何者 NANIMONO(feat.米津玄師) 中田ヤスタカ

NANIMONO

JP歌詞

中田ヤスタカX米津玄師 新曲「何者 NANIMONO」
佐藤健、有村架純ら出演映画「何者」主題歌
歌手:中田ヤスタカ
作詞:Kenshi Yonezu
作曲:Yasutaka Nakata
歌詞:
踊り場の窓から 人並みを眺めていた
僕らはどこへ行こうか 階段の途中で

不確かな言葉を携えて 呼吸を揃えて初めまして
そんで愛されたのなら大歓迎 繰り返し向かえ遠く向こうへ

結局僕らはさ 何者になるのかな
迷い犬みたいでいた 階段の途中で

大胆不敵に笑ったって 心臓はまだ震えていて
それでもまたあなたに会いたくて 下手くそでも向かえ遠く向こうへ

大根役者でいいとして 台本通り踊れなくて
ただまっすぐ段を登っていけ わかっちゃいたって待ちぼうけ
みっともないと笑ってくれ 僕に名前をつけてくれ
踊り場の窓に背をむけて 前を見て向かえ遠く向こうへ

中田ヤスタカ 新曲 何者

中田ヤスタカ 新曲 何者


中田ヤスタカ 新曲「NANIMONO(feat.米津玄師)」の情報/コメント/感想
10月15日より全国公開される映画「何者」の主題歌が、中田ヤスタカの書き下ろし曲「NANIMONO (feat. 米津玄師)」に決定。あわせて中田が劇中音楽を担当することも発表された。
「何者」は朝井リョウのベストセラー小説を原作に、就職活動を通じて自分自身について模索する5人の大学生を描いた作品。佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生が5人の学生を演じるほか、彼らの先輩役として山田孝之が出演する。監督および脚本は劇団・ポツドールの主宰で「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」などを手がけた三浦大輔が務める。
主題歌「NANIMONO (feat. 米津玄師)」はタイトル通り米津玄師をゲストボーカルに迎えた楽曲で、米津はこの曲で作詞も担当した。中田によるダンストラックと米津が手がけた等身大の歌詞が、映画に登場する若者たちの思いを表現する。

主演、佐藤健、その他出演者に、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之と、世代を代表する若手実力派俳優陣が集結し話題となっている映画『何者』。その主題歌で、中田ヤスタカと米津玄師の超豪華コラボが実現!
<ストーリー>
就活の情報交換のため一つの部屋に集まった、5人の22歳。かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍、意識高い系でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか――。そんな疑問を抱えて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。そして拓人はサークルOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。果たして自分は「何者」なのか。

中田ヤスタカ コメント
映画「何者」の持つ独特な世界観の創造に携われたことをとても嬉しく思っています。新しく何かに挑む人々の背中を押してくれるような作品ですが、今回僕も音楽家としてこれまで世には発表してこなかった部分の表現も含んだものになっていますので、サウンドトラック、そして主題歌共に劇場にて楽しんでもらえたら幸いです。

米津玄師 コメント
製作途中の映像を見せてもらい、登場人物の中で圧倒的に共感したのが拓人でした。他の人が作った曲に言葉を乗せるのは初めての経験だったので不安もありましたが、映画を見終わったとき、彼の心情ならきっと歌詞にできるだろうと安心したのを憶えています。就活の経験がなくとも多くの人に共感される映画だと思います。

佐藤健 コメント
昔から中田さんの音楽のファンなのですが、「何者の劇伴は中田ヤスタカでいこうと思う」と初めて聞いたときは正直、あのサウンドがこのかなりの演劇的な世界観の中で流れている想像ができませんでした。しかし先日初号を観た一応主演として芝居をさせてもらったぼくの感想は、「音楽に助けてもらったなあ、、、」でした。今までの日本映画とはまた違ったカタチで、映画というものと中田さんの音楽がマッチしていました。本編の延長上で流れる主題歌を「何者」キャストと同世代の米津さんに歌っていただけたのも嬉しかったです。みなさんのおかげで、どうやら「何者」良い映画に仕上がったようです。本当に感謝です。もしよろしければひとまず90秒の予告を観てみてください。主題歌が素晴らしいことは一撃でわかっていただけるのでは。

朝井リョウ コメント
普段慣れ親しんでいる「中田ヤスタカサウンド」とは全く違う音楽が、物語に潜む感情をぐっと膨らませたり、登場人物たちの言葉の意味をより匂い立たせたり……音楽を担当してくださると知ったときから本当に楽しみにしていましたが、想像以上の素晴らしさで感激しました。主題歌を担当してくださった米津玄師さんの詞は、映画館を出ていく私たちの背中を押してくれる掌のように力強く、この映画だけでなく様々な人のテーマソングになりうるのではと思います。

Twitter コメント
米津玄師氏の声がめちゃんこサウンドにあってって、これまでの中田ヤスタカ氏のサウンド+男性ボーカルでは一番好きかもしれない>>>佐藤健、有村架純ら出演映画「何者」主題歌は中田ヤスタカ×米津玄師

ディストラクション・ベイビーズ 私達「米津玄師主題歌!?!」「なんか歌うの!?」「エンディング!!?!!」 何者 中田ヤスタカ氏「主題歌米津玄師に歌ってもらうやで(唐突)」 私達「思考が追いつかない」

映画「何者」の主題歌を、中田ヤスタカさんがプロデュースして、それを米津玄師さんが歌うって事か!!共同制作なのね! それさ、本当に見に行くしかないよね米津玄師さんが主題歌とかもう夢としか思えない幸せ今年はいっぱい死ねます。

やばい!!!!!やばい!!! 朝井リョウ様の何者の主題歌、中田ヤスタカ様プロデュースで歌うのが米津玄師様…!やばい!!!ふみちゃんは出るし!もう!わたしの頭の中祭りが始まったわ!やばい!!部屋を走り回った今 わけわかんない!!良い!

「何者」って山田孝之出るんだよ…あと有村架純ちゃんに菅田将暉に岡田将生に佐藤健に二階堂ふみちゃん…無理…これに主題歌が中田ヤスタカさんと米津さんのコラボ…映画絶対見に行くしDVD買います…むしろ見させてください…

まず、朝井リョウ原作の何者が映画になるということで歓喜して、さらにその主題歌を米津玄師が歌うってことで発狂し、その曲がperfumeで有名の中田ヤスタカとのコラボ曲ってことでん?よくわかんねえ。え?

今年 “ルーブル美術館特別展 ルーヴルNo.9~マンガ、9番目の芸術~”書き下ろしテーマソング:ナンバーナイン 昨日 米津玄師ワンマンツアー”はうる”決定 今朝 映画「何者」中田ヤスタカプロデュース主題歌:NANIMONOfeat.米津玄師 こんなにも大躍進、嬉しいっすね…

「何者」も佐藤健も中田ヤスタカも米津玄師も出るってどういうこと、いや表現おかしいな、米津さんが出るわけじゃないけど映画館で声聞けるのマジで、ちょっと、行くしかない

は?マジで何者の主題歌中田ヤスタカと米津玄師?? 原作朝井リョウで監督三浦大輔、キャストもピッタリで主題歌これとなるとちょっと本当に今年一番の映画になるかもしれん

Perfumeとかきゃりちゃんだいすきやから中田ヤスタカさんがつくる歌ほんますきでしかも米津玄師と何者の主題歌でコラボするなんてアイムベリーハッピー

米津玄師
ヨネヅケンシ
男性シンガーソングライター。2009年より「ハチ」という名義でニコニコ動画にボーカロイド楽曲を投稿し、代表曲「マトリョシカ」の再生回数は800万回を、「パンダヒーロー」の再生回数は400万回を超える人気楽曲となる。2012年5月に本名の米津玄師として初のアルバム「diorama」を発表。全楽曲の作詞、作曲、編曲、ミックスを1人で手がけているほか、アルバムジャケットやブックレット掲載のイラスト、アニメーションでできたビデオクリップも自身の手によるもの。マルチな才能を有するクリエイターとして注目を集めている。2013年5月、シングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。同年10月にメジャー2ndシングル「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」、ハチ時代のアルバム「花束と水葬」「OFFICIAL ORANGE」の再発盤をリリースした。2014年4月、米津玄師名義としては2枚目のアルバム「YANKEE」を発表。同年6月には初ライブとなるワンマン公演を東京・UNITで開催した。2015年1月にシングル「Flowerwall」をリリース。4月には全国ツアー「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」を開催し、10公演を行った。同年8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」で野外フェス初出演を果たす。9月にシングル「アンビリーバーズ」を発表。10月にはアルバム「Bremen」をリリースし、2016年1月からワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」を実施する。

CAPSULE
カプセル
Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の挿入楽曲、映画「アップルシード アルファ」の日本版メインテーマほか国内外の数々の音楽制作を手がける中田ヤスタカのメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしことともに結成。2001年にシングル「さくら」でCDデビューした。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される楽曲群は、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。2015年2月には通算15枚目のオリジナルアルバム「WAVE RUNNER」をリリースした。

何者 NANIMONO(feat.米津玄師) 中田ヤスタカ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -