THE ALFEE 或いはノイシュバンシュタイン城の伝言

或いはノイシュバンシュタイン城の伝言

歌手:THE ALFEE
作詞:橋本淳
作曲:高見沢俊彦

白い絹の服が 哀しみをかくす
あてない旅への 道が拡がる

ミューズと愛とオレの 恋の傷跡が
運命的に この胸を縛る

教会の前 燃えつきた眼を
乱れ咲く 薔薇のように 紅く塗れ

愛が近くに来ている 星くずが語る
求め合う 魂は 救えるのか

愛が近くに来ている 天体を超えて
感覚や 肉体を 守り続けろ
弾を込めろ

夜会服の香り 華やかな過去を
伝える人さえ 失ったのか

ミューズと恋とオレは 言葉をなくした
貴族の仮面は 道に捨てられる

心の銃も 瞳の奥も
騎士たちは 戦いで たぎってる

愛が近くに来ている 羽根の音たてて
桃色や 金色を 絡め合わせ

闇を切り裂き 飛び込め 幾千光年
オレたちは 全力で 追跡する
弾を込めろ!
川を渡れ!
優しくあれ!

愛が近くに来ている 美しい旗が
生命の 誕生を 人々に伝えてる 今

闇を切り裂き 近づけ 神々の声が
オレたちの 幸せを 予感してる

愛が近くに来ている 頭上の城には
喜びの 歌声が 溢れている
弾を込めろ!
愛に生きろ!
幕を上げろ!

THE ALFEE 或いはノイシュバンシュタイン城の伝言 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -