Mr.Children 遠くへと

「遠くへと」 JP歌詞

ミスチル 新曲「遠くへと」歌詞
発売日:2015年06月04日
歌手:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿
歌詞:
110km/h を超えたところで車体がぶれて
アクセルを戻した 風の強い午後
首都高速を抜けて さらにその向こうへと
目的地は心の赴(おもむ)くままに委ねて

遠くへと遠くへと自由を浴び走る
僕のことを誰も知らない そんなところへと

カーブを曲がる度に 迷いをひとつ落としてく
そこからまた僕をはじめる

遠くへと遠くへと日常を捨て走る
まだ何も描かれてない地図を頼りに

真っ直ぐに続く道 またアクセルを開ける
抱えたもやもやは風に溶け
また僕がはじまる

ミスチル 新曲「遠くへと」の感想/コメント:
共感してくださって嬉しいです。。。笑 個人的に『遠くへと』『I wanna be there』の流れが、ポロっとこぼれた本音のような “ただのミスチル”って感じがして大好きになりました ♪ Takashiさんのオススメはなんですか (°´ ˘ `°)?

遠くへと の最後の歌詞が、車で今日聴いてて、その時の気持にマッチングしすぎてた。おかげでモヤモヤが消えた。彩りをapで初めて聴いた時と同じ様に心情にマッチするあの感覚だった。。ミスチル最高。。

・進化論 → 『大人の子守唄になれば』という言葉どおり眠くなりがち♪ ・幻聴 → イントロから心が弾みがち♪ ・Reflection → ツアーを彷彿させがち♪ ・遠くへと → 心穏やかになりがち♪ ・I wanna be there → 90年代のミスチル感じがち♪

今になって「遠くへと」と「I wanna be there」の魅力に気が付いた こういう落ち着いた曲こそがミスチルの真価が垣間見れるんだよなぁ… 未収録曲買って本当に良かった! 最高だ!

幻聴はこれぞミスチルって感じするなあ。ハモリが毎回気持ちいいのがミスチルの素晴らしさだなあと痛感。遠くへとのイントロ最高。Starting Overかっこいいああもうすごい好き。未完、足音もそうだけど今回の1枚すごく前向きにさせられる。そこがいいところ

Mr.Children最新アルバム「REFLECTION」の限定盤USBアルバム{Naked}収録曲「遠くへと」の歌い出しの歌詞を京急快特の情景に脳内変換してしまったミスチルファン兼鉄ヲタは私だけではないと思いたい(笑)

『遠くへと』『I wanna be there』 これだよ…。これなんだよ…。 こんな風に肩の力が抜けたミスチルサウンドが、ずっと聴きたかったんだ。ずっと。

Mr.Children 遠くへと 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -