新CM&新CMソング発表会」に、CMソングを歌唱するAKB48のメンバーが登壇した。

発表会の前半はCMの出演者である吉岡里帆、戸塚純貴、雑誌「ゼクシィ」の平山彩子編集長、CMの監督を担当した箭内道彦の4人がトークセッションを展開。出演者を決めるオーディションやCM撮影の際のエピソードを話し、CMが完成するまでの過程を紹介した。吉岡はパートナー役である戸塚について「撮影前からこの人とならいい作品ができると確信していました」と話すなど、CMで夫婦役を演じる2人が仲睦まじい関係にあることを伺わせた。

CMソングの話題になるとAKB48より横山由依(AKB48チームA)、柏木由紀(AKB48チームB、NGT48チームNIII)、島崎遥香(AKB48チームA)、加藤玲奈(AKB48チームB)、入山杏奈(AKB48チームA)の5人が登場。箭内は今回のCMソング「しあわせを分けなさい」が、6月18日に新潟・HARD OFF ECOスタジアム新潟で実施されるAKB48のイベント「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の選抜メンバーが歌う楽曲になることを説明した。この曲では作曲を箭内、作詞を秋元康、編曲を亀田誠治が担当。また選抜メンバーが決定するまでのデモ版を箭内と亀田が歌唱していることがアナウンスされた。柏木が「発表前のAKB48の曲をほかの方が歌うことは初めてなのでとても新鮮です」と話すと、箭内は今回の企画の発案が秋元であることに触れ「ヒドいよね! (秋元さんは)変なこと考えるよ」と笑いながら返していた。

出席者:吉岡里帆、戸塚純貴、AKB48(横山由依、柏木由紀、島崎遥香、入山杏奈、­加藤玲奈)、箭内道彦

AKB48
エイケイビーフォーティエイト

秋元康プロデュースのもと、2005年に始動した次世代型アイドルグループ。劇場に足を運べば毎日会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で、チームA、チームK、チームB、チーム4が毎日ステージを行っている。楽曲はすべて秋元康が作詞を担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、いきなりオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2008年にはレーベルを移籍し、同年10月にシングル「大声ダイヤモンド」をリリース。チャート初登場3位を記録し、着実に人気を高めていく。2009年4月には、アイドリング!!!とのコラボユニット「AKBアイドリング!!!」として、シングル「チューしようぜ!」も発売。オリコンウィークリーチャート初登場2位にランクインし、話題を集めた。同年7月にはシングル曲の選抜メンバーを決定する選抜総選挙を、ファン投票により実施。8月には初の日本武道館公演も実現し、10月リリースの14thシングル「RIVER」は、初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。

2010年には各チームのメンバー編成をシャッフル。同年2月の15thシングル「桜の栞」、4月のアルバム「神曲たち」も1位を記録し、それぞれ30万枚を超えるヒットとなった。さらに、5月発売の16thシングル「ポニーテールとシュシュ」、8月発売の17thシングル「ヘビーローテーション」はそれぞれ発売1週目に売り上げ50万枚を突破。横浜アリーナや代々木体育館での単独ライブのほか、9月には日本武道館で19thシングルに参加する選抜メンバーを決めるじゃんけん大会も行われ、大きな注目を集めた。10月リリースの18thシングル「Beginner」は発売初週に80万枚を超えるセールスを記録。2011年1月末までに売上100万枚を突破した。

2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。2月発売の20thシングル「桜の木になろう」、5月発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」はともにミリオンセールスを達成した。同年7月には西武ドームで初のスタジアム公演を行い、3日間で合計9万人の動員を記録。8月には第3回AKB48選抜総選挙での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げ話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」、12月には第2回じゃんけん大会によって選出された選抜メンバーによるシングル「上からマリコ」を発表。ともにミリオンセールスを記録し、その結果2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となった。

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

しあわせを分けなさい

しあわせを分けなさい

AKB48 新曲 しあわせを分けなさい 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -