斉藤和義 新曲 ひまわりに積もる雪

ひまわりに積もる雪

JP歌詞

発売日:2016年7月8日配信
歌手:斉藤和義
作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義
歌詞:
笑って 笑って 笑って もう一度
悩んで 悩んで 悩んだあとは
アイデアは そのドアの向こうに落ちている
ひまわりに積もる雪 太陽が溶かすよ

笑って 笑って 笑って もう一度
泣いて 泣いて 泣いたあとは
寂しさに負けそうな夜 僕に話しかけて
ひまわりに積もる雪 僕が溶かすよ

どんなに遠く離れてても 君を見つめている
ひまわりに積もる雪 僕が溶かすよ

笑って 笑って 笑って もう一度
悩んで 悩んで 悩んだあとは
笑って 笑って 笑って もう一度
つらいこと 苦しいこと 僕に話して

ひまわりに積もる雪

ひまわりに積もる雪


斉藤和義 新曲 ひまわりに積もる雪 の感想/コメント/情報
斉藤和義の新曲「ひまわりに積もる雪」が、資生堂の特設サイトで公開中のショートムービー「スノービューティー2016『逆さに降る雪』」の主題歌に使用される。

斉藤和義 コメント

今回の絵コンテを見てノートになんとなく思いついた言葉を書いていたら、割とすんなりと「ひまわりに積もる雪」と書いていました。そこから曲もできてきたので、そのままでした。呼ばれた感じで出てきた言葉でしたね。書いていくうちに、心は近くにいるのだけど、実際には会ったり触れたりできない男の気持ちというか。そんな感じのイメージになっていきました。

柳沢翔 コメント

シローがユキに対して持つ「別れるのは寂しいけど、前へ踏み出して」という複雑な感情がシンプルでストレートな楽曲と歌詞の力で伝わり、温かくも力強いシーンになりました。物語のラスト、ユキの中で恋が芽生える瞬間の表情と「笑って」という歌詞のリンクが素敵だと思っています。

斉藤和義
サイトウカズヨシ
1966年生まれ、栃木県出身のシンガーソングライター。大学時代から曲作りを開始し、1993年「僕の見たビートルズはTVの中」でメジャーデビューを果たす。1994年にリリースしたシングル「歩いて帰ろう」が子供番組「ポンキッキーズ」にて使用され注目を集めて以降、「歌うたいのバラッド」「ウエディング・ソング」「ずっと好きだった」など数々の代表曲を生み出し多くのファンを獲得する。2011年には人気ドラマ「家政婦のミタ」の主題歌として書き下ろした「やさしくなりたい」がヒットを記録し、一般層にもその名が広く浸透。2013年10月、アニメ映画「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」主題歌「ワンモアタイム」、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-50」CMソング「Always」、映画「潔く柔く きよくやわく」主題歌「かげろう」といったシングル曲を収録したアルバム「斉藤」「和義」を2枚同時リリースする。2015年10月に2年ぶりとなるオリジナルアルバム「風の果てまで」を発表した。飄々とした飾らないキャラクターも、男女問わず愛されている。

斉藤和義 新曲 ひまわりに積もる雪 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -