安田レイ Message – 逆転裁判 ED

安田レイ Message

JP歌詞

アニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」ED
安田レイ 新曲「Message
発売日: 2016年5月18日
歌手:安田レイ
作詞:SINBYI・Kenji Tamai・Rei Yasuda
作曲:Yusuke Naruse・Kenji Tamai
歌詞
悩みながら つくった“message” 深夜に突然 あなた宛に送った
時々でもいい 私がいつも 側に居る事 思い出して、と

やりきれなくても 後悔ばかりでも ため息つきながら でも進もうとする
あなたがもしも 未来信じる 心無くしかけても 忘れないで

涙のあとには 笑顔がやってくるよ
迷い立ち止まった はずの日々さえも
抱きしめたいくらいに 愛しく感じられる
明日がきっと待ってる 諦めないで
一秒、一秒 夢へと 近づく
光を いっしょに見つめてる

二人で撮った 写真の私は 寄り添ってばかりで 少し頼りないけど
いっしょに誓った 夢のために 何か失う 覚悟があるの

虚しさに似た 坂の途中でも 震える夜を笑い飛ばしてくれる
あなたがもしも 描き続けた 希望が砕けそうでも 怯えないで

涙は乾くよ わたしがいるから
消し去りたい過去も いっしょに連れてゆこう
ぜんぶに意味があって 今が、すべてがある
そのキセキがずっと 途切れないように
一秒、一秒 夢へと 近づく
想いを 両手で抱きしめよう

握り締めた手 離せずにいた
滑り落ちて行く記憶の淵 辿って
もう一度歩いてこう

涙の数だけ やさしくなれるんだよ
迷い立ち止まった はずの日々さえも
確かな足跡 色とりどりのsmiles
明日がきっと待ってる 諦めないで
一秒、一秒 夢へと 近づく
光を いっしょに見つめてる
光を いっしょに見つめてる

安田レイ Message

安田レイ Message


安田レイ 新曲「Message」の情報
安田レイの新曲「Message」が、4月2日(土)より読売テレビ・日本テレビ系で放送されるアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!」のエンディングテーマに決定した。
「Message」は悩んだり立ち止まったりしながらも、夢に向かって前に進み続ける人にエールを送るメッセージソング。安田は「この曲は、夢に向かって頑張っている大切な人を想った一曲になっています。家族、友達、恋人、周りにいる大切な人へのみなさんの想いを、この曲と一緒に届けることが出来たら嬉しいです」と楽曲に込めた思いを述べている。
なお「Message」は、5月18日に安田のニューシングルとしてリリースされることも決定している。

安田レイ 新曲「Message」の感想/コメント/意味
[高橋克則]
『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~』はシリーズ累計本数は560万本を超える法廷ゲーム「逆転裁判」シリーズが原作だ。テレビアニメ版では主人公の新米弁護士・成歩堂龍一をはじめ、人気キャラクターのコミカルな掛け合いや、緊迫の法廷バトルが描かれていく。
大ヒット作のアニメ化だけに期待も大きい。それだけに今回テレビ放送も、土曜日夕方17時半からと子どもから大人まで誰もが観やすい時間となった。放送は読売テレビ・日本テレビ系にて4月2日17時30分よりスタートする。

安田レイ
ヤスダレイ
1993年、アメリカ・ノースカロライナ州で生まれる。3歳で日本へ移住し、10歳の頃に母親が聴いていた宇多田ヒカルの楽曲に衝撃を受けてシンガーを志す。モデル活動を始めたことがきっかけとなり、13歳のときに元気ロケッツのオーディションに合格。架空の女性「Lumi」のモデルとなりボーカリストとしてもプロジェクトに参加する。2013年7月に「Best of my Love」でメジャーデビューを果たし、12月には配信限定で新曲「Let It Snow」を発売。2014年10月、個人名義としては初めてのアルバム「Will」をリリースする。2015年には初のワンマンツアーを成功させ、「恋詩」「Tweedia」「あしたいろ」という3枚のシングルを発表。2016年2月に2ndアルバム「PRISM」をリリースした。

安田レイ Message – 逆転裁判 ED 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -