嵐(二宮和也) メリークリスマス

「メリークリスマス」 JP歌詞

「メリークリスマス」嵐(二宮和也) Youtube PV MV 動画視聴音源
発売日:2014年10月22日
歌手:嵐(二宮和也)
作詞:二宮和也・小川貴史
作曲:二宮和也
歌詞:
赤、白、緑で賑やかな街の中ヘタクソな笑顔で
隣の君は 100%(ヒャクパー)の笑顔をケーキに添えてる
冬の駅前 星空の下に 並んでるサンタクロース達
寒い身体とは裏腹 このままでいたい

まだ何も僕ら知らない ありがちだけど奇跡 帰り道は同じ

初めて 今日初めて こんな素敵な 季節と知りました
もう少し あと少し この距離がどうにかならないかな
今年のお願いは それにしよう

雪がチラつく聖なる夜に頑張ってるサンタクロースが一人
内緒でこの街を出てゆくサンタクロースが一人

まだ何も始まってない バイト抜け出し サンタはサンタを追いかけた

夢中で そう夢中で あの素敵な 笑顔に会いたくて
急いで そう急いで 人混みかきわけて だって君に会いたくて
このままの僕らじゃ 終われない

「真っ白な 雪の中 なんかケーキの上の苺みたい」
そんなこと言って笑う 君にただ見とれてしまうから
呼吸を整えて 最後に一言「メリークリスマス!」

嵐「THE DIGITALIAN」
嵐の大野智くんがパーソナリティーを務めるラジオ「ARASHI DISCOVERY」(FMヨコハマ)9月26日放送回で、ニューアルバム「THE DIGITALIAN」について言及がありました。
9月24日放送回には「ジャケット撮影でトランポリンを使った」ということが明かされていましたが、この日はリスナーからの「なぜそのタイトルに決めたのか教えてください」という質問メールが読まれ、大野くんは以下のように回答しました。
「デジタリアン。これはねー、まだあんまり細かいことは言えませんけど、この案が出たのは翔くんですね。大抵ね翔くんが(考えた案が)結構アルバムのタイトルになるね。みんなも納得しちゃう、できるんだよ。5人で、『あ、もういいんじゃない?』みたいな」
これまで嵐のアルバムのタイトルでは、2007年発売の「Time」、2008年発売の「Dream “A” live」(Dreamを松本くん、A liveを櫻井くんが提案)、2011年発売の「Beautiful World」で櫻井くんの案が採用されたことが、過去のインタビューなどで明らかになっています。
また大野くんは、「追々いろんなこと話していきたいので、楽しみにしててください!」と宣言。これからもARASHI DISCOVERYでニューアルバムの裏話が色々と聞けそうです。

嵐:
1999年に結成されたジャニーズ事務所の男性アイドル。メンバーは大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤の5人。同年11月にシングル「A・RA・SHI」でメジャーデビューを果たす。以降、現在までにさまざまなヒット曲を連発。メンバーはそれぞれ、音楽活動以外にもドラマや映画、舞台、バラエティ番組などでも活躍を続けている。日本以外のアジア諸国でのライブ活動も行っているほか、2007年には初の東京ドーム公演、翌2008年には5大ドームツアーも実現。さらに同年9月にはSMAP、DREAMS COME TRUEに続いて国立競技場で単独ライブを行った。2009年末にはNHK紅白歌合戦に初出場。さらに、同年のオリコン年間チャートにおいて、シングル(「Believe / 曇りのち、快晴」)、アルバム(「All the BEST! 1999-2009」)、DVD(「5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009」)の3部門で1位を獲得する快挙を成し遂げた。

嵐(二宮和也) メリークリスマス 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -