Mr.Children FIGHT CLUB

「FIGHT CLUB」 JP歌詞

ミスチル 新曲「FIGHT CLUB」歌詞
発売日:2015年06月04日
歌手:Mr.Children
作詞:KAZUTOSHI SAKURAI
作曲:KAZUTOSHI SAKURAI
歌詞:
99年 ミレニアムを間近にしてナチュラルハイ
世界中が浮足立ってた
そしてお前は ファイトクラブでブラピが熱演してた
イカれた野郎に憧れてた

皮肉で染まった色眼鏡かけて
そこからすべてのものを見下し

仮想敵見つけ
そいつと戦ってた
誰も相手になんかしてないのに
例え敵でも 嫌いな奴でも
ひとりより まだマシだった
孤独がいちばんの敵だった

戻らないぜ 帰れないぜ あのバカらしい日々に
後ろ髪を引かれてみても

「わかってない奴らばっか」と 嘆いては
自分は特別だって言い聞かせた

駐車違反のジャガーのボンネットにジャンプして踊ってた
荒っぽいステップで
まるで路地裏のヒーローを気取って
惨めな気分を踏み潰してた

サイレンの音…
走って逃げた夜

やがて酔いが回り
口にしたすべてを吐き散らかし高笑い
「若かった」で片付けたくないくらい
この胸の中でキラキラ
輝いてる大事な宝物

真の敵見つけ
そいつと戦わなくちゃ
少しずつ怖いもんは増えるけど
死を覚悟するほど まして殺されるほど
俺達はもう特別じゃない

共に今を生き抜こうか my friend

ミスチル 新曲「FIGHT CLUB」の感想/コメント:
ミスチルの瑞々しいアルバム聴きながらお風呂掃除。FIGHT CLUB、忘れ得ぬ人、スタおば、街の風景、運命、WALTZあたりが好きです。自分なりのDripを作ればいいんですね。

僕ね、お風呂で音楽を流しながら一人で熱唱することが多いのよ。 おかげでfantasy、FIGHT CLUB、幻聴、進化論あたりは多分DAMで90点出せるくらいにはなってきてる気がする!(Mr.childrenは90前後が限界やけどw)

乃木坂の握手会から出てきたけど、ミスチルのFIGHT CLUB聴いてるよ(笑)サビの孤独が敵だったってとこで握りこぶし作りながらね

ここ数年間、Mr.Childrenをあまり聴かなくなった。 かつてはアルバムのほとんどの曲を歌詞を見ないで歌えるレベルで聞き込んでいたというのに、自分でも信じられないくらいだ。 ここ数年、出す曲出す曲の大部分が「またこの手のアレンジか」というマンネリ化もあっての事ではあった…

進化論とfantasyは震えるし、足音は希望見えるし、I Can Make Itとロリロリは昔思い出すし、蜘蛛の糸とかミスチルのバラードセンス炸裂やし、街の風景さは円熟度感じるし、斜陽とかFIGHT CLUBとか未完は今までにない新鮮さやし、運命とかメロがウキウキやし

ミスチルのアルバムヘビロテして思ったけど、俺のお気にのFight Clubの歌詞を総選挙を終えたメンバー全員に送りたいんだよな。 あの曲、戦うべき相手は自分自身だという事を歌っているからね。

ミスチルの新作、“FIGHT CLUB”が断トツで好き。こういうアッパーでバンドサウンドが強くて、でもメロディはフレッシュでポップで。“旅人”とか“youthful days”とかこういう路線はドンドン聴きたいな

歌詞に出てくる映画を観てみよう企画やってみたい。血の巡りの「ラブアクチュアリー」とタガタメの「ディカプリオの出世作」とミスチル新曲の「FIGHT CLUB」。他にもまだまだありそう。

ミスチルのアルバムでは23曲中6曲コバタケプロデュース。斜陽は意外だったけど他は納得。謎なのはfantasyとFIGHT CLUB。セルフプロデュース扱いだけどコバタケが演奏参加してる。だがfantasyはライナーノーツだとコバタケと共に作ったと書いてある。

ミスチルの新曲に「Fight Club」って曲があるんですけど、これがまぁ頭から離れない。僕はこう「情熱はあるんだけどソレを何処にぶつけたらいいかわかんない」みたいな焦れったい主人公の曲が好きで、そういう孤独な承認欲求に寄り添う曲が多いから彼らは

ミスチルのアルバム聴いた! 未完、FIGHT CLUB、忘れ得ぬ人、幻聴がおっ!って思った。 面白い曲多くて好き。 しかし、個人的にQやワンダにはかなわんなぁ。。。 とにかく夏の終わりのライブが楽しみ。

午後こそ切り替えなきゃ!と思ってたら、今度は「FIGHT CLUB」と「未完」のループに突入した。ある意味切り替わったけど(笑)結局重度のミスチル病継続中(* ̄∇ ̄)ノ

Mr.Children FIGHT CLUB 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -