amazarashi エンディングテーマ

エンディングテーマ

JP歌詞
amazarashi アマザラシ 新曲「エンディングテーマ」Real Time Face Mapping Music Video
発売日:2016年2月24日
歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ
歌詞:
こんなに空が青いのは ちょっと勿体ないな 少し曇ってるくらいの方が 丁度いいよな
真っ白な病室の 窓の向こうでは そろそろ桜も咲くんだろうけどな
満たされていたいって いつも思うけれど 満たされていないからこその 願う力
腹が減ってる時の 食欲みたいな物 あなたはどうか大事にしてね

失う事に慣れたりしなかった 最後まで僕は悲しい人間でした
だけどそれと引き換えに 僕は願うのです 生きて 生きて 生きていたいよ

僕が死んだら 流れだすエンドロール 僕が主演の 青春群像
お世話になった人達の 名前がずらっと並べば 何時間掛かるか分からないや
そんな事考えると ちょっと笑えてくるよな
だからエンディングテーマはこんなもんだろ

幼い頃飼ってたペットが死んだとき あまりの悲しさに 出会わなきゃ良かったと思った
手にする喜びと 失う悲しみ 天秤にかけるのは 馬鹿げたことです

偉そうな事を言ったりしてごめんな 本当に僕が言いたい事は つまり
僕の中で生きている 僕が愛したもの達みたいに あなたの中で生きていたいよ

僕が死んだら 流れ出すエンドロール 人はそれぞれ 日常に戻って
ふとした時に思い出して 欲しいけどさ 我ながら名作とは言えないもんな
そんな事考えると ちょっと笑えて来るよな
だからエンディングテーマはこんなもんだろ

失い続ける事で 何かに必死になれる力が宿るのなら
満たされていないってのは 幸せなのかな だとしたら 今の僕はきっと幸せなんだな
なのに
心が痛いよ 涙が止まらないよ

あなたが死んだら 流れ出すエンドロール 僕はきっと 脇役だろうな
少し寂しいけれどきっと それでいいんだ あなたが幸せだった 証拠だから

僕が死んだら 流れ出すエンドロール あと18小節のエンディングテーマ
あなたの胸に焼きついて 消えないような 気の利いた言葉を 言いたいんだけど
そんな事考えてたら もう時間か
最後はやっぱり 「ありがとう」かな

amazarashi エンディングテーマ

amazarashi エンディングテーマ

歌詞出典:


amazarashi 新曲「<strongエンディングテーマ」の情報
二一一六年の病室。人々が遺したメッセージ「エンディングノート」を手繰り寄せながら­、最期の言葉を探す男 – 秋田ひろむ。世界初、アーティストの歌う動きにあわせてリアルタイムのフェイスマッピ­ングを実現した世界収束ミュージックビデオ。

amazarashi 新曲「エンディングテーマ」感想/コメント/意味
動画にうつりこむ余生
その旅に噛み締めるような気持ちになります。
映像と歌詞と、深さがます感じです。
言葉では、やはりもどかしく
MAX表せた気になれないような気持ち、あると思いました。切ないというか健気で儚く、尊さをしみじみと感じます。
特に孤独なときとかはこのような想いが増すのではないでしょうか。

僕はまだ人の恐怖は消えないけど
僕は人が好きです。命は永遠には続かない
amazarashiに会えなかったら僕は今頃…
でも今生きてるのはお世話になった方達に
「ありがとう」そう今は言えます
幸せかどうかは…なのかな
この感想をどう思うかは
どう言われようと無縁
ただここに残します。

人間って何でも満たされていれば満足すると思っていました。
でも、全て手に入れてしまったら生きる本当の意味が分からなくなるんだね。 だからいま改めて思いました。 「充実していない毎日でも、一つ一つ何かをやり遂げることで本当の生きる意味を知ることが出来る」んだと思いました。
amazarashi。今日も心に響く曲をありがとう。
満たされていないことの幸せを感じ、今日も生きていきます。

考えさせられる、というか素直に涙がぼーろぼろ出てきて焦ったわ…あたし最後は人生に後悔して死ぬんだろうか…今は予想の仕様がないけど、最後にありかとうって思えるような人生を送りたいなーと

泣いた・・・。今から外出しなきゃいけないのに・・・。
九月に亡くなった祖父も、こんな気持ちだったのかな?
おじいちゃんに聴かせてあげたい。

やっぱり秋田さんのこういう優しい曲?も好きですな…隅田川とか、名前とか…。
明日のアルバム、週末のライブとても楽しみにしております。
私もありがとうと残せる人間になりたいです。

生きている間は何も感じ無くても、いざ人類が滅亡寸前に追いやられた時に大切な人や世話になった人に最後の言葉を伝えるのが「ありがとう」の一纏めにする所に感動した。
普段何気なく言っているありがとうでもこの歌のありがとうとは全然違うって言う事を改めて実感させられた。

「生きる」ということは「自」を満たすために「他」の「自由」を奪いたかったり、奪ったりする等の残酷な行為「心の悪」と、「他」を「現実のまま尊重」したり「感謝」したりという慈悲深い行為「心の善」の2つ相反する実体はないが必然的な存在の上に成り立っているのかも知れませんね。

曲の雰囲気が変わった。「ひろ」の曲の時に僕は歌うよ19歳のままって言ってたから古めの曲の雰囲気にもどるのかなって思って
嬉しかったけど。。。 最近の曲が19歳の頃の曲の雰囲気なのかな

エンディングテーマは心がえぐられますよ…いい意味で…! たしかに読む方がしっくりくるかもしれないですねー。まぁそれだけ秋田さんの思いが詰まってるんですね…。

エンディングテーマ見れた。 感動というか、鳥肌が止まらなかった。僕が死んだら流れ出すエンドロール、死ぬ時はありがとうぐらいの軽いことしか言えないんだろう(この文章どっかで見たな笑) 泣いた。音楽で泣いたのは3回目。 トイレの神様、終わりで始まり、そんでこれ。もっかい泣いてくるわ。

今起きてすぐエンディングテーマ聴いたけど、ライブ思い出して泣いた。「あなたが死んだら 流れ出すエンドロール 僕はきっと 脇役だろうな 少し寂しいけれどきっと それでいいんだ あなたが幸せだった 証拠だから」って、ライブでも泣いたな。ひろむさんらしい言葉。

確かにそうですね!エンディングテーマはほんとにガチ泣きしました・・・・・ パーフェクトライフを彷彿とするなぁと思います。 文字数多いですよね(^^;)今回は歌うと言うより読む方がイメージ強いですねw早口ですし(´ー`)

amazarashi
アマザラシ
青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたバンド。青森県内500枚限定の詩集付きミニアルバム「0.」を2009年12月に発表し、翌2010年2月にその全国盤となる「0.6」をリリース。その後ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズへ移籍し、2010年6月に「爆弾の作り方」を発表。アーティスト本人の露出がないまま、口コミを中心に話題を集めていき、2011年11月には初のフルアルバム「千年幸福論」を発売した。2012年6月にミニアルバム「ラブソング」、2013年4月にミニアルバム「ねえママ あなたの言うとおり」をリリースし、2013年8月には「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO」に初出演。11月にアルバム「あんたへ」を発表した。2014年9月にはインディーズ時代の「あまざらし」名義でライブ「あまざらし プレミアムライブ 千分の一夜物語『スターライト』」を開催。秋田ひろむの書き下ろし小説の朗読とストリングスを加えた編成でのライブを行った。10月29日に約3年ぶりのフルアルバム「夕日信仰ヒガシズム」をリリースし、翌11月より全国ツアーを開催。2015年2月に発表した1stシングル「季節は次々死んでいく」の表題曲がアニメ「東京喰種トーキョーグール√A(ルートエー)」の主題歌となり、アニメファンにも大きな注目を浴びた。6月にデビュー5周年を迎え、8月には東京・豊洲PITにて3D映像を駆使したアニバーサリーライブを実施。アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」のオープニングテーマ「スピードと摩擦」を書き下ろし、8月19日に2ndシングルとしてリリースした。

amazarashi エンディングテーマ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -