米津玄師 love 歌詞

米津玄師 love

米津玄師 新曲「love」歌詞
発売日:2016年12月10日
歌手:米津玄師
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師
歌詞:
夜明けの随に この声を
忘れないでと 海に放した
幾千もの光が 流れていく
風を受けては 果てへと向かう

どんなに遠く離れたとしても
ずっと深く傷ついたとしても
もう二度と会えないんだとしても
思い出せなくなってしまっても

繰り返し僕らは 海へ叫ぶ
暗い孤独を 歩いていく

永遠に生きれないとしても
いつかは嫌われたとしても
誰も悪くなかったとしても
痛みが消えないんだとしても

どんなに遠く離れたとしても
ずっと深く傷ついたとしても
もう二度と会えないんだとしても
思い出せなくなってしまっても

永遠に生きれないとしても
いつかは嫌われたとしても
誰も悪くなかったとしても
痛みが消えないんだとしても

米津玄師にとって初の単行本「かいじゅうずかん」の発売日が12月10日に決定した。
「かいじゅうずかん」は米津が音楽雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」にて2013年8月から2015年12月号まで連載していた「米津玄師のかいじゅうずかん」を単行本化したもの。「架空のかいじゅう」の身体的な特徴や生態などをイラストとテキストで紹介する内容となっており、書籍には連載に登場した28体に新たに米津が描き下ろした13体を加えた全41体の「架空のかいじゅう」が登場する。また「かいじゅうずかん」の世界観を音楽で表現した新曲「love」を収めたCDも付属する。

ツイッターのコメント
新曲「love」????新曲のタイトルlove??????は????はあーーーーーーーー???
米津玄師がloveとか言っちゃう???愛されたいならそう言おうぜ通り越してlove????

新曲loveだってよ また愛を唄うんかよ ちょうどそれに飢えてたとこだよ
おなかすかして待ってるよ #米津玄師さん好きと繋がりたい #米津玄師

今からMAD HEAD LOVEとloveを比較するのが楽しみで仕方ない 米津玄師の成長を見せてもらうのが生き甲斐です

米津玄師、ロッキンオンジャパンの連載「かいじゅうずかん」に新曲封入。タイトルがまさかの「love」という超シンプルかつどストレート。曲自体もストレートなラブソングだったり、ツアーでやったりするのだろうか。発売日が未だに決まってないのが気になるけど。

そういえば昨日からこのバックめっちゃ見るんだけど!!!!!!!!!!MAD HEAD LOVEじゃん!!!!米津玄師私の知らない間に新しいグッズ作ったかと思ったじゃん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!…

米津玄師の動画

米津玄師
ヨネヅケンシ
男性シンガーソングライター。2009年より「ハチ」という名義でニコニコ動画にボーカロイド楽曲を投稿し、代表曲「マトリョシカ」の再生回数は800万回を、「パンダヒーロー」の再生回数は400万回を超える人気楽曲となる。2012年5月に本名の米津玄師として初のアルバム「diorama」を発表。全楽曲の作詞、作曲、編曲、ミックスを1人で手がけているほか、アルバムジャケットやブックレット掲載のイラスト、アニメーションでできたビデオクリップも自身の手によるもの。マルチな才能を有するクリエイターとして注目を集めている。2013年5月、シングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。同年10月にメジャー2ndシングル「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」、ハチ時代のアルバム「花束と水葬」「OFFICIAL ORANGE」の再発盤をリリースした。2014年4月、米津玄師名義としては2枚目のアルバム「YANKEE」を発表。同年6月には初ライブとなるワンマン公演を東京・UNITで開催した。2015年1月にシングル「Flowerwall」をリリース。4月には全国ツアー「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」を開催し、10公演を行った。同年8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」で野外フェス初出演を果たす。9月にシングル「アンビリーバーズ」を発表。10月にはアルバム「Bremen」をリリースし、2016年1月からワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」を実施する。

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

love

love

==

- スポンサーリンク -