marina 夏の空を見上げて

歌手:marina
作詞:marina
作曲:KAZUYA(universe)

覚えていますか? あの日木漏れ日の中で
初めて手を繋いだね 頬赤らめた時
たまらなく嬉しかった

帰り道で分け合ったアイス 甘すぎる缶コーヒーとか
どんな小さなことだって
ただ側にいれたらよかった

そんな風に望むことさえ 許されないのかな
そんなことないよね 自分に問いかけて
流れてく涙の理由も分からずに
いつも戸惑うばかり

夏の空 見上げた 星が降って
私たち 照らす いつも変わらず
悲しみも 痛みも 忘れさせてくれるような
二人を 見守ってくれてる ほら 綺麗だね

忘れていいよ でもたまには思い出して欲しいなんてね
君を困らせるだけだよね でも これが本当の気持ち

ここにいるよ
時々でいい 日記帳の中にいれた押し花をさ 見つけるみたいに
姿は見えないけど 触れられもしないけど 変わらないこの想い

歩き出す あなたの 後ろ姿
道はどこまでも続いてるけど
諦めない心 これからも忘れないでね
絶対なくしちゃいけないもの 大切に

例えば時間に終わりがあるとしたなら
何を願うだろう
笑いあったり 泣いたり そんなこと願うかな?
何度巡っても あなたに逢いたい あぁ

恋しくて 切ない たった一つ
奇跡が起こるなら 抱きしめて欲しい
恋してた あなたに
あまりに幼かったけど
私にとってはたったひとつの

宝物 ありがとう
またどこかで いつかきっと会える そう信じてる
夏の空 見上げて 私を思い出して欲しい
変わらず そこには数え切れない 星たちが

marina 夏の空を見上げて 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -