槇原敬之 新曲 理由

槇原敬之 理由

JP歌詞

「はじめまして、愛しています。」の主題歌
発売日: 2016年8月24日
歌手:槇原敬之
作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之
歌詞:
誰かの幸せが自分の
幸せなんだと思って
追い求めていたものなのに
諦めそうになるなんて
何かを信じていく事は
容易い事じゃなかった
僕が思うよりもずっとずっと
努力が必要なんだ

そう分かったあとでもまだ
諦めきれないのは

自分で好きになれる
自分でいられるのは
誇りを持てるような
自分でいられるのは
正しい心であろうと
何かを信じながら
頑張ってる時だけ
その時だけだから

自分を信じて頑張る
勝つと信じて向かっていく
愛するあなたを信じてる
神様を信じてる
それは全てそこにあるかも
分からないようなものばかり
僕が思うよりも信じる事は
努力が必要なんだ

それでも僕たちがまだ
諦められないのは

自分で好きになれる
自分でいられるのは
誇りを持てるような
自分でいられるのは
正しい心であろうと
何かを信じながら
頑張ってる時だけ
その時だけだから

それでも僕たちがまだ
諦めきれないのは

自分で好きになれる
自分でいられるのは
誇りを持てるような
自分でいられるのは
正しい心であろうと
何かを信じながら
頑張ってる時だけ
その時だけだから

これがたぶんきっと
その理由だ

槇原敬之 新曲 理由

槇原敬之 新曲 理由

ROMAJI
Dare ka no shiawase ga jibun no
shiawase na n da to omotte
oimotome te i ta mono na noni
akirame sō ni naru nante
nani ka o shinji te iku koto wa
tayasui koto ja nakatta
boku ga omou yori mo zutto zutto
doryoku ga hitsuyō na n da

sō wakatta ato de mo mada
akiramekire nai no wa

jibun de suki ni nareru
jibun de irareru no wa
hokori o moteru yō na
jibun de irareru no wa
tadashii kokoro de aro u to
nani ka o shinji nagara
ganbatteru toki dake
sono toki dake da kara

jibun o shinji te ganbaru
katsu to shinji te mukatte iku
aisuru anata o shinjiteru
kamisama o shinjiteru
sore wa subete soko ni aru kamo
wakara nai yō na mono bakari
boku ga omou yori mo shinjiru koto wa
doryoku ga hitsuyō na n da

soredemo boku tachi ga mada
akiramerare nai no wa

jibun de suki ni nareru
jibun de irareru no wa
hokori o moteru yō na
jibun de irareru no wa
tadashii kokoro de aro u to
nani ka o shinji nagara
ganbatteru toki dake
sono toki dake da kara

soredemo boku tachi ga mada
akiramekire nai no wa

jibun de suki ni nareru
jibun de irareru no wa
hokori o moteru yō na
jibun de irareru no wa
tadashii kokoro de aro u to
nani ka o shinji nagara
ganbatteru toki dake
sono toki dake da kara

kore ga tabun kitto
sono riyū da
槇原敬之 理由 の情報/感想/コメント/意味
槇原敬之が7月14日(木)21:00から放送されるテレビ朝日系の新ドラマ「はじめまして、愛しています。」の主題歌として新曲「理由」を書き下ろした。

槇原敬之 コメント

今回はドラマの主題歌のお話をいただいたときに、脚本の遊川和彦さんと直接お話しさせてもらう機会をいただきました。遊川さんのその志というか目指しているものが、僭越ながら自分が考えているところにとても近く、初めて心からフォローアップできる方と出会えたなという喜びを感じたんですが、一方で「遊川さんの作品に求められているもの」プラス「自分らしさを織り込んだもの」がはたして作れるのだろうかという不安に襲われました。
曲をつけるのは早い僕も、今回は4つまったく違うメロディーのサビを作るほど慎重になってしまったのですが、ああいうメロディーにすればよかったと後悔しないように試行錯誤を繰り返しました。結局最初に作ったメロディーにもどって、自分の中でも腑に落ちた感じがしましたが。(笑)
詞については、世の中には「何かを信じてがんばる」というような、がんばるほうにフォーカスをあてた曲が多いように感じているのですが、今回は「信じるということこそ努力が必要で、じつは一番たいへんなんだ」という思いを歌詞に込めました。実態のないものを信じることの難しさを表現しています。
サウンド自体は楽しいんですけど、よく聴くと少し暗いというか、信じることについて考えを巡らしたくなるような歌になっていると思います。
この曲がこのドラマの主題歌として何かのお役になれたらいいなと思いますし、聴いてくださる人の新しい考え方のきっかけになってもらえたらと願っています。

槇原敬之
マキハラノリユキ
1969年大阪府生まれのシンガーソングライター。1990年にデビューし、1991年の3rdシングル「どんなときも。」がミリオンセラーを記録。その後も「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」「僕が一番欲しかったもの」などヒット曲を連発し、2004年にはアルバム総売上枚数が1000万枚突破の快挙を遂げる。2010年11月には自主レーベル「Buppu Label」を立ち上げ、リリースを続けている。2014年は1月にカバーアルバム「Listen To The Music 3」、2月にシングル「Life Goes On~like nonstop music~」をリリースした。また他アーティストへの楽曲提供も多数あり、代表作はSMAPの「世界に一つだけの花」など。

槇原敬之 新曲 理由 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -