SiM×Crossfaith GET iT OUT

GET iT OUT

JP歌詞

SiM×Crossfaith 新曲「GET iT OUT
発売日:未定

SiM×Crossfaith 新曲「GET iT OUT」の情報
バンドコンテスト「Red Bull Live on the Road 2016」(レッドブル・ライブ・オン・ザ・ロード 2016)のオフィシャルサポートバンドSiMとCrossfaithが新プロジェクト「SiM vs Crossfaith」を始動、コラボ楽曲“GET iT OUT”を全メンバー9人で完成させたことがわかった。
同曲は三次元モータースポーツ「Red Bull Air Race Chiba 2016」のテーマソングとなり、2016年3月1日(火)からCMで全国放映(TVは一部地域で)される。

SiM×Crossfaith 新曲「GET iT OUT」の感想/コメント/意味
今回のコラボは2組がバンドコンテスト「Red Bull Live on the Road 2016」のオフィシャルサポートバンドであることから実現したもの。2組は6月4、5日に千葉・幕張海浜公園にて行われる飛行機レース「RED BULL AIR RACE CHIBA 2016」との共同プロジェクトとして楽曲を制作した。「GET iT OUT」は同レースのテーマソングとなり、3月1日にオンエア開始のCMに使用される。

SiM
シム
GODRi(Dr)、SIN(B)、MAH(Vo)、SHOW-HATE(G)の4人からなる、神奈川出身のバンド。2004年11月に結成され、数度のメンバーチェンジを経て2009年に現編成となる。パンク、ハードコア、スクリーモをベースとする轟音サウンドにスカやレゲエのエッセンスを取り込んだ「レゲエパンク」サウンドで頭角を現す。ライブハウスシーンを中心に活動し、「PUNKSPRING」「ARABAKI ROCK FEST.」「京都大作戦」「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」「MONSTER baSH」「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」「FUJI ROCK FESTIVAL」「SUMMER SONIC」などの大型フェスにも出演。さらに311、Enter Shikari、Sum41、Skindredといった海外勢の来日ツアーへの参加経験も有する。2013年4月にメジャー移籍第1弾シングル「EViLS」をリリース。同年10月にニューアルバム「PANDORA」を発表し、好セールスを記録した。2014年9月にミニアルバム「i AGAINST i」、2015年6月にアニメ「神撃のバハムート GENESIS」の主題歌「EXiSTENCE」を含むシングル「ANGELS and DEViLS」をリリース。

Crossfaith
クロスフェイス

2006年11月にKenta Koie(Vo)、Terufumi Tamano(Programming, Vision)、Kazuki Takemura(G)、Hiroki Ikegawa(B)、Tatsuya Amano(Dr)により結成。2009年4月にリリースした1stアルバム「The Artifical theory for the Dramatic Beauty」が国内メタルコア、スクリーモシーンを活気付ける起爆剤に。その後「Warped Tour UK」「Sound Wave Festival 2013」「Download Festival 2014」「Reading / Leeds Festival 2014」など海外の大型フェスにも多数出演し、各国のメディアに取り上げられる。2014年10月にキャリア初となるシングル「MADNESS」をソニー・ミュージックレーベルズからリリースするが、2015年1月にKazukiが脳内出血の治療によりライブ活動を休止。サポートギタリストを迎えてライブ活動を行う一方で新曲レコーディングを実施し、9月にメジャー1stアルバム「XENO」をリリースした。同月のKazuki復帰後は世界遺産・日光山輪王寺でのライブや日本テレビ系「スッキリ!!」への出演など国内での活動も活発化。2016年には日本、ヨーロッパ、イギリスを含む世界ツアー「XENO WORLD TOUR 2016」を実施する。

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

SiM×Crossfaith GET iT OUT

SiM×Crossfaith GET iT OUT

SiM×Crossfaith GET iT OUT 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -