YUKI 新曲 ポストに声を投げ入れて

ポストに声を投げ入れて

JP歌詞

ポケモン主題歌
ユキ YUKI 新曲「ポストに声を投げ入れて
発売日: 2016年7月13日
歌手:YUKI
作詞:YUKI
作曲:横山裕章
歌詞:
まじめな顔して笑わせてよ いつでもそう 君が教えてくれたんだ
しかめっつら けんかしても仲直り 風に吹かれて歩く 夕焼け 遊歩道
足跡のうしろを着いていけば 君の哀しみに辿り着いた
空を見上げた ちぎれ雲がひとつ 君んちのポストに投げ入れた
そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先
希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを
君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて
世界中のドアを叩いておどけては まじめな顔して ひらり 笑わせてくれよ
君の手紙 お守りのように 離れた今も 時々読み返してみる
夏、秋、冬、春になっても僕らは あの坂道の途中で 並んで歩いている
跳ね石遊び 遠くまで飛んだ 水面にピカピカ 太陽の子供たち
夜空見上げた 流れ星がひとつ いつか出会う 君へのお土産に
冒険は君とはじめてを つなぐ ラ・ラ・ラ むすんで ひらく 掌
未来は眩しくて 上手く描けないけど 消しゴムで消して 何度でも
僕は僕を 君のいる世界を ラ・ラ・ラ 大切にしていたいから
分け合うんだ 好きな場所 好きな人や物 書き出した便箋の文字 踊ってるみたい
勇敢な君が 今日を笑って生きてる それだけで僕は嬉しくなる
ありがとう 七色の虹をりぼんに結んで 君んちのポストに投げ入れた
そうやって僕らは声を届けよう ラ・ラ・ラ まぶたに書いた宛先
希望のような歌を 花のような願いを 涙で濡れてる さようならを
君は荒野を駆け巡る風 ラ・ラ・ラ 旅人の髪を撫でて
世界中のドアを叩いておどけてる まじめな顔して また ひらり 笑わせてくれよ
笑わせてくれよ

YUKI ポストに声を投げ入れて

YUKI ポストに声を投げ入れて

YUKI 新曲「ポストに声を投げ入れて」の情報
歌手のYUKI(44)が、人気アニメの劇場版「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」(7月16日公開)の主題歌を手がけることが6日、分かった。毎年300万人以上を動員するアニメ映画で、過去に安室奈美恵や「いきものがかり」らが主題歌を務め、今回が19代目となる。
YUKIの新曲「ポストに声を投げ入れて」が映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」の主題歌として使用される。
本作では不思議な鎖でつながれ離れられなくなったサトシと幻のポケモン・ボルケニオンを軸に、未知なる力を秘めた人造ポケモン・マギアナを巡る熱いバトルが描かれる。映画の脚本を読んでから歌詞を書いたという主題歌について、YUKIは「私は手紙が好きです。ポストに投げ入れる時、相手の顔を必ず思い浮かべるからです。そしてその顔は、いつも笑っています。自分以外の人の事を大切に想うこと、それは、自分自身を好きでいることと同じです。きっとボルケニオンは、こんな気持ちなのではないかなぁと思い、書きました」とコメント。また映画のエグゼクティブプロデューサー・岡本順哉氏は「この曲のイントロではYUKIさんらしく、音で『機巧(からくり)』を表現してくれています。どんな音かはぜひ劇場で確かめて下さい!」と呼びかけている。

4月14日(木)7:05から放送されるテレビ東京系「おはスタ」では「ポストに声を投げ入れて」を使用した予告映像をいち早くオンエア。映画は7月16日より全国公開される。

ストーリー ―
旅をするサトシたちの前に、空から突然大きなポケモンが降ってきた!落下の衝撃で土煙­が舞う中あらわれたのは、幻のポケモン・ボルケニオン。人里離れた「ネーベル高原」で­、人間に傷つけられたポケモンたちと共に暮らすボルケニオンは、実は人間たちのことが­大嫌い。
サトシたちをよそに急いで立ち去ろうとするボルケニオンだが、なぜかサトシまで一緒に­引っ張られてしまう。駆け出すボルケニオンと引きずられるサトシ。なんと二人は不思議­な鎖で、いつのまにか繋がってしまっていたのだ! これでは離れたくても離れられない。仕方なくボルケニオンは衝突してばかりのサトシを­引きずりながら「アゾット王国」を目指して走り始めた。
一方で、巨大な歯車がまわり続ける超カラクリ都市・アゾット王国の大臣ジャービスは、­長年探し求めていた究極の発明を手に入れていた。それは500年前に王国で生み出され­、行方不明となっていた人造ポケモン・マギアナと、そのマギアナに宿るといわれる「ソ­ウルハート」という未知なる力。ジャービスはその力を利用して、王国を支配しようとた­くらみ、ボルケニオンは、ネーベル高原から連れ去られたマギアナを取り戻そうとしてい­たのだ!
「やっぱり人間は許せねえ!」
はたして繋がれたままのサトシとボルケニオンは、力を合わせ、マギアナを助け出すこと­ができるのか? そして「ソウルハート」に秘められた、本当の力とは? 今、ポケモン史上最も熱いバトルが始まる!

YUKI 新曲「ポストに声を投げ入れて」の感想/コメント/意味

YUKI コメント
この度、主題歌のお話を頂いて脚本を読み、詞を書きました。
とても光栄です。ありがとうございます。
私は手紙が好きです。ポストに投げ入れる時、相手の顔を必ず思い浮かべるからです。そしてその顔は、いつも笑っています。自分以外の人の事を大切に想うこと、
それは、自分自身を好きでいることと同じです。
きっとボルケニオンは、こんな気持ちなのではないかなぁと思い、書きました。
この歌を、全ての“僕”と“君”へ贈ります。風に乗って、届きますように。

エグゼクティブプロデューサー・岡本順哉氏 コメント
今回、我々にとって念願だったYUKIさんに主題歌のオファーを受けて頂けると聞いて、心の底から興奮しました。そして、心待ちにしていた楽曲を聴かせて頂いた時に、その興奮は、喜びと感動へと変わりました。
優しさと冒険心を併せ持ち、最後に胸の奥を暖かくしてくれるこの楽曲は、映画のタイトルでも使っている「機巧(からくり)」という、どこかアナログな手触りを感じさせる言葉すら、見事に表現してくれています。
映画にとって極上の主題歌があるというのは、サトシにとってのピカチュウと同じく、最高のパートナーを得たのと同義です。夏休み、子供たちが主題歌を口ずさみながら劇場から出てくる光景が、今から楽しみで仕方ありません。
最後に、この曲のイントロではYUKIさんらしく、音で「機巧(からくり)」を表現してくれています。どんな音かはぜひ劇場で確かめて下さい!

YUKIちゃんの新曲”ポストに声を投げ入れて”が
ポケモンの映画の主題歌になるのか!!!!
すごい違和感たっぷりだけど
可愛いからなんでもよい!!!
4/14のおはスタで早起きしたら聴けるのね
感動のクライマックスにピッタリのミディアムバラードだ。アニメ映画の主題歌は「NARUTO」以来12年ぶり。

YUKI
ユキ
1972年生まれ、北海道出身の女性シンガー。1993年にJUDY AND MARYのボーカリストとしてデビュー。2001年の解散までに、数々のヒット曲・名アルバムを発表する。2002年にシングル「the end of shite」で本格的なソロ活動をスタート。2012年2月には10周年を記念したシングルコレクションアルバム「POWERS OF TEN」を、11月にはカップリング曲を集めた「BETWEEN THE TEN」を発表した。また同年には日本武道館2DAYSを含む全国ツアー「YUKI TOUR“BEATS OF TEN”」を行ったほか、東京ドームでワンマンライブも開催した。2014年9月17日に約3年ぶりとなるオリジナルアルバム「FLY」をリリース。10月12日より全国ツアー「YUKI concert tour“Flyin’ High”’14~’15」をスタートさせる。

YUKI 新曲 ポストに声を投げ入れて 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -