SEKAI NO OWARI MAGIC

「MAGIC」 JP歌詞

「MAGIC」セカオワ SEKAI NO OWARI Youtube 動画視聴曲
発売日:2014年10月15日
歌手:SEKAI NO OWARI
作詞:Fukase
作曲:HAWAIIAN6
歌詞:
僕はね、君のこと初めて見たとき
この世界に産まれてきた意味がわかったんだ
君を見るたび、胸がときめくんだ
そのたび君は僕を冷ややかな目で見るんだ
君に出会うまで、世の中に希望なんかなくて
自分に価値がないと思っていたんだ
僕は君のためならば何でも出来るのに、
何で君は一人で生きてゆけるような顔をするんだ
僕がさ、こんなに頑張って言った言葉
君は何もないようなふりをして通り過ぎてったね
僕はさ、知ってるよ、君の最悪な性格も
でもたまに悲しそうに笑うとこがたまらなく好きなんだよ
季節が巡り、4回目の冬が来て
僕はいまだ、君にまとわりついていたんだ
大きな樹のある“カフェミケランジェロ”でついに僕は言ったんだ
「僕と一緒になってくれませんか?」
「私、貴方みたいな太陽みたいにキラキラした人を見ると吐き気がするわ」
僕らの間に命が宿ったとき
君は何とも言えない顔をして笑っていたね
嬉しいのか、悲しいのか
君はこう思ってたんだろう?
「いずれは全て失うのに、どうして大切なモノが増えていくの?」
僕がさ、こんなに頑張って言った言葉
君は何にも無かったように目を閉じ星になったね
僕がさ、あの夜どんな気持ちだったか
「ありがとう」や「さよなら」を言うのがどんなに苦しかったか
僕がさ、こんなに頑張って生きてきたのに
本当に大切なモノさえ失ってしまうんだね
でも僕はさ、知ってるよ、それでも人生は素晴らしいと
生まれてきて良かったと僕は本当にそう思うんだよ

-FWo4U6UMT0w–

今回のニューシングル「Dragon Night」は、そんなセカオワの「新しい提案」が明確に「音」として提示された画期的なシングルだ。
そのキーワードはEDM。
Electronic Dance Music(=EDM)はその名の通り、打ち込み、シンセサイザー主体のダンスミュージックで、世界的に猛威をふるっている新しいジャンルだ。
音楽自体はこれまでにもあったスタイルなので特に「先鋭的」というものでもない。
だが、これほど徹底したエンタテインメント指向のダンスミュージックが台頭したのは80年代のディスコ・サウンド以来30年以上ぶりのことだ。
とにかくカラフルで、派手で、開放的で、楽しくて、ファンタジック。
ディズニーランドのように、あるいはハリウッド映画のように、あらゆる人に解放されていて、あらゆる人を楽しませる、超ポップなダンス・ミュージックなのだ。
このシングルでセカオワはそのEDMのトップ・プロデューサー/DJのニッキー・ロメロとタッグを組んで、
セカオワ独自の哲学とファンタジーをこれまで以上にカラフルに、エレクトリックに、ヴォルテージ高く描いている。
そして、この曲がライブで視覚的な演出とともに演奏されることを想像すれば、
おそらくまったく新しいセカオワ流のダンス・ミュージック空間が生まれるはずである。
いや、もうすでに富士急ハイランド?で生まれたはずだ(悔しい)。
2曲目はHAWAIIAN6のカヴァー。
HAWAIIAN6の曲をオーケストラル・アレンジにして、オリジナルのパンク・ロックとはまた違う味で、しかも歌詞をまったく変えて、せつなさを伝えてくる。
3曲目は「Love the warz」のリ・アレンジ・バージョン。
日々アップデートされていくSEKAI NO OWARIの最新の「今」のクオリティー感にフィットする、
ハイグレードなサウンドになっている。
SEKAI NO OWARIがやっていることは、
「新世代バンド」といったくくりではとらえられない。
新しい時代の新しい世代にとっての新しい音楽のあり方、音楽エンタテインメントのあり方を、
シーンに頼らず、仲間とつるまず、独自に作りあげようとしている。
その姿勢が「EDM」というキーワードとともに明確に伝わるシングルだ。

SEKAI NO OWARI :
Fukase(Vo, G)、Nakajin(Sound Produce, G)、Saori(Piano)、DJ LOVE(DJ)による4人組バンド。2007年の結成後、バンドの拠点となるライブハウス「 club EARTH」を自身の手で作り上げ、メンバー全員がそこで共同生活を営みながらライブ中心に活動を展開。2010年4月に発表した1stアルバム「EARTH」が音楽シーンから一躍注目を浴びる。2011年8月にトイズファクトリーよりシングル「INORI」でメジャーデビューを果たし、11月には初の日本武道館公演を成功に収めた。2012年7月にメジャー1stアルバム「ENTERTAINMENT」を発表。2013年には東名阪でのアリーナツアーを開催し、10月に初のセルフプロデュース野外ワンマンイベント「炎と森のカーニバル」を3DAYSにわたって実施した。2014年1月、JR東日本の冬のキャンペーン「JR SKISKI」のCMソング「スノーマジックファンタジー」をシングルリリース。同年4月、ニューシングル「炎と森のカーニバル」およびライブDVD「炎と森のカーニバル in 2013」を同時発売する。

SEKAI NO OWARI MAGIC 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -