リライト(2016ver.) ASIAN KUNG-FU GENERATION

リライト2016ver

リライト2016ver

リライト(2016ver.) ASIAN KUNG-FU GENERATION

発売日:2016年11月30日

リライト(2016ver.)

のツイッターの反応
ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト(2016ver.)』を聴いたのだ。 ゴッチの声に艶と伸びがあり肩の力がほどよく抜けた感じ、健ちゃんギターの歪みが大変心地よい。全体の変化を例えるなら、前がディーゼルの四駆で現在はハイブリッドカーかな。

中学生当時、馬鹿の一つ覚えみたく毎日繰り返し聴いてたアジカンのソルファ。なんだか気恥ずかしくっていつの間にか手に取ることはなくなってたんだけど、聴けば今でも一瞬であの頃に戻れるな。だから音楽って好き。 リライト(2016ver.)

後ろの人達の盛り上がり方が、なんか不自然な感じがする。 アジカンのライブで盛り上がってる人達、じゃなくて単に盛り上がってる人達、という画なのかな? ♪ASIAN KUNG-FU GENERATION – リライト(2016ver.)

カッコいい。前のが良いという方が多数ですが、リライトは2004年の楽曲ですよ?そりゃ12年経てば落ち着きもするでしょう。ゴッチももうすぐ40だし。まだがなってるほうがどうかと思うけど。後ろの観客?は微妙なのでMVとしては2004年版のほうがいいですけど。

これ凄くいいけど最初に聞いたリライトが何年も心に君臨してたから悪い意味ではない違和感を感じる。お洒落だし凄くいいよ。新しくて。ただあのリライトが完成されたままみんなの心に在り続けてるだけ。凄いことだな。あとやはり初代リライトの方が鋼錬感が凄い。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
アジアンカンフージェネレーション
1996年に同じ大学に在籍していた後藤正文(Vo, G)、喜多建介(G, Vo)、山田貴洋(B, Vo)、伊地知潔(Dr)の4人で結成。渋谷、下北沢を中心にライブ活動を行い、エモーショナルでポップな旋律と重厚なギターサウンドで知名度を獲得する。2003年にはインディーズで発表したミニアルバム「崩壊アンプリファー」をKi/oon Musicから再リリースし、メジャーデビューを果たす。2004年には2ndアルバム「ソルファ」でオリコン週間ランキング初登場1位を獲得し、初の東京・日本武道館ワンマンライブを行った。2010年には映画「ソラニン」の主題歌として書き下ろし曲「ソラニン」を提供し、大きな話題を呼んだ。2003年から自主企画によるイベント「NANO-MUGEN FES.」を開催。海外アーティストや若手の注目アーティストを招いたり、コンピレーションアルバムを企画したりと、幅広いジャンルの音楽をファンに紹介する試みも積極的に行っている。2012年1月には初のベストアルバム「BEST HIT AKG」をリリースし、2013年9月にはメジャーデビュー10周年を記念して、神奈川・横浜スタジアムで2DAYSライブを開催。2015年5月にロサンゼルスでレコーディングしたニューアルバム「Wonder Future」を発表した。2016年1月に映画「ピンクとグレー」主題歌「Right Now」を収めたシングル、ミュージックビデオを集めたBlu-ray / DVD「映像作品集11巻」を同時リリースする。

リライト(2016ver.) ASIAN KUNG-FU GENERATION 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -