加藤ミリヤ 新曲 幻

JP歌詞

シングル「最高なしあわせ」に収録
発売日:2016年12月7日
歌手:加藤ミリヤ
作詞:Miliyah
作曲:Miliyah
歌詞:
静寂の日々は退屈で
ぼんやりと時間が過ぎてくだけ
絶え間なく感じる胸の痛み
全部夢だったのかもしれない

乾いた風にわたしは黄昏揺れて
ひとりでも寂しくないよ
だけど胸は痛かった
煙草の煙いつも横顔見とれた
隣にはいつもわたしがいた

いつまでも秘密だった
いつも希望さがしてた
君は幻 大切にしてくれたから
愛の痛み教えてくれた

周りがうるさく騒いでも
大切にしてくれてありがとう
現実は限りある愛だった
それでもほんとうの愛だった

いい子でいたくて 自由な君に合わせて
君色に染まること 君の一部になれたみたいだった
叶わないなら こんな気持ちになるなら
あの瞬間キスして欲しくなかった

いつの日もやさしかった
いつも理想求めてた
じゃあね さよなら わたしまだ子供だったよね
愛の意味もわかってなかった

いつまでも秘密だった
いつも希望さがしてた
君は幻 大切にしてくれたから
愛の痛み教えてくれた

加藤ミリヤ「最高なしあわせ」2016.12.7 Release!!
「これは1つの“愛”の物語。」
“愛”の不思議…
それは『最高なしあわせ』を感じる時もあれば、愛する人とのかけがえのない『愛の国』を見つけその国の中で生きることもある。
悲しいことにその“愛”が『幻』になることさえあるのだ。
しかし未来の愛も、現在の愛も、過去の愛も、私たちを強くすることに変わりはない。
ミリヤが送る“愛”のメッセージソングが完成!

加藤ミリヤ
カトウミリヤ
1988年生まれ、愛知県出身のシンガーソングライター。2004年9月にシングル「Never let go / 夜空」でメジャーデビューする。その後「ECDのロンリーガール」のアンサーソングである「ディア ロンリーガール」、UA「情熱」をサンプリングした楽曲「ジョウネツ」など話題作を数多く発表。10代女性からの共感を呼ぶリアルな歌詞が魅力で、同年代女性のカリスマとして支持されている。2009年5月には同い年の清水翔太とコラボシングル「Love Forever」を発表し、人気アーティスト同士の共演は大きな話題を集めた。また同年11月には初の日本武道館ワンマンライブを開催。2011年に初のベスト盤「M BEST」でオリコン週間ランキング初登場1位を記録する。2013年10月には、ティーンの悩みに寄り添ったメッセージソング「Lonely Hearts」をリリースした

maboroshi

maboroshi

加藤ミリヤ 新曲 幻 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -