竹達彩奈 新曲 Miss.Revolutionist

Miss.Revolutionist

JP歌詞

発売日:2016年6月22日
作詞:藤林聖
作曲:神前暁(MONACA)
編曲:神前暁(MONACA)

竹達彩奈 新曲「Miss.Revolutionist 」の感想/コメント/意味

作詞は藤林聖子。歌詞の世界観を表す設定舞台はパラレルワールドの20XX年。人間とレプリカントが入り混じり、誰もが誰かを監視するような猜疑心に満ちた世界。異端者が見つかれば、個人情報を晒され、匿名の正義たちが攻撃のチャンスをうかがっている。そんな自由を奪われた世界で、レプリカントのように感情を持たない=感情を殺して過ごすのはもう嫌だと、立ち上がる少女がいた。次々と彼女に賛同し、後を追うフォロワーたちは彼女を守るため実名を避け、Codename :Miss. Revolutionistと呼んだ。ただし。…彼女自身がレプリカントではない証明はどこにもない—。

彩奈ちゃんの 「MISS.REVOLUTIONIST」 このジャケット画は すごく綺麗でかっこいい♪ そしてやっぱり思った 彩奈ちゃんも きちんと描かねばならない。 何故かここ最近の あやちさんは すごく「見てる」感がすごい! GETWILD ひとりでは解けない碧のパズル でも?

竹達彩奈さんのNEWシングル、「MISS. REVOLUTIONIST」に決定しましたね!! 今までに見たことのないほどカッコイイ竹達さんが堪能出来る、素晴らしい名盤の予感で今から震えが止まりません(((o(*゚▽゚*)o)))

俺も某プロデューサーと同じで、いつ死んでもいい的な生き方してるが、6月18日までは、まだ死ねない。 だがしかし Miss. RevolutionistのMV見たら、いろいろ搾り取られてたぶん死ぬ。

竹達彩奈 新曲「Miss.Revolutionist 」の情報
竹達彩奈さんの9枚目となるシングル「Miss. Revolutionist」のミュージックビデオが公開されました。

ミュージックビデオの舞台設定は、藤林聖子さんが手がけた歌詞の世界観を表すようなパラレルワールド・20XX年。人間とレプリカントが入り混じり、誰もが誰かを監視するような自由を奪われた世界で、レプリカントのように感情を持たない=感情を殺して過ごすのはもう嫌だと立ち上がる少女“Codename :Miss. Revolutionist”を竹達さんが演じています。

監督は、前作「Hey!カロリーQueen」でもメガホンを握った、アマナ異次元の篠田利隆さん。“革命×スチームパンク×近未来”という楽曲の世界観を見事に演出しています。

映像中には、サウンド面で竹達さんをバックアップしているPianoの小林俊太郎さん、Bassの沖井礼二さん(TWEEDEES)、Guitarの木暮晋也さん、シミズコウヘイさん(カラスは真っ白)、Drumsの白根佳尚さんという豪華メンバーによる“チーム竹達”も参加。楽曲の世界観にマッチしたバンドマンとして登場しています。

竹達彩奈
タケタツアヤナ
埼玉県出身の声優アーティスト。2009年放送のテレビアニメ「けいおん!」中野梓役で大きな注目を集める。「けいおん!」から派生したユニット「放課後ティータイム」では数々のヒット曲を生み、2009年12月には神奈川・横浜アリーナ、2011年2月には埼玉・さいたまスーパーアリーナにてコンサートを行った。2012年4月には初の個人名義によるシングル「Sinfonia! Sinfonia!!!」でソロアーティストとしてデビュー。同年9月には2ndシングル「♪(おんぷ)の国のアリス」、2013年1月には筒美京平書き下ろしの3rdシングル「時空ツアーズ」をリリースした。2013年4月10日に1stアルバム「apple symphony」を発表し、同年6月23日には東京・TOKYO DOME CITY HALLにて初のワンマンライブを大成功に収めた。2014年6月には通算5枚目となるニューシングル「わんだふるワールド」をリリース。

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

Miss.Revolutionist

Miss.Revolutionist

竹達彩奈 新曲 Miss.Revolutionist 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -