ももいろクローバーZ マホロバケーション

マホロバケーション

JP歌詞

ももクロ 新曲「マホロバケーション」MV
発売日:2016年2月17日発売
歌手:ももいろクローバーZ
作詞:六ツ見純代
作曲:invisible manners
歌詞:
ユイツムニノタマシイヨ、シンワヘトハバタケ…

一致団結!
合縁!奇縁!感謝祭!さぁ総決算!

よっしゃ!
寄ってらっしゃい!ホラ観てらっしゃい!
アッパレ晴れ舞台(たぎれ!)
那由多輪廻(まわ)って脱皮完了
みんなおかえり~!

てか、ミッション!笑門来福です!
これ天女のお役目なんだ~!
イザ!生粋ポジティブボルテージ!
円陣組み仕上げてくステージ!

ももクロ天国☆ももクロ天国☆一度はおいで!
心の火花で徒花咲かせ向かう!ニルヴァーナ!!

因果律カタルシステム(イッサイ!ガッサイ!)
キミのイタミ、昇華するから!(SHOW MUST GO ON!)
光明辿って理想郷

壊せ!過去未来背負うカルマ(OH~!)
リハなしで本番だ!
自分自身が創造主(YEAH!)
行け!不退転

ここから始まる!マホロバケーション!
一生懸命が一緒の吉祥(SHOW)TIME!
イヤモニつけたら羽衣ヒラリ早変わり~
魅せましょう!
いのちリフレッシュ!マホロバケーション!
楽しさ前提セットリスト
決意が沸き立つ時空天空大ホール
ついておいでよ~!!

五臓六腑へ響き渡れ!(HIGH↑HIGH↑)
時代超越やる気伝承!(IT’S ALRIGHT!)
ハルカカナタのキミにも(ハイ!ハイ!)
私の声ト・ド・ケ!(LET’S GO!)

もっと!
ノセちゃうよ!踊らせちゃうよ!
びっくり上等!なショー!(極み!)
この度胸と愛嬌は標準装備!
イグニッション!天手古舞毎日!
でも満員御礼!意気揚々!
ガチ!ゼッタイ我武者羅ヒストリー!
天上さえザワつかすストーリー!

ももクロ天国☆ももクロ天国☆いつでもおいで!
逆境を識って最強の勇気がアーナンダ

超弩級ドキュメントDAYS(ドンマイ!ワッショイ!)
ナミダいつか冥加に出来る!(WE ARE UNITED!)
愛の仕業さすべて!

築け!森羅万象RELATION!(お~!)
総譜(フルスコア)アカシック
共鳴の大同盟(UP!)
讃える鼓動

みんなで盛り上がれ!マホロバケーション!
未開の下界を越えてさあ再会
後光さえHOT SPOT LIGHT!
夢と情熱自己発信 キラキラッ!
エンドレスに続く!マホロバケーション!!
濃縮で詰め込む喜怒哀楽
オクターブ高く木霊しているアンコール
さ、もういっちょ行くよ~!

Woo~Woo~目と目があって笑顔になって
Woo~Woo~手と手つないでひとつになれる
Woo~Woo~キミがくれたヒカリのバトン
また次に手渡して新世界照らし合おう!

ここから始まる!マホロバケーション!
一生懸命が一緒の吉祥(SHOW)TIME!
イヤモニつけたら羽衣ヒラリ早変わり~
魅せましょう!
いのちリフレッシュ!マホロバケーション!
楽しさ前提セットリスト
決意が沸き立つ時空天空大ホール
ついておいでよ~!!

五臓六腑へ響き渡れ!(HIGH↑HIGH↑)
時代超越やる気伝承!(IT’S ALRIGHT!)
ハルカカナタのキミにも(ハイ!ハイ!)
私の声ト・ド・ケ!ツ・ヨ・ク!ツ・ヨ・ク!

歌詞出典:


ももクロ 新曲「マホロバケーション」の情報/感想/コメント/意味
この曲は2月17日に同時リリースされる2枚のアルバムのうち、4thアルバム「白金の夜明け」に収録されるナンバー。ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)やピエール中野(凛として時雨)、ダウンタウンももクロバンドのメンバーでもあるサックスプレイヤー竹上良成といった豪華プレイヤー陣が参加していることでも注目を集めている楽曲だ。MVは田辺秀伸監督のディレクションによるもので、YouTubeでは2分ほどのショートバージョンが楽しめる。
あわせて公開された3rdアルバム「AMARANTHUS」および4thアルバム「白金の夜明け」の“試聴×視聴ビデオ”第7弾では、各アルバムの8曲目に収められる2曲が紹介されている。「AMARANTHUS」収録曲「サボテンとリボン」は、テレビアニメ「化物語」主題歌「恋愛サーキュレーション」や「らき☆すた」オープニングテーマ「もってけ!セーラーふく」などで知られる神前暁(MONACA)が作曲したポップチューン。「白金の夜明け」収録曲「カントリーローズ -時の旅人-」はORANGE RANGEのNAOTOが作詞・作曲・編曲を手がけた楽曲だ。毎回ももクロゆかりのゲストが登場するこの“試聴×視聴ビデオ”、今回はももクロの2013年のクリスマス公演「White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS 2013 美しき極寒の世界」に出演した元フィギュアスケーター、村主章枝がこの新曲2曲について感想を述べている。

ツイッター コメント
なんかなぁーーーー。こういうアップテンポな曲で歌詞聞き取りにくいのは辛いなあ。いつにも増してなに言ってるか全然わからん…。歌詞聞き取れる曲の方が好きだから、個人的にはちょっと残念。あと、ももクロももクロ言う感じの曲はあんまり…。MVかわいいのに色々ともったいない。申し訳ないけど、今回のアルバムは2枚ともパスだなー。

ずっと楽しくてとても素晴らしい曲だと思います。ももクロがこのような素晴らしい楽曲に巡り合ったという事実に涙しました。制作に携われた方々全員に感謝感謝です。

昔(80年代くらい)のダンスミュージックって感じで好きだなー
ベタなのをやらせてくれるってのがよくわかる。これ演奏してて楽しいよね
ゆみ先生もノリノリで振付けたんじゃないかな

アルバムリード曲は、シングルよりは攻めずに安定した曲にするのがセオリーなのに、この曲は攻めまくり。
もちろんアルバムリード曲が安定してるのにもメリットはある。
でも、アルバムリード曲で攻める。これまでのシングル曲で既存曲のリピート。NARASAKIなどいつもの作家陣で安定させる。清竜人や堂本剛、ハマオカモトやピエール中野などの超豪華作家陣でさらに攻めまくる。
というアルバムリード曲で攻めることによってできるももクロらしいやり方。
「WE ARE BORN」でもだいぶ攻めてんなーって思ったけど、舐めてました。これだからももクロはやめられない!

ジャンル的にはファンクとかフュージョン?えらいベードラのリズム隊が前にくるなぁ!って思ってたらオカモトズの浜ちゃんの息子と時雨のドラムの人が楽曲に参加してくれてるんすね。途中までは最近のアイドルとかボカロ曲アニソンによくある、無理やり感満載の言葉を羅列して聴く人の耳とゆうより記憶に残らせよう系の奇抜を狙った寒い曲か?なんて思いましたが、サビまでいくとマジ超気持ち良い‼︎ってか久しぶりに音楽聴いて鳥肌立つ感覚だった。最近でも無、、いけど、アルカラの曲聴いて以来かな?いや、自分ノフっすけどひいき目無しで良曲なのでは?

ももいろクローバーZ
モモイロクローバーゼット
百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、高城れにの5人からなるアイドルグループ。2008年に「ももいろクローバー」として結成。「週末ヒロイン」「いま、会えるアイドル」というキャッチフレーズのもと全国津々浦々でライブ活動を行い、2009年7月には1stシングル「ももいろパンチ」をリリース。2010年5月にはシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たした。 2011年4月に行われた中野サンプラザ公演を最後に、メンバーの早見あかりがグループを脱退。このライブ終了直後に「ももいろクローバーZ」へ改名し、5人編成での活動をスタートさせた。
2011年7月にはももいろクローバーZ改名後初のシングル「Z伝説 ~終わりなき革命~」「D’の純情」を発表。同年7月に発売された1stアルバム「バトル アンド ロマンス」は、全日本CDショップ店員組合が選出する「第4回CDショップ大賞」で大賞を受賞し、2012年にはグループ結成当初から目標としていた「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たした。2013年4月には2ndアルバム「5TH DIMENSION」をリリース。2014年3月に女性グループとして初となる東京・国立競技場での単独ライブを成功させた。​2014年5月8日には中島みゆき作詞作曲による11thシングル「泣いてもいいんだよ」をリリースし、オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。2014年7月には自身最大規模となる、日産スタジアム2DAYSの単独ライブを成功させた。2015年1月、「ももいろクローバーZ vs KISS」名義でKissとのコラボシングル「夢の浮世に咲いてみな」を発表。2月には主演映画「幕が上がる」が全国で公開される。

ももいろクローバーZ マホロバケーション 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -