SUPER BEAVER 赤を塗って

発売日:2016年6月1日
歌手:SUPER BEAVER
作詞:柳沢亮太
作曲:柳沢亮太

泣きたい時にいつだって 夕暮れ時だとは限らない
大体いつも一人だけ 浮いているような気がする
ガラスの靴も履けなければ 悲劇のヒロインにもなりきれず
村人A か Bあたり か弱いセリフなんてない

チヤホヤされたいわけではない
ただ一人だけでいい
大切にされているという 実感が欲しいの

寂しいなんて 言わないから 二人でいるときは 私だけを見て
追いかけないし 待ってるから 別れ際にせめて キスくらいはして
会いたいなんて 言えないから こっちが消えてしまおうと思うけど
「会いたい」なんて気まぐれで 村人A は また期待しちゃう
ため息を一つ つきながら 口許 赤を塗って

幸せじゃないけど 不幸でもない
実は今に浸っている
本当のところ 主人公と思っちゃってるの

寂しいなんて 言わないから 二人でいるときは 私だけを見て
追いかけないし 待ってるから 別れ際にせめて キスくらいはして
会いたいなんて 言えないから こっちが消えてしまおうと思うけど
「会いたい」なんて気まぐれで 村人A は 主人公になる
ため息を一つ つきながら 指先使って たまには気のない
フリとかしちゃって

夕暮れ時なら 涙を浮かべて
もう少し このままでいいかと 笑う
笑えてるうちは まだこっちのもんだ
強気に 赤を塗って

SUPER BEAVER 赤を塗って 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -