AKB48 新曲 翼はいらない

翼はいらない

JP歌詞

発売日:2016年6月1日
歌手:AKB48
歌手:AKB48
作詞:秋元康
作曲:若田部誠
歌詞:
翼があったら
大空を飛んで
どこへ行ってみようかと
考えてみたけれど…

あの風に乗って
雲を横切って
今 僕の目指す場所が
思いつかない

空を飛ばなくても
歩いて行けるんだ
そんなに急ぐことはないさ
しあわせは待っている

翼はいらない
夢があればいい
大地を踏みしめながら
ゆっくり歩こう

翼が生えたら
自由になれるよ
どこへでも思い通り
願いは叶うだろう

その先が見えず
悩むこともない
目の前の嫌なことも
俯瞰で見られる

それでもなぜだろう?
歩こうとしている
自分で汗かいてるうちに
しあわせは近づくよ

翼はいらない
希望があるから
悲しみも道の途中
ひたすら歩こう

鳥は空から
僕らのことを
眺めて思う
翼が (翼が)
ないって (ないって)
素晴らしい

空を飛ばなくても
歩いて行けるから
自分が持ってるものだけで
しあわせになれるんだ

翼はいらない
今の僕がいい
遥かなる道の先を
夢見て歩こう

夢見て歩こう

AKB48 翼はいらない

AKB48 翼はいらない



ROMAJI:
Tsubasa ga attara
ōzora o ton de
doko e itte miyo u ka to
kangae te mi ta keredo?

ano kaze ni notte
kumo o yokogitte
ima boku no mezasu basho ga
omoitsuka nai

sora o toba naku te mo
arui te ikeru n da
sonnani isogu koto wa nai sa
shiawase wa matte iru

tsubasa wa ira nai
yume ga are ba ii
daichi o fumishime nagara
yukkuri aruko u

tsubasa ga hae tara
jiyū ni nareru yo
doko e de mo omoidōri
negai wa kanau daro u

sono saki ga mie zu
nayamu koto mo nai
me no mae no iya na koto mo
fukan de mirareru

soredemo naze daro u?
aruko u to shi te iru
jibun de ase kaiteru uchi ni
shiawase wa chikazuku yo

tsubasa wa ira nai
kibō ga aru kara
kanashimi mo michi no tochū
hitasura aruko u

tori wa sora kara
bokura no koto o
nagame te omou
tsubasa ga  ( tsubasa ga )
nai tte  ( nai tte )
subarashii

sora o toba naku te mo
arui te ikeru kara
jibun ga motteru mono dake de
shiawase ni nareru n da

tsubasa wa ira nai
ima no boku ga ii
haruka naru michi no saki o
yumemi te aruko u

yumemi te aruko u

AKB48 新曲「翼はいらない」の情報
「翼はいらない」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋元康。2016年6月1日にAKB48のメジャー44作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは向井地美音。
前作「君はメロディー」から約3か月ぶりのシングルで、2016年第2弾のシングル。Type Aの初回限定盤と通常盤、Type Bの初回限定盤と通常盤、Type Cの初回限定盤と通常盤、劇場盤の7形態で発売された。
AKB44thシングル「翼はいらない」 劇場盤のみ収録楽曲 NGT48「君はどこにいる?」 (BSスカパー! オリジナル連続ドラマ「ひぐらしのなく頃に」主題歌)

選抜メンバー
小嶋陽菜、峯岸みなみ、渡辺麻友、柏木由紀、大家志津香、宮崎美穂、島崎遥香、横山由依、木崎ゆりあ、入山杏奈、加藤玲奈、高橋朱里、武藤十夢、大島涼花、岡田奈々、小嶋真子、向井地美音、川本紗矢、山田菜々美、樋渡結依、松井珠理奈、北川綾巴、後藤楽々、山本彩、白間美瑠、須藤凛々花、指原莉乃、宮脇咲良、兒玉遥、北原里英、加藤美南、高倉萌香

AKB48 新曲「翼はいらない」の/コメント/意味/感想
やすすの歌詞に夢のために翼がある的なのとか翼が折れたから夢を追えない的なのあったけど、翼はいらないってタイトルは歌詞的にもそういうことかな。ちょいと楽しみだわ

尾木事務所にモバイル頼む位ですからね…かなり厳しい売り上げなんでしょうね…新潟まで総選挙見に行くファン要るのかね…そこまで盛り上がるとは思えないよね!! 翼はいらない…歌も総選挙もいらないね(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

新曲のタイトル翼はいらない なんだ(∵)総選挙前恒例の水着でわちゃわちゃ夏ソングみたいなキラキラしてるの好きだったんだけどなー タイトルからして僕たちは戦わない路線か…?

ANN聴いて寝落ちしなかった事が無い。 翼を授け…翼はいらない、はなんか昭和歌謡っぽかったイメージ ほぼ覚えてない(´・ω・`) 年寄りも聴ける曲は良いと思います ヲタは握手会あれば何でも買うし 最初曲も知らないのにCD買うシステムびっくりしたなあ

いつの間にか44thシングルのタイトル発表されてた 翼はいらない 僕たちは戦わない系かな 選挙前曲がサマーソングじゃなくなって2年目かな

"翼はいらない" どんな感じだろう 💭 正直 、水着を着た かわいい感じのがいいなあ ☺️ 女子だけど 、 AKBの5月シングルは 水着のイメージが強いし 、 かわいくてすき 🙊

AKB48・44thシングルのタイトル「翼はいらない」に決まりましたね! 今日みたいな曇っていて雨が降り出しそうな日は花粉症キツイな〜😣 それに風邪もいつになったら治るんだろう(´・_・`)

『翼はいらない』なんだこの凡曲は?! 70年代の出来損ないのフォークソングみたい。『恋チュン」みたいな懐かしメロディーの路線なのかもしれないけどあれはみんな大好きなソウルミュージックがネタ元だから流行ったんであって、『ハートエレキ』のGSといいこんなの誰も求めてない。

AKB48 44th Single、翼はいらない AKB48に、サイレントマジョリティーみたいな曲は来ないな 秋元さん見てると乃木坂と欅坂への取り組み方が他と違う気がします 個人的には、欅坂46の音楽番組出演ないか期待してます

44thのタイトルが「翼はいらない」だそうで、早速、岬くんはフィールドの芸術家だから、とかいう書き込み見つけてしまって地味に腹筋鍛えられてます

AK48のシングル曲の選考ってどうなんよ。 「翼はいらない」は確実に365日の反響に対してフォーク→歌謡のながれ。 恋チュン→ラブラの流れ。曲自体は悪くないけどタイミングが悪すぎる。 明らかに「この曲調ウケてる!」で安易な選択。流行の周期とかを勘違いしている気がしてならない。

翼はいらないだっけ?どんな振りとかpvなのかわからないけど、前みたいに水着でわちゃわちゃしたのが見たいなー。僕たちは戦わないみたいな曲調だよね😭 あ。別に水着がみたいわけじゃないですよ。決してりのちゃんの水着がみたいなんて思ってないですよ←

布袋のビーマイベイビーといい、翼をくださいに似た 翼はいらない といいタイトルを似せてるのが多い笑 最初は違和感しかなかったBMBも今となってはAKB感しかないし、これも策略なんかな笑

総選挙投票シングル 2009 涙サプライズ! 2010 ポニーテールとシュシュ 2011 Everyday、カチューシャ 2012 真夏のSounds good! 2013 さよならクロール 2014 ラブラドール・レトリバー 2015 僕たちは戦わない 2016 翼はいらない

AKB新曲の翼はいらない、365日の紙飛行機が売れたから同じ路線やーって言われてるね。人数多い巨大選抜で、ゆっくりな曲やからテレビで歌う時、個々人の顔をちゃんと見せれそう。最近水着でワイワイ系が来ないから悲しい。

由依ちゃん、こんにちは❗収録、顔晴って下さいね❗ そうそう、新曲のタイトル『翼はいらない』に決まりましたね❗ カップリングのチームAの曲も楽しみにしてます❗

涙サプライズ ポニーテールとシュシュ Everyday,カチューシャ 真夏のSounds good! さよならクロール ラブラドール・レトリバー 僕たちは戦わない 翼はいらない←New 総選挙投票券が付いてたシングル

学校で「翼をください」を歌ってる時(合唱祭では指揮者やったけどw)、高所恐怖症なので”翼はいらない、むしろ深海に潜れる鰓が欲しいけど、それじゃ歌としては成り立たねーな…”とか思ってた記憶が蘇りましたwww

おはよう! 昨日のANNで”翼はいらない”を聴いたよ! 元気な曲を想像してたから、正直意外だったな。 しーちゃんの歌パート、衣装、振りがどうなってるのか楽しみだよ! 今日も一日ご安全に!

翼はいらない聴いた なんかTLがざわざわしてたけどこういうの好きよ なんとなく口ずさめる曲 ただひとつ 大量選抜でやる曲じゃないかなぁと。。 みーおんセンターって事でみんな期待してたと思うんだよね みーおんのみーおん。。(´ー`)

『翼はいらない』聴いた。 家になぜか『青春歌年鑑 BEST30(’71)』ていうCDがあるんだけど、それに収録されてても全く違和感のない曲調だった。 ただ、曲のクオリティが当時の名曲に匹敵するかというと…

「翼はいらない」まぁ曲全体のことはまぁ作るの大変やろうし、基本的に何も言わないけど、32人選抜なんだから曲調はもうちょっと明るい感じにして欲しかったなぁ。これじゃフォーメーション移動ないから、後ろの方全然見えんやろな〜〜

昨日のANN、朱里、こじまこ、なぁちゃんで普通に楽しかったのに2時過ぎに寝落ちしてた💦(笑)その後1回目覚めたの3時半だった(笑) 結局翼はいらない28.3秒以上流れたのかな? 夏曲はもっと盛り上がる曲がいいけど…僕戦は僕戦でよかったからなぁ、どうなんだろ(^_^;)

AKB新曲「翼はいらない」今聞いた。良い曲だけど、新センターは向井地美音と発表されていただけに、彼女の雰囲気からイメージした曲としてはイマイチかなぁ。元気いっぱいの弾けるような夏曲期待していたんだけどなぁ。

翼はいらない、めっちゃ中学生が合唱コンクールで歌いそうな懐かしい感じw いつも時代に逆らうAKB48らしいな(^^;; 365日の紙飛行機の成功にとらわれすぎな気もするけど… 楽曲としては個人的には全然だけど、悔しいかな懐かしさも手伝ってメロディはすんなり覚えれた。笑

しーちゃん(^_^)/おはよー 「翼はいらない」が公開されたね💿☺ 紙飛行機路線の延長みたいな落ち着いたいい感じの曲で、地道にしっかりと歩んできたしーちゃんの為の曲だね✨ これからは歌番組等🎶でますます忙しくなるだろうけど楽しみいっぱいだ✨

「翼はいらない、夢があればいい」 さやかたそのことですか?← いや、夢はもちろん、翼もちゃんと持ってるね。多彩天使ちゃん。この人は絶対に大丈夫。ファンになって後悔したことなんて、たったの一秒もない。がんばろ、山本彩ファン。恩返し。

「僕たちは戦わない」の次は、「翼はいらない」か。
向井地美音さんがセンター。
爽やか系の曲っぽい感じか、それとも「僕たちは戦わない」みたいな感じになるのだろうか。どんな感じになるのだろうか。
水着で踊る曲なのだろうか。メンバー的にはそれはないような気もするけど。

翼はいらない、最初歌ってんのはみーおんとゆいはんと…..ぱるるかな…… どこへ行ってみようかと〜のところがぱるるっぽく聞こえるけどどうだろう……

今AKBの新曲の翼はいらない聴いたけど嘘でしょ 紙飛行機の二番煎じかよ これカップリングじゃないの(^^; 32人でこれ歌うの?フォーメーション無さそう みーおんセンターだからダンス曲か浜辺で踊ってる系だと思ったのに 適当にやっても売れるから捨てに来たか?

翼はいらないを聴いて、最近AKBを取り巻く状況についてまで考えさせられた。 運営の傲慢さと保守。 この時期にこれはいけない。 今こそ謙虚かつ攻めの姿勢で行くべきだ。 というわけで次シングルはやくしまるえつこか大森靖子に外注すべし。 山崎ハコならなお良し(確信

AKB48

秋元康プロデュースのもと、2005年に始動した次世代型アイドルグループ。劇場に足を運べば毎日会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で、チームA、チームK、チームB、チーム4が毎日ステージを行っている。楽曲はすべて秋元康が作詞を担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、いきなりオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2008年にはレーベルを移籍し、同年10月にシングル「大声ダイヤモンド」をリリース。チャート初登場3位を記録し、着実に人気を高めていく。2009年4月には、アイドリング!!!とのコラボユニット「AKBアイドリング!!!」として、シングル「チューしようぜ!」も発売。オリコンウィークリーチャート初登場2位にランクインし、話題を集めた。同年7月にはシングル曲の選抜メンバーを決定する選抜総選挙を、ファン投票により実施。8月には初の日本武道館公演も実現し、10月リリースの14thシングル「RIVER」は、初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。

2010年には各チームのメンバー編成をシャッフル。同年2月の15thシングル「桜の栞」、4月のアルバム「神曲たち」も1位を記録し、それぞれ30万枚を超えるヒットとなった。さらに、5月発売の16thシングル「ポニーテールとシュシュ」、8月発売の17thシングル「ヘビーローテーション」はそれぞれ発売1週目に売り上げ50万枚を突破。横浜アリーナや代々木体育館での単独ライブのほか、9月には日本武道館で19thシングルに参加する選抜メンバーを決めるじゃんけん大会も行われ、大きな注目を集めた。10月リリースの18thシングル「Beginner」は発売初週に80万枚を超えるセールスを記録。2011年1月末までに売上100万枚を突破した。

2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。2月発売の20thシングル「桜の木になろう」、5月発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」はともにミリオンセールスを達成した。同年7月には西武ドームで初のスタジアム公演を行い、3日間で合計9万人の動員を記録。8月には第3回AKB48選抜総選挙での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げ話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」、12月には第2回じゃんけん大会によって選出された選抜メンバーによるシングル「上からマリコ」を発表。ともにミリオンセールスを記録し、その結果2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となった。

AKB48 新曲 翼はいらない 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -