モーニング娘。’15 イマココカラ 歌詞

JP歌詞 「イマココカラ」

映画『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』主題歌
発売日:2015年3月4日
歌手:モーニング娘。’15
作詞:青木久美子
作曲:高取ヒデアキ
歌詞:
わたしたちは 普通の女の子
だけど何か出来ることあると思う

心にはヒミツのドアがある
開くなら 今こそ その時!

嵐が吹き荒れても
風向きを変える
勇気のチカラ 信じている

イマココカラ始まる
ココロのミラクル
運命も未来も 切り開く!

辛い時にグッと頑張るのは
いつもあきらめない 背中見てたから

花のように笑うみんなのため
駈けつけて 寄り添い 支えたい

それぞれはつぼみでも
夢の種抱いて
花を咲かせる いのちなの

イマココカラ始まる
イノリはパワフル
涙さえ星になる きらきらり!

Believeココカラ始まる
ココロのミラクル
運命も未来も 切り開く
あなたもわたしも 未来へつながる 願いなの

モーニング娘。’15「イマココカラ」の感想:
お目目パッチリの「プリキュア顔」である小田ちゃんがセンターなのは良い。
 しかし、しじみ目で地味顔の、りほりほをセンターにしたのは大きな間違い。
 これはプリキュアとそのファンを第一にした曲なのだから、モーニング娘。内部の序列ではなく、プリキュアらしさの序列を優先させるべき
 つまり、もう一人のセンターは「プリキュア体型」の持ち主である真莉愛ちゃんが相応しい。
 こんな風にモーニング娘。内部の序列を押し通していたら、次のプリキュアの仕事は他所に取られてしまうことにもなりかねない。スタッフは猛省せよ。

あなた一年も経たないうちに随分と人が変わった様ですね
二重人格?と思ったけど、真莉愛ちゃんにゾッコン過ぎて我を見失った感じかな?

でも自分の思い通りにならないからって鞘師を邪魔者扱いしてスタッフにダメ出しって
まるで「真莉愛ちゃんセンターじゃなきゃヤダヤダ絶対ヤダー!」(((o(><;)(;><)o))) って駄々こねてる子供みたいですよ 確かにセンターは目立つしグループの顔と言えるかも知れないけど、全ての人がずっとセンターだけ見てる訳じゃないですからね お客さんもそれぞれお気に入りの子見つけるだろうし、真莉愛ちゃんならドコに居ても目立つから心配しなくても大丈夫(^-^)o 最後にひとつ 冷静になれば分かると思うけど、他メンに対する攻撃はあなたが推しているメンバーにとってプラスになる事なんて皆無です むしろ無駄に敵を作ってしまい、つまらぬ事で叩かれる要因にもなりかねません コメントを読む人も不快になるし、誰も得しません あなたの自己満だけ?(メンバー批判して満足する人の気持ちは想像付かないけど) - 2コーラス目の頭から期ごとのパートになってるんですね。 11・12期のフレッシュ感、10期の可愛らしさ、9期の厚みのある歌声。 それぞれ色があって素晴らしいと思います。 - 本来ならあくまで企画物なんだから、声優(ガヤだけど)でもキャラクターデザインでも参加してる小田石田飯窪をトリプルフィーチャーしても全くおかしくないし、わかりやすい。 だがそうしないのはこれがアニメ映画の曲であると同時にモーニングの曲でもあるから。 だから三人のうち、一番年齢が若い小田をフィーチャーし、2コーラス目と大サビは現モーニングのエースである鞘師をフィーチャー、間に売り出したい12期を散りばめる。 折衷案としてはこれしかないし、そこでも鞘師は守られてるんだから鞘師ヲタがなんで発狂してるんだかさっぱりわからないんだが。 - 待望の小田さくらちゃんセンター。 唄い舞う姿・醸し出す雰囲気すべてに華があり惹き付けられます。 グループ全体が引き締まり、なんともバランスがよい。 実力で掴み取った立ち位置は歌詞に通じるものがあり、 2年間応援してきてよかったと思わせてくれます。 心から唄と踊りを愛していると全身で表現するその姿に勇気と笑顔をもらいました。 同じように共感される方、多いのではないかと存じます。 - 前半にさくらちゃんを持ってきた歌割りとセンターポジションを評価したいですね。 曲調やイメージに合わせて適任者を前面に出すのは当然の事です。 この曲の場合、真面目に考えたら出だしがさくらちゃんになるのは自然な発想と思います。 もし重低音な力強い曲なら香音ちゃん、ユニークな曲ならまーちゃんとか好演できる人材は揃ってるんですから、娘。には音楽性無視のアイドルには堕ちて欲しくないですね。 - いつも思うことは、ここにコメントする人たちが心の狭い人が多いということです。私はなんといっても実社会は世知辛いから、せめてハロプロで可愛いもの美しいものを見たいと思いここにくるのです。ところがその美しいもの可愛いものを理解し愛でているはずの人の中に憎悪や復讐心をむき出しにする人が必ずいて、いつも残念に思っているのです。ハロプロで憎悪と復讐心をむき出しにする必要があるのでしょうか?もしハロプロで憎悪と復讐心をむき出しにする必要はある、そうしなければ自分は生きていけないんだ、というのであれば私はもう何も言う事はありません。ハロプロは可愛く美しい、しかしハロプロを見る人間の中には愚かな人が少なからずいてハロプロの純粋を傷つけ汚して喜んでいる 。口で言ってもけして分からない手の付けられない人がいる。それは分かっていましたがハロプロでも念を押されるとは思いませんでした。 -

モーニング娘。’15 イマココカラ 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -