赤い公園 黄色い花 – グレーテルのかまど ED

黄色い花

JP歌詞

赤い公園 新曲「黄色い花」MV
発売日:2016年3月23日
歌手:赤い公園
作詞:津野米咲
作曲:津野米咲

もしもあなたが
悲しくって俯いてしまった時には
せめて咲いてるタンポポでありたい

しあわせは
手と手をあわせて出来てる
誰かへの
わずかな祈りで出来てる

しあわせは
必ず黄色で出来てる
そこかしこ見渡せば
いつだってすぐそばに

もしもあなたが
悲しくって俯いてしまった時には
せめて咲いてるタンポポでありたい

しあわせは
出逢いと別れで出来てる
誰かへの
笑顔と涙で出来てる

しあわせは
必ず黄色で出来てる
どこまでも明るく
照らしてるすぐそばで

もしもあなたが
悲しくって俯いてしまった時には
せめて咲いてるタンポポでありたい

いつかあなたは
嬉しくって太陽と踊りだすから
ゆらりゆれてるタンポポでありたい

ラララ ラララ…

赤い公園 新曲「黄色い花」の情報
赤い公園の楽曲「黄色い花」が4月4日(月)から新シーズンに突入するNHK Eテレ「グレーテルのかまど」のエンディングテーマに決定した。

赤い公園 新曲「黄色い花」の感想/コメント/意味
瀬戸康史 コメント
以前、僕が主演したドラマの主題歌を担当してくれ、それ以来、毎回ライブを観に行ったり、メンバーの皆さんには自分の舞台に足を運んでもらったり常に刺激を受けて来ました。
今回こうして番組のエンディングテーマとしてご一緒できることを、とても嬉しく思いますし、縁を感じます。
「黄色い花」は、昨年恵比寿で行われたライブの時にサプライズで披露してくれ、1度聴いただけでも爽やかさが耳に残る素敵な曲でした。
「グレーテルのかまど」はお菓子を作りながら、そのお菓子にゆかりのある人物やその物語を紐解いていく番組で、癒しを求めて観てくれる方が多くいらっしゃいます。
みんなの幸せを願い、そっとそばに寄り添ってくれ、幸せを届けてくれる歌詞も番組にぴったりです。

赤い公園
校の軽音楽部の先輩後輩として出会い、佐藤、藤本、歌川の3名による
コピーバンドにサポートギターとして津野が加入。そのまま現在に至る。
2010年1月結成。東京:立川BABELを拠点に活動を始め、
デモ音源「はじめまして」、ミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」の
2枚の自主制作盤をリリース。
2011年10月にはカナダツアー「Next Music from TOKYO vol.3」に参加。
2012年2月ミニ・アルバム「透明なのか黒なのか」をEMIミュージック・ジャパンより発売。
2012年5月ミニ・アルバム「ランドリーで漂白を」発売。
約半年の活動休止を経て、2013年3月1日活動再開を発表。
2013年8月14日1st FULL ALBUM「公園デビュー」発売。
2014年9月24日2nd FULL ALBUM「猛烈リトミック」発売。
2014年 第56回 輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」受賞。
ガールズバンドらしからぬ圧倒的な演奏力と存在感から、
ブレイクが期待されるバンドとして高い評価を受けている。
また、作詞・作曲・プロデュースを務める津野の才能がアーティスト・クリエイターから注目を
集めており、SMAP「Joy!!」の作詞・作曲等の楽曲提供を行うなど、活動の幅を広げている。
今後の「赤い公園」にご期待あれ!!

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

赤い公園 黄色い花

赤い公園 黄色い花

赤い公園 黄色い花 – グレーテルのかまど ED 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -