葛葉紘汰(佐野岳) Rise Up Your Flag

-V0DgE8BjcUo-

JP歌詞 「Rise Up Your Flag」

仮面ライダー鎧武「Rise Up Your Flag」Youtube MV 動画視聴曲
発売日:2014年9月24日
歌手:葛葉紘汰(佐野岳)
作詞:藤林聖子
作曲:tatsuo
歌詞:
Ey Ey Oh!(Rise Up Your Flag)×3
Rise Up Your Flag
「真実」その味は苦くて
なかなか 喉を通らない
それでも 飲み込んでみせるさ
まだ道半ば
同じ轍 また踏まないために
あの日より 強くなるしかない
火の粉を 振り払い近づいてく…核心
諦めはしない 足掻いてみせる
この世界 ルール ぶち壊すまで
出陣 勝ち鬨上げ
もう迷うことなかれ
新たな力が俺のこと
試そうとしていたって
高く 旗を掲げ
大きな声叫べ
ネクストレベルにたどり着く
未知の強さ この手に
Ey Ey Oh!(Rise Up Your Flag)×3
Rise Up Your Flag
敵わない 相手の価値観に
巻かれて 傷つき続ける
無言の フォロワーになるとか
きっと出来ない
吹き荒ぶ 風がうるさいなら
始まりの場所へ止めにいく
行きたい明日を選べる希望 守るさ
理不尽な犠牲 当たりまえだと
頷いていたら 昨日と同じ
出陣 勝ち鬨上げ
当然 退路は断って
新たな道が開ければ
恐れは微塵もない
大きく旗を振って
ノイズを振り払え
今ある常識ぶっ潰して
世界を変えてみせる
Ey Ey Oh!(Rise Up Your Flag)×3
Rise Up Your Flag
出陣 勝ち鬨上げ
もう迷うことなかれ
新たな力が俺のこと
試そうとしていたって
高く旗を掲げ
大きな声叫べ
ネクストレベルにたどり着く
未知の強さ この手に
Ey Ey Oh!(Rise Up Your Flag)×3
Rise Up Your Flag

仮面ライダー鎧武 :
『仮面ライダー鎧武』(かめんライダーガイム、欧文表記:KAMEN RIDER GAIM)は、2013年10月6日からテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 – 8:30(JST)に放映中の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。
キャッチコピーは「ライダー戦国時代」[1]。
概要
平成仮面ライダーシリーズ第15作。シリーズで初めての戦国武将を全体のモチーフとし、フルーツの意匠を持つ鎧・武器を装備して戦う設定となっている[2]。なお放送開始が10月になるのは『仮面ライダーBLACK RX』以来25年ぶりとなる。本作はストリートファイト色が強く個々のライダーが個人の私欲ではなく争奪する一団体の代表としてバトルするという形をとっている。
企画の経緯
制作発表の時点で鎧武、バロン、龍玄、斬月、グリドンの5人の仮面ライダーが公開され、『仮面ライダー龍騎』や『仮面ライダーカブト』のような多人数ライダーの作品であることが明らかにされた。武部直美プロデューサーによれば、『仮面ライダーW』以降2人ライダーが続いていたことに疑問を持ったことと、AKB48のようなグループアイドルやスポーツの団体戦が人気であることから、多人数が登場する作品にしたという。当初は全員が戦国武将ライダーという構想だったが、キャラクターの差別化が難しかったため、バンダイ提案によるフルーツの要素を取り入れた[3]。
フルーツ案は仮面ライダーシリーズの歴史上まだ使用していないモチーフであるために採用された。主役ライダーの鎧武のモチーフがオレンジなのは、蜜柑が子供の好きな食べ物のランキングで上位に位置するからである。その他のフルーツも人気と知名度の高いものが選ばれているが区別が付け易いようにドングリなどの木の実も取り入れている[3]。
脚本上は『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダー555』にかけての平成仮面ライダーの初期に立ち戻ること、今まで続いてきた2話完結前後編構成のスタイルを崩すことを志向している[4]。
あらすじ
西暦2013年。巨大企業・ユグドラシルコーポレーションによって支配された新興都市・沢芽市。閉塞感に包まれたこの町で、若者たちはストリートダンスに夢中となり、競い合っていた。
葛葉紘汰もかつてはダンスチーム・チーム鎧武の一員だったが、姉のために引退してアルバイトしながら生活していた。ある日、紘汰と幼馴染の高司舞は沢芽市に突然現れた謎の森へ迷い込み、紘汰はそこでベルトと錠前を手に入れる。その頃、町中では怪物が暴れ始めていた。

葛葉紘汰(佐野岳) Rise Up Your Flag 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -