ミスチル 蘇生 歌詞 PV

ミスチル 蘇生

ミスチル 蘇生

ミスチル 蘇生

歌手:Mr.Children
作詞:KAZUTOSHI SAKURAI
作曲:KAZUTOSHI SAKURAI
歌詞:
二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた

光ってて大きくて
透けてる三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある

カーテンが風を受け
大きくたなびいている
そこに見え隠れしている
テレビに目をやる

アジアの極東で
僕がかけられていた魔法は
誰かが見破ってしまった
トリックに解け出した

君は誰だ? そして僕は何処?
誰も知らない景色を探す
旅へと出ようか

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには 消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
そう思ってんだ
変えていくんだ
きっと出来るんだ

そう何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ
何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある

Mr.Childrenの楽曲「蘇生」が、花王の洗濯用洗剤「アタック」の新テレビCMに使用される。
「アタック」発売開始30周年を記念したこのCM映像には、サッカー日本代表の本田圭佑選手、タレントの渡辺直美、フレンチシェフの安發伸太郎という30歳の著名人3名が出演。汚れながらもそれぞれの分野で挑戦を続ける彼らの姿をドキュメンタリータッチで紹介する。
今回のCMソング「蘇生」は本田選手とも親交のあるMr.Childrenが2002年に発表したアルバム「IT’S A WONDERFUL WORLD」の収録曲で、タイトル通り「生まれ変わる」「挑戦」というメッセージを伝えていることから採用された。CMの放送開始は明日2月2日。特設サイトではCM映像やディレクターズカットバージョンの限定映像が公開されている。

ミスチル 蘇生
ツイッターのコメント
Alexandros]の川上洋平さんがドライブで必ずかける音楽でMr.Childrenの「蘇生」をあげてたのをふと思い出したや。トンネルを抜けた瞬間にサビのど頭が来るように調整してるとか何とか(笑)「蘇生」の美しいメロディと歌詞で眼に映る世界が変わるあの瞬間は堪らないね。

「蘇生」がアタックのCMソングに決定ですって。最早Mr.Childrenではなく「蘇生」の大ファンである僕としては朝から歓喜しております。公開されたCMを見たけれど嬉しくなっちゃうなぁ。“そう何度でも 何度でも 僕は生まれ変わって行ける〜”。

ミスチルの「蘇生」がCMソング嬉しい♡ 『叶いもしない夢をみるのはもう やめにする事にしたんだから 今度はこのさえない現実を 夢みたいに塗り替えればいいさ そう思ってんだ 変えて行くんだ きっとできるんだ』 の「夢は叶う」じゃなくて変えていいって歌詞がすごく好きだった!

蘇生大好き…(;ω;) でもなーんどでもーなーんどでもーぼくはうまーれかわってゆくー そしてーいつかきみとみたゆめのつづきをー 確かに洗濯ぽいww Mr.Children「蘇生」が本田圭佑ら出演「アタック」CMソングに

渡辺直美さんが出演しているCMの曲ってミスチルの「蘇生」だ! 初めて買ったミスチルのアルバムに入ってた曲だからよく覚えてる。何度も何度も聞いた思い出の曲。あれから15年も経つんだなあ。「ファスナー」という曲もすごく印象に残ってる。

ミスチルは昔から好きだけど大学一年の時に付き合ってた先輩がミスチル大好きすぎた。カラオケ行った時「これはるきちちゃんのために歌うね」って「つよがり」って曲を送られたな。あとアラームの曲もミスチルの「蘇生」だったな。そんな思い出の一曲です。どうぞお聞きください。

ミスチルが「虹の彼方へ」「星になれたら」「蘇生」などで いつか消えてしまうものの隠喩として 歌詞に「虹」を挿入してきた曲をずっと聴いてきたので 新曲「ヒカリノアトリエ」の最後の一節は、非常に感慨深かった。 そして、くるみはズルイ。

ミスチル 蘇生

ミスチル 蘇生


Mr.Children
ミスターチルドレン
1989年に結成されたロックバンド。メンバーは桜井和寿(Vo, G)、田原健一(G)、中川敬輔(B)、鈴木英哉(Dr)の4人。1992年5月にミニアルバム「Everything」でメジャーデビューを果たし、徐々に人気を高めていく。1993年11月発売の4thシングル「CROSS ROAD」がドラマ主題歌に起用されバンドにとって初のミリオンヒットとなる。その後も「innocent world」「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「終わりなき旅」といったシングルや、「Atomic Heart」「深海」「BOLERO」「IT’S A WONDERFUL WORLD」「HOME」などといったアルバムがミリオンセールスを記録。メジャーデビュー15周年を迎えた2007年は、精力的なライブツアーを展開し話題を集めた。2012年11月には通算17枚目のオリジナルアルバム「[(an imitation) blood orange]」をリリース。およそ2年ぶりに発表された「足音 ~Be Strong」はフジテレビ開局55周年記念プロジェクトドラマ「信長協奏曲」の主題歌となった。2015年6月、ニューアルバム「REFLECTION」をリリース。本作は全23曲のハイレゾ音源とMP3をUSBに収録した「REFLECTION {Naked}」、23曲を14曲に凝縮したCDアルバム「REFLECTION {Drip}」の2種類が用意される。

==

- スポンサーリンク -