平井堅 Plus One – グッドパートナー 無敵の弁護士 主題歌

Plus One

JP歌詞

Plus One(プラスワン)
プラスワン
竹野内豊主演の弁護士ドラマに主題歌
平井堅 新曲「Plus One
発売日:2016年5月25日
歌手:平井堅
作詞:平井堅
作曲:平井堅
歌詞:
Can I be your plus one ? Can I be your sweet one ?
Can I be your only only only one ?
君がいないと淋しい だから隣で邪魔していて
笑っていて

オブラートが溶けちゃった 君の言葉にカチンときて
ふと見た空は何故か いつもより青く見えた

好きと嫌い両手に持って この心に居座っている
今度はどんな文句だ 一度くらいは褒めてくれよ

乾いたシャツに矛盾を隠した夜は
自分がしぼんでく気がして そんな時最初に何故か浮かぶんだ
可愛さ半分 憎さ百倍 笑顔の君が

Can I be your plus one ? Can I be your sweet one ?
Can I be your only only only one ?
君がいないとつまらない やたら静かすぎる世界
運命だなんて 口が裂けても 言えないけど
You’re the only only one

君がいないと淋しい だから隣で邪魔していて
笑っていて

窓の外を眺めて ビルの隙間を探している
元気ない君を見ると 胸の奥が痛くなるんだ

紙のコップにため息を注ぐ夜は
からっぽな気持ちになるよね そんな時はいつでも僕を呼んでよ
涙声でも 八つ当たりでも そばにいるから

Can I be your plus one ? Can I be your sweet one ?
Can I be your only only only one ?
君の涙は悲しい だから止まるまで離れない
運命だなんて 口が裂けても 言えないけど
You’re the only only one

君がいないと淋しい だから隣で邪魔していて
笑っていて

君がいないと何か足りないんだMy plus one
可愛さ半分 憎さ百倍 そう 君じゃなきゃ

Can I be your plus one ? Can I be your sweet one ?
Can I be your only only only one ?

君がいないとつまらない やたら静かすぎる世界
運命だなんて 口が裂けても 言えないけど
You’re the only only one
君がいないと淋しい だから隣で邪魔していて
笑っていて

平井堅 Plus One

平井堅 Plus One


平井堅 新曲「Plus One」の情報
平井 堅の新曲「Plus One」が
4月21日からスタートするテレビ朝日木曜9時の連続ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」の主題歌に決定しました!
「Plus One」は平井堅、通算39枚目のNEW SINGLEとして5月25日に発売決定!
さらに同シングルには伊勢志摩サミット応援ソングも併せて収録されます!
「Plus One」は5月25日にリリースされる両A面シングルの表題曲の1つで、ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」の主題歌としてオンエアされている。「90年代的なカラフルなビニールワールド」というコンセプトを掲げて作られたMVは、清水康彦が監督を担当。ビニール製の半透明のシャツを着た平井が、ダンサーと共に軽快にステップを踏むシーンなどを盛り込んだ内容となっている。平井は「ダンサーの皆さんと同じく僕もすけすけのビニールのシャツを着てますが、セットもパステルなプラスチックで出来ていてファンタジックな世界になってます」とコメントしている。

なお、平井は「Plus One」に続き、6月22日に40作目のシングル「魔法って言っていいかな?」をリリースする。

【テレビ朝日 三輪祐見子ゼネラルプロデューサー コメント】
もともと私自身、平井さんの楽曲は大好きで、今回の木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」の主題歌をお引き受けくださり、とても嬉しく思っております。
今回のドラマは、企業の法律問題を扱う弁護士のドラマですが、竹野内さんと松雪さんの元夫婦のホームドラマ要素もふんだんに盛り込まれています。平井さんには台本をお読みいただき、トラブルを解決へと導く弁護士ドラマとしての爽快感と元夫婦の大人のラブを主題歌で表現していただきました。
働く男のかっこよさや、大切な人へのせつない思い、元夫婦の微妙な距離感をうたった一味違ったラブソングが出来上がり、スタッフ出演者一同、大満足しています。本当にありがとうございました!!

4月21日(木)よる9時スタート
主演:竹野内豊
脚本:福田靖 ドラマ『DOCTORS~最強の名医』『HERO』『海猿』『救命病棟24時』映画『容疑者Xの献身』

平井堅 新曲「Plus One」の感想/コメント/意味
平井堅 コメント
主演の竹野内豊さんはじめ、自分が今まで視聴者としてずっと見てきた素敵な役者の皆さんが出演されるドラマに主題歌として関わらせていただきとても感謝しております。実際に脚本を読ませていただいたり、タイトルを聞いて、肝となるのは竹野内さん、松雪さんの二人の関係性がこのドラマのキーとなるんじゃないかと思って、二人が喧々諤々の憎まれ口を叩き合いながらも、いないとやっぱり人生の何かが足りない、そういうかけがえない存在というのを歌った『Plus One』という曲なのですが、嫌なことを言われると、単純に腹が立つんだけどそういうことを言い合える関係というのが実は人生において一番大切な関係なのかなと。そういう二人を思い描きながら書きました。実際の放送を自分の歌が流れるのを待ちながら、そして1視聴者としてもドラマの放送を毎週楽しみたいと思います。撮影頑張ってください!!

今回のMUSIC VIDEOのコンセプトが“90年代的なカラフルなビニールワールド”ということでダンサーの皆さんと同じく僕もすけすけのビニールのシャツを着てますが、セットもパステルなプラスチックで出来ていてファンタジックな世界になってます。そして、歌詞の中で「かわいさ半分憎さ百倍」と歌っているように、好き嫌い両面を描くためにブライトな部分とダークな部分が織り交ぜられた作品で完成が楽しみです。

「グッドパートナー 無敵の弁護士」は竹野内豊主演の“法務&ホーム”ドラマで、竹野内の相手役として松雪泰子が出演する。平井がこのドラマに提供したのは新曲「Plus One」。彼はこの曲について、「実際に脚本を読ませていただいたり、タイトルを聞いて、肝となるのは竹野内さん、松雪さんの二人の関係性がこのドラマのキーとなるんじゃないかと思って、二人が喧々諤々の憎まれ口を叩き合いながらも、いないとやっぱり人生の何かが足りない、そういうかけがえない存在というのを歌った」とコメントしている。

平井堅
ヒライケン
1972年大阪生まれのシンガーソングライター。大学在学中にソニーミュージックのオーディションに入選したのをきっかけに、1995年にシングル「Precious Junk」でデビュー。2000年にリリースしたシングル「楽園」がヒットを記録し、その卓越した歌唱力と完成度の高い楽曲で一躍トップシンガーの仲間入りを果たす。2002年には童謡「大きな古時計」のカバーで世代を超えた人気を獲得。その後も「瞳をとじて」「POP STAR」など多くの楽曲をヒットチャートに送り込んでいる。また「Ken’s Bar」と題したアコースティックライブシリーズを自身のライフワークとして定期的に開催しており、同タイトルのカバーアルバムも3作発表。フェイバリットアーティストはダニー・ハサウェイ。

竹野内豊
モデルの経験があり、「ザッツ!・上岡龍太郎vs50人」(TBS)のモデルについてのコーナーにて出演。その後俳優となり、数々のドラマに出演するようになる。
1994年放送のテレビドラマ『ボクの就職』にて俳優デビュー。
2003年放送の『ヤンキー母校に帰る』では義家弘介をモデルにした元ヤンキーの熱血教師という史上初のこれまでにない硬派な役を演じる。
2010年2月よりレナウンの男性向けブランド「D’URBAN(ダーバン)」のイメージキャラクターを務める。
2010年10月放送の『流れ星』で、9年振りにフジテレビ月9ドラマに主演。

松雪泰子
1972年 佐賀県出身。血液型O型
91年に女優デビュー。
その後、数々のドラマ、映画、CM、舞台など幅広く活動。

主演した映画『フラガール』では、第30回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞、第19回日刊スポーツ映画大賞最優秀主演女優賞を受賞した。
08年には『デトロイト・メタル・シティ』、『容疑者Xの献身』で第32回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

主な出演作品にドラマ『Mother』(日本テレビ)、大河ドラマ『平清盛』(NHK)、『家族狩り』(TBS)、『5人のジュンコ』(WOWOW)。
映画『この空の花』(大林宣彦監督)、『脳男』(瀧本智行監督)『at Home』(蝶野博監督)。
舞台『シダの群れ』(演出 岩松了)、『背信』(演出 長塚圭史)、『キレイ~神様と待ち合わせした女~』(演出 松尾スズキ)、『五右衛門VS轟天』(演出 いのうえひでのり)など。

平井堅 Plus One – グッドパートナー 無敵の弁護士 主題歌 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -