Nothing’s Carved In Stone 雪渓にて

作詞:Nothing’s Carved In Stone
作曲:Nothing’s Carved In Stone

寂しそうなウサギ 毛皮を脱いで
雪の沢 泳いで 思い出してる
「still remember」

今ではつたなくて使わなくなった あのフレーズ
色褪せないなんて浸るな my boy oh…
負けられないんだお前になんて
憧れた 理想どおりの自分に
躓くなんて馬鹿だぜ hey

明日に何を放って
抑えきれない衝動の彼方へ
絡まっていく僕らは
弱音じゃなくて I understand it
夢のしじまで踊ってるなら
Hurry up 今歌って躊躇わない

昨日までの思いを引きずればまだ不安定
飽きっぽいウサギの皮を脱いで怖くなる
弄りあって探りあって期待ハズレかい
しまい込んだ思いを汚すなよ baby
信じてるぜ

冷めた日に何を持って
堪えきれない喪失を越えていこうか
すでに時代の上
怖くはないさ and understand it
夢の谷間に降りつもる
雪渓で今を歌う ゆえに強く

飽きもせず歌いたくて
抑えきれない叫び
それだけじゃ 届かないかな

そうさ明日に何を放って
抑えきれない衝動の彼方へと
風は向かっている
孤独じゃないぜ 絡まっていこうぜ
愛を探す叫びで脱ぎすてていこう
遠くまで

Nothing’s Carved In Stone 雪渓にて 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -