東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama 道なき道、反骨の

道なき道、反骨の

JP歌詞
東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama 新曲「道なき道、反骨の
発売日:2016年6月22日
歌手:東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama
作詞:谷中敦
作曲:川上つよし
歌詞:
恨まずに終わりにしようか
嫌な夢

真っ暗なトンネルの中
思いっ切り踏み込んでく
制御不能最高速で前しか見えねえ
たった少し開いてた天国の
扉見つけたなら
その瞬間足突っ込んでこじ開けろ

悲しいこと振り切りたくて
走り続けているだけさ

いいことばかりじゃないが
お前を連れてゆきたい

俺たちの時代も未来は
見えなかった

夢一つあとは何一つ
望まない

道なき道 反骨の
神様の背中を見てた

いいことばかりじゃないが
お前を連れてゆきたい

臆病な卑怯者たちや
嘘つきは置き去りにして

走れ一人で泣くときも
涙は後ろ、体は前へ

俺たちの時代も未来は
見えなかった

夢一つあとは何一つ
望まないさ

恨まずに終わりにしようぜ
嫌な夢を

悲しき日々

越えられるか

悲しき日々

忘れないさ

悲しき日々

越えられるさ

悲しき日々
ROMAJI
Urama zu ni owari ni shiyo u ka
iya na yume

makkura na tonneru no naka
omoikkiri fumikon de ku
seigyo funō saikō soku de mae shika mie nē
tatta sukoshi hiraite ta tengoku no
tobira mitsuke ta nara
sono shunkan ashi tsukkon de kojiakero

kanashii koto furikiri taku te
hashiritsuzuke te iru dake sa

ii koto bakari ja nai ga
omae o tsure te yuki tai

ore tachi no jidai mo mirai wa
mie nakatta

yume hitotsu ato wa nanihitotsu
nozoma nai

michi naki michi hankotsu no
kamisama no senaka o mite ta

ii koto bakari ja nai ga
omae o tsure te yuki tai

okubyō na hikyō sha tachi ya
usotsuki wa okizari ni shi te

hashire ichi nin de naku toki mo
namida wa ushiro, karada wa mae e

ore tachi no jidai mo mirai wa
mie nakatta

yume hitotsu ato wa nanihitotsu
nozoma nai sa

urama zu ni owari ni shiyo u ze
iya na yume o

kanashiki hibi

koerareru ka

kanashiki hibi

wasure nai sa

kanashiki hibi

koerareru sa

kanashiki hibi

道なき道、反骨の

道なき道、反骨の


東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama 新曲「道なき道、反骨の」の情報
6月22日にニューシングル「道なき道、反骨の。」発売決定!
最新作はKen Yokoyamaを迎えて制作された、歌モノキラースカチューン!!
シングルの表題曲は作詞を谷中敦(Baritone Sax)、作曲を川上つよし(B)が手がけたナンバー。歌詞は日本語でつづられており、これがKen Yokoyamaが初めて日本語詞で歌うオリジナル楽曲となる。同曲について谷中は「僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。彼らの生き様には社会人として不適切な行動があったとしても、世俗的な時流や不当な権力に対して抗う姿に、閃きや気づき、世の中を新しくしていこうという生命力の輝きを感じたのです。今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、敢えて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです」と思いを語っている。

東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama 新曲「道なき道、反骨の」の感想/コメント/意味
「道なき道、反骨の。」は6月25日に公開される映画「日本で一番悪い奴ら」の主題歌に決定している。この映画は白石和彌が監督を務める、警察を舞台にした物語。綾野剛が主役を演じ、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧、中村獅童といった面々が出演する。YouTubeでは同曲を使用した映画の予告編が公開された。なお横山が映画の主題歌を歌うのも今回が初めてとなる。
なおシングルには表題曲のほか、さかなクンとのコラボで話題を集めている「キリン氷結」のCMソング「Paradise Has No Border」を収録。DVDには表題曲のミュージックビデオなどが収録される。

谷中敦(Baritone sax)コメント
僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。彼らの生き様には社会人として不適切な行動があったとしても、世俗的な時流や不当な権力に対して抗う姿に、閃きや気づき、世の中を新しくしていこうという生命力の輝きを感じたのです。今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、敢えて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです。夢を持って時流に反骨し、挫折しながら世の中を学び、仲間の大切さを知る。これは人生に於いてとても大切なプロセスだと思うのです。

綾野剛 コメント
諸星要一として、一言。最後の最期で、正しい道を示して頂けました。感謝の極みです。

白石和彌監督 コメント
もう最高な奇跡のコラボに一瞬にして体温が跳ね上がります!
主人公・諸星がノンストップでまさに道なき道を切り開き、人生を疾走させていく!
たとえそれが間違った道であれ人生にあと戻りはないのだ!
この曲を聴いて僕自身映画の見え方がまた違った色を帯びました!
まさに諸星の人生を体現し、そして映画に新たな熱と速度をもたらしてくれる素晴らしい曲です!お楽しみに!

東京スカパラダイスオーケストラ
トウキョウスカパラダイスオーケストラ
NARGO(Tp)、北原雅彦(Tb)、GAMO(Tenor sax)、谷中敦(Baritone sax)、沖祐市(Key)、川上つよし(B)、加藤隆志(G)、大森はじめ(Per)、茂木欣一(Dr)からなる、日本国内のみならず諸外国にて多数の公演も行う、日本が世界に誇るスカバンド。2013年12月からはデビュー25周年の一環として亀田誠治をプロデューサーに迎えた「バンドコラボ3部作」を展開し、10-FEET、MONGOL800、ASIAN KUNG-FU GENERATIONとのコラボシングルをリリースした。2015年3月にはベストアルバム「The Last」の発表と東京・日本武道館公演を実施。7月にクリープハイプの尾崎世界観(Vo, G)との共作シングル「爆音ラヴソング / めくったオレンジ」をリリースした。

Ken Yokoyama
ケンヨコヤマ
1969年10月1日生まれ。Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリスト。2004年にソロアーティストとしての活動を開始し、Ken Yokoyama名義によるアルバム「The Cost Of My Freedom」をリリースした。Ken Bandとしてライブ活動を開始してからも、2005年の2ndアルバム「Nothin’ But Sausage」をはじめ定期的に作品を発表。2008年1月に初の東京・日本武道館公演を実施したほか、2010年10月には「DEAD AT BAY AREA」と題したアリーナライブを神戸と幕張で敢行した。2011年にはHi-STANDARDのライブ活動再開や「AIR JAM 2011」開催など、ソロ以外の活動も続々展開。2012年11月に5thアルバム「Best Wishes」をリリースした。2013年11月にはドキュメンタリー映画「横山健 -疾風勁草(しっぷうけいそう)編-」が全国60館の劇場にて公開され、2014年9月に「Stop The World」を収めたCDが付属したDVD「横山健 -疾風勁草編-」を発売した。2015年7月には8年4カ月ぶりとなるシングル「I Won’t Turn Off My Radio」をリリースし、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演。大きな話題を呼んだ。9月にニューアルバム「Sentimental Trash」を発表し、同月より年をまたいだ全国ツアー「Sentimental Trash Tour」を開催する。

東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama 道なき道、反骨の 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -