GLIM SPANKY 新曲 怒りをくれよ

怒りをくれよ

JP歌詞

グリムスパンキー
映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌
GLIM SPANKY 新曲「怒りをくれよ
発売日:2016年7月20日
歌手:GLIM SPANKY
作詞:松尾レミ・いしわたり淳治
作曲:GLIM SPANKY
歌詞:
鈍感なふりして あげるからほら調子に乗れ
最低なセリフで もっと怒りに火を点けてくれ

限界のピンチを 本気で感じて初めて
本能が震えて 新しい自分が目覚めるんだ

お前なら 分かるはずだろ
そんなんじゃあ まだまだ 売られた喧嘩 安すぎるぜ

怒(いか)りをもっとくれ 本気になりたいんだ
まだ 全然足んねえな 怒(おこ)らせてくれよ
馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ
試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ

関係ない顔した ことなかれ主義の腑抜けが
陰でニヤニヤ 人のこと何を笑ってるんだ?
お前らさ 笑われるのは
湿った心は 最悪の燃えないゴミだぜ

怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ
限界越えた先にしか欲しい物はないから
目が眩むほどの 火花飛び散らして
なあ 全身全霊で ぶつかろうぜ 輝くために

問題ばっかの世界 答えはどこにもないから
困難があるほど 楽しめたもん勝ちなんだぜ

怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ
まだ 全然足んねえな 怒らせてくれよ
怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ
限界越えた先にしか欲しい物はないから
馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ
試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ

怒りをくれよ

怒りをくれよ


歌詞出典:

ROMAJI:
Donkan na furi shi te ageru kara hora chōshi ni nore
saitei na serifu de motto ikari ni hi o tsuke te kure

genkai no pinchi o honki de kanji te hajimete
honnō ga furue te atarashii jibun ga mezameru n da

omae nara wakaru hazu daro
sonna n jā madamada urare ta kenka yasu sugiru ze

ika ( ika ) ri o motto kure honki ni nari tai n da
mada zenzen tan nē na ika ( oko ) ra se te kure yo
baka wa bakage ta yume ou shika deki nē n da
shiren nan do koeyo u ga manzoku o keritobashiiko u ze

kankei nai kao shi ta kotonakareshugi no funuke ga
kage de niyaniya hito no koto nani o waratteru n da?
omae ra sa warawareru no wa
shimetta kokoro wa saiaku no moe nai gomi da ze

ikari o motto kure risei nara jama na n da
genkai koe ta saki ni shika hoshii mono wa nai kara
me ga kuramu hodo no hibana tobichirashi te
nā zenshinzenrei de butsukaro u ze kagayaku tame ni

mondai bakka no sekai kotae wa doko ni mo nai kara
konnan ga aru hodo tanoshime ta mon kachi na n da ze

ikari o motto kure honki ni nari tai n da
mada zenzen tan nē na okorase te kure yo
ikari o motto kure risei nara jama na n da
genkai koe ta saki ni shika hoshii mono wa nai kara
baka wa bakage ta yume ou shika deki nē n da
shiren nan do koeyo u ga manzoku o keritobashiiko u ze

GLIM SPANKY 新曲「怒りをくれよ」の感想/コメント/意味
松尾レミ コメント

最初にお話を頂いたときは、尾田先生が私たちのことを聴いてくれていたというところも含めて、嬉しさよりもびっくりが大きかったです。私たちがっつり「ONE PIECE」で育った世代なので、まさか映画の主題歌を書き下ろせるなんて驚き! とっても嬉しいです。
“ルフィと、ONE PIECEと闘う気持ちで、主題歌を作ってください”というパンクな注文を頂き、映画スタッフや尾田先生ともやり取りして、かなり振り切れた曲ができあがりました。こんな泥臭いロックが大きな映画館で流れるなんてなんだか凄く面白い!  GLIM SPANKY vs ONE PIECEという、共に闘う仲間感、出てると思います! 爆音で聴いてください!

亀本寛貴 コメント

僕らが小学生の頃からずっと続いている、国民的アニメである「ONE PIECE」。ルフィは僕にとってはドラえもん、アンパンマン、悟空と同じような当たり前にいる存在なので、いまだにその主題歌を担当するっていうのが信じられないです。どんな曲を作れば良いかすごく悩みましたが、映画サイドからも色々な意見をもらいながら作り上げていく作業がすごく楽しかったです。映画の内容に負けないGLIM SPANKYらしいパンチのある曲になったと思います!

尾田栄一郎 コメント

ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました。今回の映画「GOLD」は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです。皆様、ぜひ映画館でGLIM SPANKYのゴージャスな歌声にシビレてください!!

GLIM SPANKY 新曲「怒りをくれよ」の情報
7月23日より全国公開される映画「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌が、GLIM SPANKYの新曲「怒りをくれよ」に決定した。

「ONE PIECE FILM GOLD」は尾田栄一郎による人気コミック「ONE PIECE」を原作としたアニメ映画シリーズの、約3年半ぶりの新作。前作に続き尾田が総合プロデューサーを務め、満島ひかり、濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也がゲスト出演する。また、劇中曲として小島麻由美が新曲「GOLD & JIVE ~SILVER OCEAN」を提供している。

今回GLIM SPANKYは尾田の推薦を受けて主題歌を書き下ろした。尾田は2人を選んだ理由を「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました。今回の映画『GOLD』は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです」と語っている。

一方、松尾レミ(Vo, G)は「私たちがっつり『ONE PIECE』で育った世代なので、まさか映画の主題歌を書き下ろせるなんて驚き!とっても嬉しいです」、亀本寛貴(G)は「ルフィは僕にとってはドラえもん、アンパンマン、悟空と同じような当たり前にいる存在なので、いまだにその主題歌を担当するっていうのが信じられないです」とそれぞれ大喜び。映画制作サイドからの「ルフィと、ONE PIECEと闘う気持ちで、主題歌を作ってください」というオファーを受け、新曲「怒りをくれよ」を書き下ろした。

歌声を絶賛された松尾は「私たちがっつり『ONE PIECE』で育った世代なので、まさか映画の主題歌を書き下ろせるなんて驚き!とってもうれしいです」と喜び。「『ルフィと、ONE PIECEと闘う気持ちで、主題歌を作ってください』というパンクな注文をいただき、映画スタッフや尾田先生ともやり取りして、かなり振り切れた曲ができあがりました。こんな泥臭いロックが大きな映画館で流れるなんてなんだかすごく面白い!」と満足げで、亀本も「映画の内容に負けないGLIM SPANKYらしいパンチのある曲になったと思います!」と自信をにじませた。

『ONE PIECE FILM GOLD』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に尾田栄一郎が連載する人気マンガだ。現在放送中のテレビアニメはもちろん、たびたび映画化されている。2012年に興行収入68.7億円と空前の大ヒットを飛ばした『ONE PIECE FILM Z』以来、3年半ぶりの劇場長編の新作だ。製作にあたっては、尾田栄一郎が自ら総合プロデューサーとして創作にあたった。監督は宮元宏彰、脚本は黒岩勉が務める。

GLIM SPANKY
グリムスパンキー
松尾レミ(Vo, G)、亀本寛貴(G)による男女2人組のロックユニット。2007年に長野県内の高校で結成。2009年にはコンテスト「閃光ライオット」で14組のファイナリストの1組に選ばれる。2014年6月に1stミニアルバム「焦燥」でメジャーデビュー。その後、スズキ「ワゴンRスティングレー」のCMに、松尾がカバーするジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」が使われ、松尾の歌声が大きな反響を呼ぶ。2015年7月には1stアルバム「SUNRISE JOURNEY」をリリース。10月には東京・赤坂BLITZにてワンマンライブを実施する。また2015年はJOIN ALIVE、FUJI ROCK FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWERなどといった大型フェスにも出演し、沢山のオーディエンスを沸かせた。2016年1月に2ndミニアルバム「ワイルド・サイドを行け」を発表する。

GLIM SPANKY 新曲 怒りをくれよ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -