Yuuki Ozaki Trigger – 残響のテロルOP

-KDtA8aYjzzM-
-UJR0t_2LqTM-

JP歌詞 「Trigger」 フル

「Trigger」 Youtube PV動画視聴曲
発売日:2014年8月27日
歌手:Yuuki Ozaki(from Galileo Galilei)
作詞:尾崎雄貴
作曲:菅野よう子
編曲:菅野よう子
歌詞:
世界から弾き出されて 途方もなく細い針の上にいた
バランスをとる指の先が 君に触れて独りじゃないとわかった
僕らに ただ一つ与えられてた 歪んだ羽で
生まれてから(死ぬまで) 死ぬまでに何をしたい?って聞く
君はまるで天使みたいにさ 笑うから
夏の熱に(歪んで) 燃えるビルの群れの隙間を抜け
僕らは落ちてく 最後に引き金を引いてやろう
その後は冬が来て 雪がすべてを覆う
報われないかもしれない 失えば得られるとも思わない
それでも最果ての場所は 僕らにも等しく存在してる
ここに居続けることはできない だからせめて
生まれてから(死ぬまで) 死ぬまで何が出来る?って聞く
僕に今は何も答えずに笑うだけ
夢の終わり(最後に) 火のついた蝶のように
ひとときだけ輝き 世界の曇った目を奪う
全部奪おう
生まれてから(死ぬまで) 死ぬまで君と生きてみたいよ
それは まるで神話みたいには描かれない
夏と夏を(繋いで) 歴史と螺旋の隙間を抜け
地獄へ落ちてく 最後に引き金をひいてやろう
それで僕らも塵になる
その後は冬がきて 雪がすべてを覆う
それからも冬がきて 雪がすべてを語る

Galileo Galilei 尾崎雄貴 参加 !
豪華スタッフによる話題アニメ 『 残響のテロル 』 オープニング ・ テーマ。
監督 ・ 渡辺信一郎、音楽 ・ 菅野よう子の豪華スタッフでおくるアニメ 『 残響のテロル 』 。
7月放送開始のオリジナルアニメで、最も注目されているこの作品。
オープニング ・ テーマ 『 Trigger 』 は、世界的人気を誇る菅野よう子がプロデュースした楽曲に、
Galileo Galileiのヴォーカル & ギター尾崎雄貴が作詞とヴォーカリストで参加した話題作。
ヒリヒリとした 『 残響のテロル 』 の世界観を見事に表現した作品となっている。

「残響のテロル」 ストーリー:
青森の核燃料再処理施設で、ある二人の人物によってプルトニウムが強奪される。その一人は、施設の床にスプレーで「VON」という謎のメッセージを書き残し、もう一人とともに施設を脱出する。
それから半年後。夏休み前の暑い日、九重新と久見冬二がとある高校に転入してくる。周りの注目に目もくれず、二人はある計画を進めようとしていた。そして、二人は転入先で他の女子生徒からいじめられていた三島リサを気にかける。リサは二人が幼少期に脱出した施設に残してきた幼馴染に似ていた。
数日後、元警視庁捜査一課刑事で、現在は文書課で無為な日々を送っている柴崎健次郎は前日に見たとある動画を気にかけていた。その動画の中では、スピンクス1号・2号と名乗る二人の若者が犯行声明を出していた。動画の予告通り、東京で大規模停電が発生し、新と冬二が仕掛けた爆弾テロにより、都庁で大爆発が起こる。冬二がリサに目撃されたことから、新はリサに「ここで死ぬか、共犯者となるか」を選択させ、リサは共犯者となることを選ぶ。
そして、スピンクス1号・2号は、次の爆破場所をなぞなぞで伝える新たな動画を公開する。捜査一課はこのなぞなぞの解明に失敗し、第二の爆破を許してしまう。捜査一課課長の倉橋は、第二の爆破事件直前になぞなぞの真の解を自分に伝えた柴崎に、捜査一課への復帰を促す。

Yuuki Ozaki Trigger – 残響のテロルOP 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -