シド white TREE

JP歌詞 「white TREE」

「white TREE」シド Youtube MV 動画視聴音源
発売日:2014年12月10日
歌手:シド
作詞:マオ
作曲:御恵明希
歌詞:
駅へ急ぐ足を 少しでも止めようと
かじかむ声 響いてる 誰かが歌う クリスマスソング

あんなに素直に 伝えることできたら
今とは違う形 待ってたかも知れない

明日のどこを探しても ダメなんだ
君じゃなくていい 理由 見当たらない

粉雪が舞う夜 何もかもを 全部
真っ白に 真っ白に 染めてくれたらいいな
願いは空しく 色濃く 続くだろう
それでも 僕らは 足あと残すために 歩いた

そんな日々の中で 見つけた 白い嘘
見落とすほど 小さく 見慣れるほど 近くで

離れてく気持ち 気づいてたんだ ずっと
僕じゃなくていい 答えを聞かせて

街角にあふれた 恋人たちみたいに
温かく 温かく 寄り添えたらいいな
降り積もる頃に 二人 きしむ音が
確かに 聞こえた 戻れないとわかって 歩いた

君が欲しがった プレゼント抱え 向かおう
あの広場まで 続く イルミネーションが 綺麗
最後の夜にしよう

「サヨナラ」をあげる

粉雪が舞う夜 何もかもを 全部
真っ白に 真っ白に 染めてくれたらいいな
願いは空しく 色濃く 続くだろう
それから 僕らは 足あと隠すように 歩いた

「white TREE」
シドと東京・東京ジョイポリスのコラボレーションイベント「SID『White tree』×JOYPOLIS」が、11月27日~12月25日に行われる。
「SID White tree Digital STAGE」イメージ
この企画は、12月10日にリリースされるシドのニューシングル「White tree」の発売を記念して実施されるクリスマスイベント。ジョイポリス館内ではプロジェクションマッピングや撮り下ろしの映像とともに「White tree」「V.I.P」の2曲を楽しめる「SID White tree Digital STAGE」の上映、「White tree」のイメージ画とメンバー写真のパネル展の展開、コラボメニュー「ホワイトツリー」「『White tree』フロート」やオリジナルパスケース付きチケットの販売などが行われ、さまざまな形でシドの魅力を楽しめる。

マオコメント
今回、僕たちシドはバンドとして初のクリスマス・ソングを作りました。その曲とJOYPOLISさんとのコラボレーションでクリスマスを彩れるような、訪れた人の素敵な思い出になるような企画に出来ればと思っています。
ここでしか見られないスペシャル映像やイベントなど、シドからのクリスマスプレゼントが盛り沢山!
みなさん是非遊びに来てくださいね!

シド
マオ(Vo)、明希(B)、Shinji(G)、ゆうや(Dr)からなる4人組ロックバンド。2003年に結成され、翌年1stアルバム「憐哀 -レンアイ-」をリリース。2005年には初の全国ツアーを開催し、全公演ともソールドアウトの快挙を成し遂げる。2006年には初の日本武道館ワンマンライブを敢行。2008年にリリースした4thアルバム「センチメンタルマキアート」はオリコンウィークリーチャート8位を記録した。同年10月、シングル「モノクロのキス」でメジャーデビュー。2009年7月にはメジャー1stアルバム「hikari」をリリースした。その後も精力的なリリースとライブ活動を繰り広げ、2010年7月にはさいたまスーパーアリーナ、12月には東京ドームでのライブを行う。結成10周年を迎える2013年は、初のベストアルバム「SID 10th Anniversary BEST」のリリースをはじめ、アニバーサリーライブなどさまざまな企画を展開した。

シド white TREE 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -