MICHI 春夏秋燈

歌手:MICHI
作詞:RUCCA
作曲:藤田淳平(Elements Garden)

聳(そび)える雲の城に 虚構と真理 見つめて

晴天の霹靂(へきれき) 篠突(しのつ)く雨は 止まない
命が蠢(うごめ)く森 過去 今 未来
花と恋の色 うつりにけりな
美しき故に 泡沫(うたかた)と消える ささめきこと

こころ 宿す空は 鼓動 停めず瞬(またた)く
今日と明日の その狭間
愁(うれ)いと裏腹に 黄昏(たそが)れる

春の桜流しさえ 夏の空蝉(うつせみ)も
時の柩(ひつぎ)に 攫(さら)われて
秋の穂に紛れ 雪に声殺し 啼(な)いた
誰もが 春夏秋燈
求める 夢を
四季の随(まにま)に 凍えぬように 燈(とも)したくて

遺伝子の海 名前授かりし命
産まれた由(よし)を辿る 過去 今 未来
生き写しの瞳(め)に 託されしもの
千早(ちはや)ぶる程に 空回り踊る 風車(かざぐるま)よ

時を 馳(は)せる彗星(ほし)は 然(さ)れど 蒼く 眩しく
逡巡(まよい)さえも 焦がすから
一握(いくあく)の祈りに 魅せられる

高く舞った花嵐(はなあらし) それを幕開けと
詠(うた)い伝う 遠き旋律(しらべ)
穢(けが)れぬ侭(まま)では 掴めはしなかった光

この手で 韓紅(からくれない)に
凡(すべ)てを 染めて
数多(あまた)の傷と 脈打つ命 凛と抱いて

春の桜流しさえ 夏の空蝉も
時の柩に 攫われて
秋の穂に紛れ 雪に声殺し 啼いた

誰もが 春夏秋燈
求める 夢を
四季の随に 凍えぬように 燈したくて

聳える雲の城に 生きてく真理 見つめて

MICHI 春夏秋燈 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -