Anly EMERGENCY – 僕のヤバイ妻 オープニングテーマ

Anly EMERGENCY

JP歌詞

ドラマ「僕のヤバイ妻」オープニングテーマ
緊急/アンリ
Anly 新曲「EMERGENCY
発売日:2016年6月15日
歌手:Anly
作詞:Anly
作曲:Anly
歌詞:
Show me
傷みかけた愛が
ヤバイ!非常事態
もう止まらない!

FreezeこのHeart
溶かすのはあなた
Please Give me love
そう信じたい

頑丈な箱の奥に
隠してた新鮮だった想いも
いつの間にか冷めきってた
型だけの無機質な理想論

口さきだけでしょう
Down Down Down Don’t let me down
味気ない言の葉も
No No 届かない

Every day 言いわけばかり
Never say ドウセデマカセ
Every way がっかりしたわ
バカにしないでよ

Show me
期限が切れかけてる愛
あなた次第まだいけるわ

Three two one
まだゼロじゃない
Try fly to 未来
そう 信じたい

You and I
もうほどけない
絡まった赤い糸は断ち切れない
思い出がココロ掴みつなぎ惑わせる

どうして気づかないの?
Why Why Why Why can’t you see?
優しさもぬくもりも
No No 感じない

Tell me why なぜうそつくの
Tell me boy どうしちゃったの?
Fell in love 忘れられない
どこで狂ったの?

Why don’t you come back?
Why don’t you come back?
Why don’t you come back to me?

I’m gonna give you
I’m gonna give you
I’m gonna give you all my love

Show me
傷みかけた愛が
ヤバイ!非常事態
もう止まらない!

Three two one
まだゼロじゃない
Try fly to 未来
そう 信じたい

Anly EMERGENCY

Anly EMERGENCY


Anly 新曲「EMERGENCY」の感想/コメント/意味/情報
4月19日初回2時間スペシャルからスタートする、フジテレビ系火曜ドラマ「僕のヤバイ妻」のオープニング曲を、19歳シンガーソングライター“Anly”が書き下ろした。タイトルは『EMERGENCY』。

ドラマの台本を読んで、先がどうなるか全く分からないストーリー展開の怖さや、ハラハラ感を落とし込んで制作されたというこの曲は、ミュージシャンに根岸孝旨、藤井謙二(The Birthday)らを起用し、彼女のルーツであるビンテージ・ロックを標榜した野太いギターサウンドに突き抜けたハイトーンボイスが絡みまくる。

ドラマ初回放送に先がけ、いち早く新曲『EMERGENCY』が聴けるティザー映像も公開されたので是非チェックしてもらいたい。さらに、リリースを記念してAnly『EMERGENCY』Release Live~SHIBUYA eggman~が開催されることが決定された。彼女の力強い歌声を聴きに足を運んでみよう。

<Anly コメント>
台本を読ませて頂いて、まだ19歳の私には経験のない“夫婦関係のストーリー”が題材でしたが、“ただ愛して欲しい”という気持ちがひしひしと伝わる作品で、Aメロでは“もううんざり、また言い訳?”といいつつも、サビでは愛が壊れかけている非常事態でも“まだ終わりじゃない”と信じている女性の心の葛藤を表現してみました。曲調やメロディは感情の起伏を感じられるハードロックになっています。間奏のギターソロを自由に弾いてもらったり、ヴォーカルも力強さを意識して歌っています。私が幼い頃によく聞いていた60年代、70年代のロックの影響がとても前面に出てきた楽曲になりました。

Anly新曲「EMERGENCY」は「僕のヤバイ妻」台本を読んで書き下ろしさせて頂きましたが、想像以上のサスペンス映像にドラマを見ているスタッフも引き込まれてハラハラ過ぎです。。

Anly
沖縄県・伊江島出身。
1997年生まれのシンガーソングライター。
PCもインターネットも家にはなく情報が閉ざされた南の島で、音楽好きの父が持ち帰るブルースやロックのCDを聴き、ギターをオモチャ代わりに爪弾く日々を過ごす。
島には高校が無い為転居した那覇市内で弾き語りによるライブ活動をスタートさせる。
昨年シンガーソングライターmiwaがアコギ1本で全国をまわるツアーで募集した沖縄公演でのフロントアクトに抜擢され、その類まれなライブパフォーマンスで注目を浴びる。
古き良きロック、ブルース、フォークに通じるようなアーシーな手触りと、幅広い層のリスナーにアピールするポップ感覚を兼ね備えたボーカル。
そして、10代特有の繊細な感情を普遍的な楽曲へと結びつけるソングライティング。
97年生まれのシンガーソングライター、Anly。

出身は沖縄本島からフェリーで約30分の伊江島で育った彼女は、海と山に囲まれた美しい風景のなか、音楽好きの父親の影響で幼少の頃から60〜70年代の音楽に親しんできた。
よく聴いていたのはエリック・クラプトン、CCR、ZZ トップ、ノラ・ジョーンズetc…

ドリー・パートンみたいなカントリーミュージックも好きだという彼女は初めてギターを触ったのは5歳のとき。小学校3年の頃にはコードが押さえられるようになり、弾き語りを始める。
自分で曲を作ってみようと思ったのは、中学3年生のとき。
高校入学の為(島には高校が無い為)に沖縄本島に移ってからは、那覇市内のライブハウスに出演も果たし、ステージの経験を重ねると同時にオリジナル曲も少しずつ増やしていった。

ルーツ・ミュージックのテイストをナチュラルに感じさせるメロディ、日常のなかで生まれる豊かな感情を描いた歌詞がひとつになった楽曲を携え、芳醇な響きと奥深い表現力を備えた彼女の歌を、日本中の音楽ファンが共有し、心を震わせる。
目の前でギターを爪弾きながら歌う彼女を見ていたら、そんな光景が決して夢物語ではない気がする。

Anly EMERGENCY – 僕のヤバイ妻 オープニングテーマ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -